2005年09月30日

Hコーチレッスン:ボレー他

今日のHコーチレッスンは、いつものアップの後まずはボレー。
「グリップエンドの下に踏み込んだ足があるように。」
ボレー&ボレーの練習のときに「ラケット面にボールが当たる瞬間をしっかりと目でとらえる。それはつまり視野の中に相手が見えてる目線であることをも意味する。」
次にコーチの球出しのスピードがより速く、そしてよりアングルに飛んでくる。
このときには、「ラケットに左手を添えて踏み込み、ボールがラケットに当たるちょっと前に手を放す。体の運びでラケット面はすでにやや斜めに向いているので面にあわせてボールを当てれば難なくアングルに飛んで行く」
ほ〜(でも結構難しい)

そしてスマッシュ練習。
構えは、体は横向きで左ひじをやや前に出し、右手ひじは右肩ぐらいの高さをキープし面に左手を添えておく。打ち終わった後は、上半身が左に向くくらい肩を回す。

んなとこかな〜。
今日は人数が9人と多かったので、運動量がいつもと全然少ない(不満)。

Hコーチのレッスンは、ハードでかつおもしろく、指導もわかりやすくわたくしの超お気に入りレッスンの一つ。
そもそもわたくしはHコーチのレギュラーだった。その後仕事が忙しくなったのとやっぱり金曜日よりも土曜日のほうが行きやすいかなってことで、しばらくレギュラーからはずれた。
そしてその後復活して今に至るわけだが、以前はレギュラーの人数も少なく超!超穴場の枠だったのに〜、最近は振替の人も多くなり、混み混み状態。
一度振替でこのクラスの楽しさを知るとまた振替で来たりする(笑)。
ま、それも仕方のないことで「今日はついてないな〜」とあきらめる。
しかし、他のレギュラー陣もガンガン打ちたい人ばっかりなので今日のレッスンはちょっと不完全燃焼かもね・・・。

は〜、今日はいっぱい学習した。
ブログにも書き込んだ。
後は、実践、実践、また実践で体に覚えこます!!

よし!

寝よ〜っと。


posted by ドロシャン at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sコーチレッスン:ストローク & プログレスレッスン:バックボレー

今日は会社を休んで(もちろん有給消化)テニス(笑)。
本日の予定は、午前中Sコーチレッスン(補講)、その後プログレスレッスン、そして夜はHコーチレッスン(レギュラー)。
言われたことは忘れないうちにブログに書き込み。

Sコーチレッスンは、プログレスレッスン前の準備運動のつもりで申込。
この日は、ストロークを中心に練習。

ん〜、いろいろ言われたが、「フォアハンドストロークでボールが左左に流れがちになる。」と。
その理由は、スイングするときに左肩がラケットとボールがあたるインパクト時よりも早く開きすぎるからだと。軸をしっかりと安定させて、最後のフィニッシュで伸び上がるイメージでスイングするようにとのこと。
それと、打点の位置が、ボールひとつふたつ右斜め前方外側らしい。そのためスイングが遠回りするのでボールの後ろにラケット面がちゃんと当たっていないんだと。
バックハンドの逆クロスを打つときには、右肩と右腰側に壁があるイメージでスイングするようにと言われた。

後半のゲーム練習で、バックサイド側の後衛でストロークするとき、体の正面に来たボールに対しては回り込んでフォアの逆クロスで返すとしのぎのまたはつなぎのボールとなってミスを防げると。
ほ〜、なるほど、バック苦手のわたくしには使える手だわ(笑)。

続けて、プログレスレッスン、本日のテーマは「バックボレー」。
これを受けるために会社を休んだようなもの(笑)。
コーチはいつもの日曜日Iコーチ。
テーマがテーマだけにわたしを見るなり「来ましたか〜」って顔。
わたくしの苦手ショットは知り尽くされている(笑)。
ついでなので「バックハンドストロークもお願いします!」とリクエスト。
こんなリクエストができるのも本日のプログレスの生徒はわたくし一人だからこそ(笑)。

さて、まずは、
1)ボレー&ボレー(←このときコーチは私のフォア側にボールを集める)。
2)コーチの手出しによるバックボレー(コーチの胸の辺りに返す)
テイクバック時に左手をラケットに添えて(このとき左手のひらは上向き)左足に軽く体重をのせ、インパクト時に右足に体重をのせて前に踏み込む。ラケット面を意識してボールをコントロールする。ラケットを持つ手はがっちがちに力を入れちゃいけない。
3)コーチのラケットでの球出しでバックボレー(このとき、目標物としてポールをサービスライン、ベースラインにおいて練習)
ラケット面の向きの微調整でサービスラインとベースラインのポールを狙う。上半身の動きは、チューブをぴゅーっと引っ張るようなイメージで、背中の肩甲骨を意識するようにと。
4)サービスラインからちょい後ろの位置から上がりばなのボールをスライスでボレーする練習(←実はこのショットやりたかった、コーチに言おうと思ったけど普通のボレーもへたなのにとんでもないと言われたらやだからやめといたのに練習できてラッキー(笑))。
ボールが足元に着いたときには右足の位置は決められていて、なおかつラケットもテイクバックしていなければならない。そして2)や3)でやったコンパクトなスイングのボレーではなく、ス−−−−っと流れるような大きなスイングをすること(前に伸びていく感じ)。その後、サービスラインでスプリットステップして、バックボレー、また前につめてスプリットステップしてバックボレー。バックバックバック〜!!く〜っ(苦)。
5)もう一度ボレー&ボレー(今度はコーチは私のバックにボールを集める)
ややフォア側にきたボールもバックで返す練習。ひじを伸ばさずひじの角度は変えない。

どうだ〜、中身濃いでしょ〜。
本日は徹底的にバックなのだ〜。
次にバックハンドストローク。
まずコーチはわたくしのバックハンドストロークをこう分析した。
「テイクバックのときに体重が右足にのっていない。左足から右足へ体重が移動することで軸がぶれてしまっている。」
「スイングが小さく、テイクバックのときの左手が曲がってつまった感じになっている。」
「余分な力が入りすぎ。」
「ボールがラケットにあたるとき、上から入って振り上げているので、ボールにやや逆回転がかかっている。」
「インパクト後すぐにラケットを振り上げている。前に押し出すように大きなスイングが必要。」
んなとこかな。
これを矯正するために残り30分が費やされた。
結局、この逆になるように意識すれば言い訳で、余分な力を抜き、テイクバック時に右足固定、テイクバックはインパクト時のラケットと左右の腕の形を崩さないようにすればいい。
うん、あとは球数を打って体で覚えればいいのだ。

そしてコーチはこうアドバイス。
「最初から早いボールはいりません。まずはネット上1.5mから2mのあたりで山なりになるボールを安定して打てるようにしてください。その高さを超えたボールはだいたいベースラインに落ちます。常にこのボールが打てるようになればバックでのミスはなくなります。
これを基準により早いボールを打つには、スイングスピードと腰の回転を早める。逆にゆっくりラケットを下から上に振り上げて打てばロブとなります。」
なっとく〜!!さすがはIコーチ!!(わたくし深々とうなずく)

余談として、
「関西レディースの試合なんかをみていると、フォームがきれいじゃないのにしっかり返している人とかいるんです。それは見てると軸だけはしっかり安定しているのでフォームが乱れていてもきっちり返すんですよね。A級クラスの人たちはフォームもちゃんとしていて軸がぶれません。常に安定してます。試合ではその安定感を崩すために深いボールを打ったり、角度をつけて返し相手のフォーメーションを崩してポイントを取るんです。」
ほ〜、早くわたくしもそんなすばらしいプレイがしたいものだわ。

というわけで、本日の前半戦は終了。
夜はHコーチのレギュラーレッスン、がんばろ〜っと。

さらばっ

posted by ドロシャン at 17:29| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

いったい何を目指しているわけ?

はい、よく聞かれます(笑)。

決してとてつもなく大きな夢を持っているわけではない。
一言で言ってしまえば、「テニスが上手になりたい。」これにつきる。
上手になれば当然試合にも勝てるはず。
「こんなショットを決めたい」
「こういう展開でポイントを取りたい」
「美しいフォームで人を魅了したい」
まあ思いはいろいろあるけれど、んなこと簡単にできるとは思っていない。
だから、練習する。練習すればするほど、もっと練習しなくちゃ〜と思う。
ここまでくると、もうやめられないのですよ〜。

とりあえずの目標として、もうひとつ上のクラスにでも行く(笑)?
いや、まだまだですな。だって今年の春にようやく今のクラスに上げてもらったばっかりだもの。営業的にもそれはOKしないでしょ〜(そんな実力もないですけど(苦笑))。
スクールのクラス分けなんていいかげんなものだから、そんなの特にこだわってはいない。

やはりわたくしのこだわりは「美しいフォーム」ですな。
わたくしの好きなプレーヤーで、モラリューという選手がいるが、彼女のサーブのフォームはとっても美しい。あんなサーブが打ちたいな。
ダベンポートとダブルスを組んで、数々のすばらしい成績を残している。
この二人のダブルスは、典型的なパワーダブルス。平行陣でガンガン攻めてくる。ロブぐらい上げられたってなんてことないってとこが、ロブ嫌いのわたくしと志を同じくする(笑)。

やっぱりダブルスで勝つためには、ボレーを磨かないとだめだな。
それにどのショットでもコントロールが大切。
いやいや、その前にサーブが入らないことには話しにならない(泣)。

は〜、気持ち先攻、実力伴わず・・・。
まだまだだ〜。

posted by ドロシャン at 22:25| Comment(1) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

「美しいあした」

ヤクルト400 VS 明治プロビオヨーグルトLG21の戦いもあっさり終結?!

↓見てこれっ!
IMG_0706.JPGIMG_0704.JPG
(コラーゲン・セラミド配合と書かれてある(笑))

もう〜、なんてことでしょう〜。
スーパーでこの商品群を見てわたくし仁王立ちしました。
「買わねば・・・」
プロビオは夫に譲りましょう。
なんてったってこの「美しいあした」(最初「美しいあなた」と読み間違えた(笑))には美容フローラのための乳酸菌が入っている〜!!
ん?美容フローラ?
美容フローラとは、おなかの中にお花畑のように群生する細菌が、健康はもちろん美容にとってもよい状態にあることをいう造語・・・らしい(ちょっと意味よくわかんないですけど)。
そして、LG81乳酸菌を使用している。プロビオはLG21、数字がおっきいほうが当然いいに決まってる(笑)。
ってことで、さっそくまとめ買い(笑)。
せっせと飲まなくっちゃ〜。

(注)この「美しいあした」も明治乳業、プロビオも明治乳業ですが、わたくし、明治乳業の関係者では決してありません。


posted by ドロシャン at 22:15| Comment(1) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ちょっと太めですみません。

今日はテニスに行けなくてブルー・・・。
外は雨でますますブルー・・・。
その上久しぶりに電話で話した友人の話題にまたブルー・・・となってしまったわたくし。

こんな画像で癒される(笑)?

↓上から見ると、
IMG_0658.JPG
(首輪がくいこんでる〜!!この首まわり、引っ張ると相当伸びます)

↓今度は後ろから、
IMG_0659.JPG
(頭が小さいのではなくて、体がデカい!脂肪のうねりが毛並みにまで及んでいる・・・)

↓なんかほしいんだ・・・
IMG_0660.JPG

↓もらえるのをかなり期待して、もう待てない状態?
IMG_0661.JPG

義理の妹んちの柴犬でした〜(笑)。
ダイエットしろ〜!!

さらばっ


posted by ドロシャン at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

ナダル巻きからぴちょんくんバンダナへ

今年のナダルは強い。
フェデラーは前から強い(笑)。
この二人に共通することは・・・、そう、ナイキのバンダナ。
あのバンダナを巻いているとりりしく強そうに見える(いや、実際に二人は相当強いが)。
ナイキのバンダナは強いプレーヤーの象徴とも言えるかもしれない。

ある日いつものようにDVDに録画したテニスの試合を見ていると、
(夫)「あれ!」と言ってテレビ画面を指差す。
(わたくし)「ん?」
(夫)「あのバンダナほしい!買って!」と言ってテレビ画面のナダルを再び指差す。
(わたくし)「(おお〜っ、なんてことを・・・)あのバンダナはナダルがしてるからかっこいいんでね〜。」←つまり、わたくしはうまい人こそあのバンダナが似合うと言いたいわけ。

わたくしの夫は同じテニススクールの初級クラス、わたくしそのひとつ上の初中級クラス。夫は健康のためにテニスを始めた。わたくしも運動不足解消のために始めたはずのテニスが今じゃ燃える闘魂熱血テニススクール生に豹変してしまった(笑)。

(夫)「夏場は汗でめがねが曇るし、バンダナしてないと汗が目に入って集中できない。」とあくまで機能性重視の購入動機を語る。
ほんまにそうか〜?と疑るも、バンダナひとつで今よりもう少しテニスにやる気が出てくれるとしょっちゅうスクールに通っているわたくしの後ろめたさ(←いちおうある)も多少は和らぐというもの。
(わたくし)「そうなん?じゃ買おか?」

というわけで、ネットで探し回ってようやくGet。↓
IMG_0701.JPG
ついでなので黒も買っといた(笑)。

でも、2.3回巻いたっきりナイキからいつの間にかぴちょんくんバンダナに変わっていた。↓
IMG_0702.JPGIMG_0703.JPG

(わたくし)「ナダル巻きはどうしたん?」
(夫)「もう少し上手になってからにする・・・」
でっしょ〜?めっちゃうまい人じゃないとあのバンダナは似合わないさ〜。ま、自分で気づいてよかった。
(わたくし)「ま〜、今はぴちょんくんがいいかもね」となぐさめる(笑)。


おまけ
(夫)「このスリッパ、もうボロボロ。」と言ってはいてるスリッパをわたくしに見せる。
(わたくし)「(それを見て)ほんまやね、じゃ〜、わたくしのとっておきのスリッパ譲るわ。」と言ってバーゲンで買ったスリッパを差し出す。
(夫)「うそばっかり〜っ、もっといいの買おうとしてるやろ〜!」
ううっ、読まれてる・・・。
しかし、すかさずわたくしこう切り返す。
(わたくし)「そうっ!その予測!、それがテニスでは重要やねん。H-1コーチも言っていた。自分の打ったボールが相手コートに返り、そのボールを相手がどう返すかを予測してその次にきたボールに対して自分がどう動くかってことを考えておくことが大切だって。ねっ、テニスも予測よ!予測!」
(夫)「・・・・」(←あきれて?無言)

よし、これで1-1。
この粘りがテニスでは大切なのさ〜(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 23:09| Comment(2) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

Iコーチレッスン:アプローチショットからファーストボレーへ

過って何度も練習したことのあるパターン。アプローチショットはしっかりと軸足に体重をのせてからスイング。このときのリータンは決して早いボールはいらない。丁寧に返すことがポイント。その後、サービスラインまでつめてスプリットステップ。これ以上前につめてしまうと、後ろががら空きとなりロブをあげられてしまうので注意。次帰ってきたボールのボレー処理も一歩二歩踏み込んで丁寧に。
ラケットと顔の距離が重要。ひじの角度は一定が望ましい。

ボレーもね、フォアに来るとわかっていると、きれいに返せる。どっちに来るかわからないと準備が遅れてうまくボレーできない。
相手のラケットの面を見て判断するのだろうけれど、わたくし見てるようで見ていない。なんとなく見ているからしっかり判断ができないのでしょ〜な〜。

その後のゲーム展開でもコーチはやたらロブを上げてくる。
「ほら〜っ、走って〜っ」とコーチは余裕の声。
それってやはりわたくし前につめ過ぎてますか?
ロブが上がると「あ〜っ」って口あけてボールの行方を追ってしまう、ボールのスピードにあわせて走ってしまう、そして追いつけない。
あ〜、やっぱりロブって苦手(泣)。
特に頭上を越えたときは、取れそうでも「お願いしま〜す」と言ってサイドチェンジ(笑)。
「今のは返してください!」とコーチ。
「すみませ〜ん(泣)」とわたくし。

やれやれ、今日はあまり自分に満足のいく練習ができなかったな〜。
と、とぼとぼ歩いて帰る。
その途中の景色がこれ↓
05-09-25_12-45.jpg

あ〜、次の練習ではもっとがんばろうっと。

さらばっ

posted by ドロシャン at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

反省・・・

「あ〜あっ、あかんよなあ〜」
テニス仲間と飲んだ翌日はいつも後悔する。
そう・・・、また飲みすぎてしまい、それゆえ今日のクレーコートでの練習に行けなかった(泣)。ほんま、こんなんじゃいけない、草トーで勝とうと思ってる人間が酒なんぞにおぼれてどうする!!・・・と自分に喝!!

posted by ドロシャン at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

優勝しちゃったさ〜(笑)

いや〜、お疲れ様。まさかこんな結果になるとは夢にも思わなかったわたくし。
過去の試合で女ダブでもミックスでも常に予選リーグは負け負けの実績。
なのに今日のスクール生大会では優勝でございます、ほ〜ほほほっ。

5人または6人の団体戦で男女満遍なくのチーム編成となり、まず女ダブ、次に男ダブ、そして最後にミックスの試合(4ゲーム先取のノーアド)という順序。
リーグ戦で1位通過。わたくしの勝敗結果を申し上げるなら、
1試合目:まりもと組んで女ダブ(0-4で大負け)
スロースターターのわたくしとまりも。あっちゅうまに負けていた(泣)。
遠くでわたくしとまりもに刺すような視線(←日曜日Iコーチがにらんでた)
2試合目:K(女性)さんと組んで女ダブ(4-3で逆転勝ち)
自分のサービスゲームはなかなかキープできなかったが、Kさんのサーブは常にファーストが入って安定しており、後衛でよく拾ってくれたおかげで私は前でボレーを決めることができた。
3試合目:K(男性)さんと組んでミックス(2-4で負け)
わたくしもダボが多かったが、Kさんも多め。でもKさんのサーブは「リバースサーブ」というもので、普通わたくしたちがサーブをするときのラケットがボールにあたる方向と逆にラケットが動くので、回転がなんかへんちくりんにかかって、入ると相手はほとんどリターンミスするというある種の魔球を打つすてきな人(笑)。

この結果を見れはお分かりのとおり、そうです、わたくし以外の方たちががんばってくださったからなのですよ〜。

ま、そんな中で同じチームのS(男性)さん、この方うちのスクールでいうところの一番お上手なレベル(オープントーナメント)にいらっしゃる方(←わたくしスクールに通ってそんなレベルの方とお話したことございません)。
大変フレンドリーでチームを盛り上げてくださる。そもそも今回のスクール生大会にご参加くださるそのハートがもうありがたいと思いませぬか(笑)?
しかもとってもていねいにアドバイスや声をかけてくださる。
わたくしにはこうおっしゃいました、「サーブのフォームは大変大きくとっても美しいですね。フォアボレーやフォアハンドストロークはラケットとボールのあたりが厚くてしっかりと重いボールが打てています。女性の方でなかなかそこまで打てる人は少ないですからね〜。」
と。
どうよ!これっ!
テニスのうまい人は、口のうまい?・・かあ〜?
もう、まるでコーチのように心のこもったお言葉(いや、コーチにだってこんなこと言われたことない)、ほんと感激。

この会話を近くで聞いていた日曜日のIコーチ、「フォームはいいんですよ、完璧に近い。あとはここ。」(と言ってコーチは自分の胸に手を当てる)
(わたくし)「あとはここ?(と言ってわたくし自分の胸に手を当てる)。えっ、私って心汚いですか?」
(コーチ)「そういう意味じゃないですっ、心理的なことを言ってるんですよ、あ〜、このサーブ入れなきゃな〜とか、ダボしたらど〜しよう〜とかの心の迷いがフォームに出ることがよくあります。」と。
(わたくし)「あ〜、そういう意味ね(笑)。はいはい、気をつけます。」

ちょっと長くなってしまいましたね、ということで、その後の決勝リーグは2戦2勝で全勝。
で、わたくしがいただいた優勝賞品はこれ↓

IMG_0700.JPG

ひとまずこの辺で、これから打ち上げで飲み会に参加します。
きっとビールがうまいぞ〜(笑)

さらばっ

posted by ドロシャン at 17:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

H-1コーチレッスン:フォアとバックを回り込んで打つ練習&秘密兵器公開!!

今日のH-1コーチレッスンは、回り込んでフォアやバックを打つ練習。
まずは、ボレーで。このときの足の運びは先週の日曜日のIコーチレッスンで習った体の正面に来たボールをボレーするときの足の運びと同じもの、ふむ、ここで繋がったな・・・。
次にサービスラインからショートクロスに回り込んでフォアとバックのストロークを打つ練習。フォア→バック→フォア→バックと繰り返すことによって軸を保って肩がしっかりと入っていいリズムで打てるようになると。
バックのストロークのときには、右ひじをちょっと前に突き出すようにする(両手打ちの場合ね)と肩の回転がしっかりと入ると。ここ、ポイントですよね、覚えておかなくっちゃ。

で、今日のレッスンのポイントは、これ↓

IMG_0678.JPGIMG_0682.JPG
(モデル担当:まりも、差し棒担当:コーチ、:カメラマン担当:わたくし)

体の軸ですな、軸が不安定だとフォームも乱れて余分な動きを作ってしまうと。
軸・・・それを意味するものが画像に出てる秘密兵器、「白手袋指し棒くん」、ほほほっ。
この差し棒くん、最長70cmも伸びる優れもの。
「レッスンのポイント箇所をこの白手袋差し棒くんで指し示しデジカメで撮る」
すばらし〜!!
コーチ曰く、「静止画ではなかなかわかりにくいですよ」なんてコメントもお構いなしで今後はこの手で学習効果をアップさせることとする。

で、その軸を保つ練習がこの画像↓
バランス感覚を養うんだとか、差し棒の箇所わかりますか?膝が疲れるがこれはとってもいい練習になるんだと。さ、やってみよう。

IMG_0679.JPG

posted by ドロシャン at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

ヤクルト400 VS 明治プロビオヨーグルトLG21

05-09-21_19-49.jpg

うちの冷蔵庫の定番プロビオヨーグルトLG21の中に新参者ヤクルト400が幅をきかせている。
なぜならわたくしは、会社に来てくれるヤクルトのお姉さんにこのヤクルト400をお試しで1本いただきそのチラシに書かれていた「400億個のヤクルト菌が入っています」というキャッチコピーにまんまとひっかかってしまったからだ。しかも今なら5本の値段で7本もらえる(←う〜ん、安い)。

(わたくし)「今日からこのヤクルト400飲んでね。このヤクルトにはね、ヤクルト菌が400億個も入っているのさ〜」
(夫)「え〜っ、プロビオは?」
(わたくし)「それは私が飲むわ」
(夫)「あっ、ずっる〜い、自分だけ高いほう飲むっ!」
(わたくし)「(瞬時にプロビオの方が高いと判断した夫。っていうか、それは単に私の性格を読んだだけ?)んなことないよ(←実はプロビオの方が高い)、このヤクルトは体にいいんだから・・・」
(夫)「え〜〜(←かなり疑っている)」
(わたくし)「ほんまやって、いいね、わかったね?」
(夫)「・・・・・(←それでもかなり疑いの目)」

しようがない、こうなったら、冷蔵庫の中段右奥にプロビオを集結させて、その周りを明治ブルガリアヨーグルト(無糖)500g2箱で囲み「眼晦まし作戦」といこう。

ふふふっ
posted by ドロシャン at 20:15| Comment(7) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

セレブ買い?!

bag_002.jpgbag_001.jpg

わたくしの最近のお気に入り。
梅田ディアモールのあるお店(本来は靴屋さん)の前を通ったときに、目について茶色のバッグを即買い。
お店の中に入って「あの〜、このバッグ見せてください。」と言ってちょっと肩にかけた後、「これください。」と(笑)。
お店のお兄さんもわたくしの買いっぷりに「はっ、は〜、ありがとうございます。」とちょっと当惑気味。
そして翌日、色違いで黒も買ってしまったわたくし。
これを「セレブ買い」というらしい。(←会社の子に言われた)
おそらく本当のセレブは、「全色ちょうだい。」とか、「ここからここまでちょうだい。」とディスプレイのあるエリアを指定してお買い上げするのだろうな〜。
posted by ドロシャン at 22:22| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sコーチレッスン:断念!(泣)

行けないことはなかった・・・、でも今日はちょっと体力的にしんどかった。

そもそもSコーチのレッスンに出るためには、5時半に仕事を終え、普段徒歩で20分かかる距離を15分弱に時間短縮して5時52分の電車に乗らなければ間に合わない。
これって実は結構きつい。だが普段の私にはそれをものともしない気力があるのだが、今日はさすがに連休の疲れかガッツが出ない。
っていうか、ま〜、昨日の忍頂寺での練習でサーブがそこそこ入り出したので自分なりに成果が出てちょっと満足したということもある。あせってがつがつレッスンに行かなくてもちょっとこの辺で小休止しようかなと変な余裕(←まだ早い?すみません)が・・・。

先週のSコーチレッスンではバックハンドストロークを集中的に指導してもらった。初歩的なことで、グリップのにぎり方からいきなりガツン!(え〜、このにぎりじゃないんですか〜)
テイクバックの仕方でまたガツン!(そのテイクバックはまるでビーナス姉妹のよう・・・、わたくしはあまりそれは好きじゃないけど、言われるまま・・・)
しかし、んな基本的なこと今さら言われちゃって、このわたくし苦節3年超、せこせこレッスンに通ってたのに今までのコーチはそんなこと指導してくれなかったぞ〜!
(いや、個人的にはなくても全体的に説明はあった・・・かな、失礼しました)

つまり、人は(←急に一般論)言われたことを忘れてしまうのですな〜!
そこでわたくしは思いついた。
このブログはぐたぐた日々の出来事を綴るのが目的ではな〜い!!
目的はあくまでも「テニスの技術向上を目指す!」というもの。
コーチから受けたアドバイスはやはりなんらかの形で残して行かなければいけないというもの。
たった今思いついた秘策は近日公開!
お楽しみに。

さらばっ
posted by ドロシャン at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

忍頂寺でテニス

05-09-19_16-31.jpg05-09-19_16-30.jpg
(画像は忍頂寺テニス風景、ここは大阪府茨木市の超山の中にあるテニスコート。)

今日は3時から5時まで忍頂寺でテニス。参加人数は5人とやや少なめ。今日は「サービスダッシュ&ファーストボレーを美しく処理」がテーマかな。
ま、まずはサーブが入らないことには話にならない。
やはりテニス上達のポイントは数打つことですな。サーブも打つ回数が増えるにしたがってなんか感じがつかめるというもの。トスの位置や、サーブのリズム、ラケットの運びなどそれなりにいい感じになってきた(ちょっと満足)。
この感じを忘れてはいけない!のですよ〜。

後半は本日のテーマを踏まえ、ゲーム練習の時にはなるだけサービスダッシュするようにした。ふわっと浮いたボールって、ボールがラケットにあたるまで時間がかかるからその間足が止まってしまい、いい当たりでボレーができない・・・。早いボールのほうが楽だな〜。

今日も練習ができて満足。

8月のお盆休みからしばらくテニスをお休みしていて、ようやく今月復活。
9/6(火)Sコーチレッスンに行こうと思ったのに台風で中止。
9/8(木)H-1コーチレッスン(振替)
9/9(金)再びH-1コーチレッスン(こちらはわたくしのレギュラークラス)に行こうと思ったのに、7時ごろの突然の豪雨で「こりゃ行けないな」とあきらめてチューハイを飲んでしまった。(その後ぴたっと雨もやんだけどアルコールが入ってしまったためレッスンを断念)
9/10(土)H-2コーチレッスン(振替)
9/11(日)Iコーチレッスン(レギュラー)
9/13(火)Sコーチレッスン(振替)
9/15(木)H-1コーチレッスン(振替)
9/16(金)H-1コーチレッスン(レギュラー)
9/18(日)Iコーチレッスン(レギュラー)

と、う〜ん、スクールだけで週平均4回・・・。
まだまだ足りないな(笑)、もっと練習しなければ試合にはとうてい勝てやしない!

仕事が早く終われば明日Sコーチレッスンに参加、また木曜日はH-1コーチレッスンに参加。
そして23日のスクール生大会に挑むのだ!

さらばっ
posted by ドロシャン at 19:57| Comment(5) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュークリームで朝食

05-09-18_12-56.jpg
(画像は、今日のわたくしの朝食。シュークリームはあの有名店「ムッシュマキノ」のもの)

昨日は、テニスレッスン後、急いで夫の実家のバーベキューパーティーに参加。
手土産はいつものムッシュマキノのケーキとシュークリーム。今回はプリンもつけてみた(笑)。
バーベキューの様子やケーキを写した画像をUPしようと思ったが、デジカメを夫の実家に忘れてきてしまったので今回はなし(泣)。

ムッシュマキノのシュークリームは、1日たってもシューがパリッとしている。しかし、だからと言ってバイシューに近いわけでは決してない。スタンダードなシューなのにしなっとしていないのが不思議だ。中のカスタードクリームはシューの中に隙間なくたっぷりと入っているのもこれまたうれしい。クリームの味はもちろんgooooooooooooooooood!。
posted by ドロシャン at 08:01| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

Iコーチレッスン:bodyにきたボールのボレー

05-09-18_12-56.jpg
(この画像はまりもさんとその夫と共同購入したTシャツを着たわたくし。強そうに見えるかしらん?)

今日のIコーチレッスンは、まりもさん(以下まりも、彼女はわたくしの女ダブのパートナーなので)が土曜日に受けたレッスンと同じ練習メニュ−。つまり、体の正面にきたボールをボレ−する練習。
余裕があれば、フォアボレーの場合には、右足を左足の前に出し、その後左足をその右足よりも前に運んで踏み込んでボレー(バックはその逆)する。余裕がなければ、ラケットの面の運びだけでボレーする。
面の運びだけの練習として、足を動かさずにボレ−&ボレ−の練習があった。
コーチ曰く、「バックボレーのときに体が硬直して、ひいてしまっています。体重を前にのせてボレーするように」と。
ふ〜ん、こうですね、と素振りしてみせる。「そう、そうです」
わかっているけれどそのときにはできない(泣)。
どうしてもバックにきたときに反応が遅れてしまうのですな〜。(←バックが苦手なので(泣))

Iコーチのレッスンは、毎回テーマがあり、基礎→応用→ゲーム展開とレベルをあげて練習するのでレッスン内容に繋がりがあってとてもわかりやすいから好き。
ゲーム展開の練習では、必ずわたくしとまりもはコーチの振り回しに合いやられてしまう。
「は〜い、は〜い」とわたくしの打ったボールをいとも簡単にオープンスペースに打ち返し、その度にわたくしは走らされる。たまに逆をついて動くと、それもコーチに読まれてその逆をつかれてしまう(泣)。ちっ!くやしいけれどかなわない・・・。

は〜、まだまだということでしょうか・・・。

さらばっ
posted by ドロシャン at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

クレ−コ−トで練習

05-09-17_17-06.jpg05-09-17_15-20.jpg
(画像はわたくしの愛車L.L.Beanのチャリと今日のコート。遠くの建物は阪大薬学部)

今日は久しぶりにテニススク−ルの友人たちと練習。家から10分ぐらいの場所なのでL.L.Beanの折りたたみ自転車で参加。この自転車こぎも下半身の筋力UPにと始めたもの。おかげ(?)で会社の子に「足、筋肉ついてきたね」と言われる(泣)。
これもテニスがうまくなるためさ、仕方がない。

さて、練習のほうは相変わらずサーブが安定しない。
なぜこんなにへたなんだろう。テニススクール歴も3年超、レッスンでも相当教わった。その上プログレスレッスンでもサーブをみっちり指導してもらった・・・はず。
なのに、その成果未だ現れず(泣)。
そのうえ、膝の痛みが再発。しばらく調子よかったのにここへきてまた痛み出した。
ヒアルロン酸を注入してもらうと結構いいんですよね。また整形外科行って来ようかな。

ま、とりあえず明日のIコーチのレッスンがんばってきます。

さらばっ
posted by ドロシャン at 18:53| Comment(4) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。