2006年01月31日

ミリカ隊長レッスン:スイングするより前につめる

今月は並行陣がテーマ。
アプローチショットから前につめて、並行陣へ持っていく展開。
コーチとのストレートのロングラリーから「はい、アプローチッ!」とコーチから声がかかる。
「ちょっと短めのボールを返すので、アプローチショットから前につめて来なさい」と言うこと。
今日は(いちおう今日に限定させていただいてもよいですか(笑)?)、いいアプローチショットが打てなかったな〜。
原因はわかってます(笑)。
まず、軸足にしっかり体重がのっていない。(←これじゃ手打ちになってボールに力が伝わらない。)
スイングした後、一歩前に出る動きまでつながっていない。(←つまり、打った後からだが止まってしまっている。)
いけないじゃないですか、そんなんじゃ〜。
しかしですね、テニスっちゅうのは奥が深い。
いくつものショットをマスターしてこそ、ゲームでのおもしろさがわかってくるというもの。
このいくつものショットのひとつひとつをきちんとものにしていかないといけないのだな。
結局、今日のわたくしはアプローチショットの基本的な打ち方をすっかり忘れてしまったようだ。
散々練習してきたのにな〜、あ〜あ。

こんなことにへこみながら、ゲーム練習。
前衛の動きの中で、背後からコーチに言われた言葉が今日のタイトル。
「浮いてきたボールを待ち構えて大振りするんじゃなく、前につめて前衛の足元もしくは、センターへ決めのボレーを」と。
浮いたなと思ったら、どうも足が止まってしまうようだ。
どんどん、前につめてボレーを決めよう。

しかし、このクラスのレギュラーさん(レフティ優作くん、M夫妻)と振替か補講かで来ていたバナジューとkazzy、みんな前衛でのボレーの反応はよくて・・・。
わたくし一人地味でした(泣)。

次回がんばりましょう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

ストリンガー バナジュー作

P1000282.JPG P1000281.JPG

記念すべきバナジュー第1回作品(よそさまに張ったという意味で)をUPしときます。
ガット張り機を購入するなんて相当なこだわりだ。
ガットは、メイン(縦)がポリで、横がナチュラル。
テンションは48。

使用感は、ボールのコントロールがしやすく、よく飛びます。
ボールがラケット面にくいつくぐっとくる感じでいいですな。

今日は、レッスン中もなんだかにやけてしようがない(笑)。
さすがはバナジュー!!

posted by ドロシャン at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:回りこんで打つストローク and then

「ボールを打つスピードとからだの動きとのバランスがとれていない。」
つまり、「ボールを返すスピードが速く、その後のからだの動きが遅くて次のボールに追いついて行ってない。」とシン隊長はおっしゃる。

確かに・・・(笑)。

回り込んで打つ以上、サイドを自分でケアするためには、速いボールを返したのではボールがすぐに返ってくるので動きがついていけない。
「そこんとこよ〜く考えろ。」と(笑)。

しかし、今日のレッスンでは疑問点が多く残ってしまった。
次回シン隊長に聞くことにしよう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

「企業の社会的責任と人権」

昨日は、午後からセミナーに出かけた。
セミナーをダブルブッキングしてしまった上司のフォローにtakやわたくしが駆りだされる(笑)。
しかし、わたくしは結構このセミナー参加が好きだ。普段なかなか聞くことのできない方の講演があったりして内容によっては面白いなと思う。

わたくしはとある企業の人事に派遣で働いているので、このようなセミナーの内容(いつも官公庁主催の無料のものが多い)は、おおむね
「高齢者雇用・障害者雇用について」
「人権について」
「継続雇用・再雇用について」
などが多い。

今回は、「企業の社会的責任と人権」。
前半は3社による具体的な事例発表、後半はシンポジウムというプログラム。
内容的に得るものがあったので、ブログにのせておこうと思う。

事例1
テーマ「CSRを通じた企業と社会の対話」
イオン株式会社 環境・社会貢献部 部長 上山静一氏

■CSR(Corporate Social Responsibility)=企業の社会的責任
企業は社会を構成する一員として社会的責任を負っており、それを果たすためにさまざまな取り組みを行わなければならないという考え方。
具体的には、良質な製品やサービスの提供など企業の本来の機能を果たすこと、社会に迷惑をかけないこと、各種の社会貢献などを通じて社会的な問題解決に取り組むことを指す。

イオンの環境理念である「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というグループ理念のもと、企業市民としての社会的責任を果たすため、社会貢献活動と環境保全活動を積極的に推進しているといった内容。
環境や安全などさまざまな活動をされている中で具体的に覚えておきたいなと思ったのは、

グローバルコンパクトへの参加
■グローバル・コンパクト(Global Compact)
1999年1月に国連のアナン事務総長が提唱した、地球社会を抱える課題の解決に向けて、企業、国際機関、市民社会などさまざまなステークホルダーがコミットする壮大な運動。
その中心には、4分野にわたる10個の原則があり、その遵守を約束する企業は事務総長に書簡を送ることで、グローバル・コンパクトに参加することができる。
参加企業には、それぞれの原則に関わる取り組みを報告することが求められている。
4分野10原則
【人権】
原則1.企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する
原則2.人権侵害に加担しない
【労働基準】
原則3.組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする
原則4.あらゆる形態の強制労働を排除する
原則5.児童労働を実効的に廃止する
原則6.雇用と職業に関する差別を撤廃する
【環境】
原則7.環境問題の予防的なアプローチを支持する
原則8.環境に関していっそうの責任を担うためのイニシアチブをとる
原則9.環境にやさしい技術の開発と普及を促進する
【腐敗防止】
原則10.強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む
国連グルーバル・コンパクト事務局ウエブサイト(英語)
国連広報センター(東京)ウエブサイト

上記の内容をベースにイオン独自のイオンサプライヤーCoC(Code of Conduct)(取引行動規範)を作成。
取り扱う商品の品質や安全性だけでなく、製造される環境や過程においても社会的な説明責任を果たしたいと考えていること。
生産・製造にあたっては国や地域の法律・規制を遵守することを基本に、生産者・工場労働者が環境に配慮した工場で、人権を尊重され、安全・衛生的な労働環境と適切な賃金を保証されることをめざしている。

SA8000の取得
■SA8000
人権と労働の分野において、企業が満たすべき基準を設定した規格で、1998年から本格稼動している。
企業を社会的責任の視点から評価・格付けなどを行っていたアメリカの経済優先順位研究所(CFP)が中心となって立ち上げた、社会的説明責任インターナショナル(SAI)が開発、運営している。

上山氏は、「実はSAIより指摘された点がございました。全社員の性別比率と管理職・リーダーと呼べる人の性別比率が著しく乖離している点です。
つまり、採用での機会均等はなされている(男女差別がない)けれど、均等の結果の実現がなされていない(女性管理職が少ない)というご指摘でした。この点に関しまして真摯に受け止め、今後の人事制度の改善へ努力していきたいと思います。」
と話されたのが印象的だった。

事例2
「顧客のニーズを知る」〜ユニバーサルデザインタクシー導入でみえてきたこと〜
肥後タクシー有限会社専務取締役 野々口弘基氏

この企業は業界初の取り組みを多く行っている。
IT配車システム開発
ISO取得(9001、14001)
ユニバーサルデザインタクシー開発導入

■ユニバーサルデザインの7原則
1.誰にでも公平に利用できること
2.多様な使い手や使用環境に対応でき、使ううえでの自由度が高いこと
3.使い方が簡単ですぐわかること
4.必要な情報が環境や使い手の能力にかかわらずすぐに理解できること
5.うっかりミスや危険につながりにくく、安全で、万一の事故にも対応できること
6.無理な姿勢をとることなく、少ない力でもラクに使用できること
7.使いやすい大きさで広さを確保すること
ユニバーサルデザイン、この言葉は1970年代後半のアメリカの建築家であり、工業デザイナーであったロン・メイスによって提唱されたといわれている。
ロン自身も障害があったが、「障害のあるなしにかかわらず、広い視野で人間をとらえ、その人間の持つニーズに応える」デザイン開発を訴えた。

野々口氏は、「ステークホルダーと共に、環境整備、生活支援、品質向上に努力している。」と語った。

■ステークホルダー(Stakeholder)=利害関係者
消費者、従業員、株主、取引先、地域社会など、企業を取り巻く利害関係者を意味する。広く社会全体や地球環境を含む考え方もある。

事例3
できることからはじめていく
ユニクロの社会貢献への取り組み
〜ひとりの元気がみんなのやる気につながる障害者雇用〜
株式会社ユニクロ 常務執行役員 田中 明氏

ユニクロの社会貢献活動として、
環境(瀬戸内オリーブ基金・フリースリサイクル)、緊急災害援助活動(国内災害・海外災害)、ボランティア活動(ユニクロボランティアクラブ)、そして障害者への取組(障害者雇用の促進・スペシャルオリンピックス支援)がある。
今回は、障害者雇用の促進についてのプレゼン。
障害者雇用の会社方針
○1店舗、1名、障害のあるスタッフを採用する
○障害のあるスタッフと共に働くことで、顧客サービスの向上につなげる
○障害者の自立支援を目的とした社会貢献活動を行う

障害者の雇用率は、7.66%と非常に高い。障害者の法定雇用率の1.8%と比較するとかなりだ。

短期間で雇用率を改善できた理由は、
@経営者の理解
A店舗の実行力(できない理由ではなく、どうしたらできるかを考える現場の風土、また採用権限を店長に与えていること)
B店舗の環境、業務(1店舗平均27名のスタッフ在籍が、健常者と障害者とのバランスが保ちやすい)
C店舗スタッフの意識の向上(新入社員は障害のあるスタッフと同じ職場で育つ→当たり前のこと(特別なことではないという意識が芽生える)→いずれ店長になったときも自発的に障害者雇用を推進できる)
D店舗のサポート体制

障害者雇用は、社会貢献としての障害者の自立支援だけでなく、従業員の成長、顧客サービスの向上に好影響を与えているとその効果を語っていた。

3社に共通して言えることは、「こういった活動はコストがかかる。利益を求める企業にとってマイナスになるのではないかと聞かれるが、そうは思っていない。
中長期的な視野で企業経営を考えた場合、この活動がいずれ社会に根付き受け入れられ認められるようになれば、企業価値も高まり成果が現れてくる。」と考えている点だ。

コーディネーターの梅田麗澤大学外国語学部教授は、最後にこう話された。
「CSRについて30年前に書かれた本の中に、「今CSRの波が来ている。この波は以前に訪れた波よりも大きい。社会に根付くことを期待したい。」と書かれていました。
しかし、30年前大きいと思った波は30年後の現在までさほど効果は現れていなかった。そして、今同じように再びブームが訪れている。30年前と現在の違う点は、その波を受け入れようとする我々一般市民自身の意識が変わってきていることだ。
CSRのCは、Corporateではあるが、Citizenでもある。」

ん〜、実のあるセミナーだった。

長々とご精読ありがとうございました(笑)。

さらばっ





posted by ドロシャン at 09:19| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

サニー隊長レッスン:ポーチボレー

ポーチボレーが苦手で苦手で(苦笑)。
まず、
(1)ポーチボレーをするための飛び出す勇気がない。
(2)ストレートを打たれるのではないかという不安がある。
(3)飛び出しても届かないのではないかという不安がある。
ま、ボレーのへたなわたくしですから(苦笑)、
(4)出てもボレーが決まらないのではないかと考えてしまう(泣)。
こんないろんな葛藤に悩まされ、打ち込めず、ポーチに出ない・・・という悪循環。

コーチのアドバイスは以下のとおり。
(1)について
「その勇気を持つこと。これが大切だ。」とサニー隊長。
「勇気を持ってポーチに出て、その経験が蓄積されていいタイミングで打てるようになり、いいボレーが返せるようになるんです。」と。

(2)について
「1ゲームで10球中ストレートにボールが来るのは、普通せいぜい2.3球です。それ以上にストレートを打たれるのは、前衛の構えがクロスに飛び出す方向に足が向いているか、またはポジションに問題があるかです。」

(3)について
「ポーチに出るタイミング、相手がボールを打つちょっと前には飛び出していなければならない。飛び出してボレーするときにインパクト後前に出るからだの流れを止めないこと。」

(4)について
「ボールに触れる位置にはあるけれど、ボールに力が加わる位置にはない。」(←なんかむちゃ納得)
「つまり、あと1歩が足らないと言うこと。ボールのある方向にからだごと運ぶ。あとはラケット面の方向におのずとボールは飛んでいく。」

この点に関しては、金曜レギュラーのshuku(←以前コメントを入れてくれたがまっとうなハンドル名がないので適当に作った)にレクチャーを受けた。
彼の分析によると、
○ボレーするラケットの腕が伸びきっている。腕を伸ばしてとろうとしている。ラケットとからだの距離はそんなに遠くであってはいけない。
○まだ足に余裕があるのに、動きが止まっている。もう1歩が足りない。
○相手のボールと自分との距離とスピードを計って、ボールに届いてボレーするまでのフットワークを意識する。
○ラケット面(ラケットヘッド)ではなくグリップエンドから入っていってボレーするイメージ。
などに気をつけるとよいのではないですかと。
なかなか内容の濃ゆいアドバイスをもらった。

ん〜、がんばるしかないっ!!

さらばっ

posted by ドロシャン at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ミリカ隊長レッスン:並行陣でのそれぞれのポジションの役目

今月は並行陣がテーマ。
並行陣ではボレーがとても重要。
最初のアップでもボレーボレーから。
フラットにあてずに、スライスをかけて弓なりのボールを返すように。
ラケットをふんわり運んであげるような感じで・・・。
(ラケットを持ってこんな感じと言えたら簡単だけど、文字にするとなかなか伝わらない。)

さて、並行陣。
まず、各ポジションの役割を説明してもらった。
おそらく何度も聞いていて過去のブログにも載せていると思うが、自分にしっかりと覚えこますためくどいようだか書くとしよう。

並行陣側のバックサイド・・・・・@
(クロス方向に相手後衛がいる)
ここでのポジションは、まずコーチの球出しでアプローチショットをクロスに深く返し、前につめる。立ち位置はサービスラインのちょっと前付近。
次のローボレーも相手後衛へ深く返すことがお役目。スピードなどいらない、十分な深さが要求される。
時に、返ってきたボールが浮いたなと思ったら、すかさず前につめてセンターへビシッと決める。
「浮いたら前へ」の動きがすばやくできるように。
そう言えば、Sキャプテン練習会でもキャプテンからくどいくらい「もっと詰めて〜!」と言われたな〜。あれは相手のボールが浮いてきたsituationでだった。

しかし、これも意味もなく前に詰めすぎるとロブを上げられるからほんと注意!

並行陣側のフォアサイド・・・・・A
こちらは、ネットとサービスラインの中間あたりで構える。
ボレーはセンター狙いで。もちろん、相手の動きを見てサイドもOK。
決めのボレーが多いので、フラットにバシッと速めのボールになるかな。

そして、相手前衛(Aのクロス方向)・・・・・B
こちらはAの決めの早いボールやスマッシュに対応しなければならない。
できればセンターへ返すようにし、その後前に詰めて次のボールに備える。
このポジションでのボールの処理が遅れて空振り頻繁(恥)。(←しかもわたくしだけ)

最後に、相手後衛(@のクロス方向)・・・・・C
ここでは、@のアプローチショットが深く返ってくるのを予測して、確実に相手コートへ返すこと。それも相手前衛の足元へ落ちるボールが打てたらgood。
サイドに振られたら、その後センターケア。
あまりベースラインより後ろで@のアプローチショットを返してそのままでいると、ネット近くにぽとんと落とされたりなんかする(悲)からこちらも注意。
相変わらず前後の動きに弱い・・・。

このそれぞれのポジションの役目を十分に理解してゲーム練習。
並行陣側ではボレーが重要。(←すでに記載済み)
「コントロールできるように。コースだけじゃなく、ボールのスピードもです。」
とミリカ隊長。
「そのためにはラケット面をうまくボールに合わせてスライスで操作してください。」と。

このボレーをマスターすれば試合に勝てるかもしれない(笑)。
あ、それとなっちゃいない前衛での動きもわたくし欠落している〜(泣)。

がんばりますので〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コート上でアラーム音?

最初それに気づいたのはミリカ隊長レッスン。
「あ、今日キッチンタイマー持ってくるの忘れました。」と。
レッスンメニューを時間で区切るため、腕にキッチンタイマーをつけて時間になるとアラームが鳴る・・・。

ほどなくして、シン隊長もアラーム音を鳴らしていることに気づいた。
「ほ〜、そうやって時間を計ってレッスンを進めてるんだ〜。」と思った。

この前日曜日に受けたコーチMGのレッスンでもアラーム音が・・・。
前はそんなことしてなかったぞ〜。
どう言うこと?はやり?

「時間を計るには訳があるんです。私のほうが1球少なかったとか、私のほうがコーチとのラリーの時間が短かったなどの苦情が出たりするんですよね。」
この前の新年会でのサニー隊長の言葉。

「なるほど、ま、そのほうが不公平感は解消できるな〜。」と納得。
でも、サニー隊長のレッスンではアラーム音は聞こえないぞ(笑)〜。
いったい何で時間を計っているのか?それとも時間など計る必要はないのか・・・。
そんな手段など使わずに、しかし実は思いっきり計算しつくされたレッスンメニューなのかもしれない(笑)。(←すばらしい)
そのレッスンに知らず知らずのうちにのめり込み、抜け出せないわたくし。(←抜け出したいとは思ってないけど)
(知りうる限りでは他に若干6名はいるな(笑))

いずれにせよ、アラーム音が鳴ろうが鳴るまいが、わたくしはレッスン内容が充実していれはそれでよいのですわっ!

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

チューハイ旬果絞り 冬限定「ブラッドオレンジ」

P1000277.JPG

「お酒ではありません、ジュースです!」と言ってもおかしくないほどのジューシーなお酒。
だったらやっぱりお酒じゃないよ〜。(←自分への突っ込み)
果汁10%だし、アルコール分は4%ぽっきり(笑)。
ね?ジュースでしょ?

が、なかなかおいしい。
今日の気分にぴったりだ(笑)。

昨日のレッスン2コマの疲れと新年会での飲み疲れ(笑)?(←うそうそ)
筋肉痛をほどよく労わってくれるやさしい甘さ。
ビールもいいけど、こんなお味もよいかもね。

1本しかないからちびちび飲も〜っと。(←せこっ)

さらばっ




posted by ドロシャン at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

シン隊長レッスン:ポーチボレー

お疲れさまです。
ただいま戻りました(笑)。

本日はまりも幹事さんによる新年会。ほどよくお酒が残ったままこのブログを書いてます。
なので乱筆乱文をお許し下さい(照笑)。

本日のシン隊長のレッスンは、ポーチボレー。
並行陣対雁行陣で並行陣側のポーチボレーからのゲーム練習。
2top側のポジショニングと守りそして攻めの練習ですな。
パートナーがポーチに出たときには、ポジションをチェンジしてパートナー側のエリアをカバーすること。
また、パートナーの上を抜くロブをあげられた場合には、パートナーの後ろをカバーして必死にロブを返さなければならない。
このように陣形を崩されたときでもすばやく体勢を整えて攻めのポジションを作ることが大切。

しかし、ここでふと考えた。
2topでいるのに、わざわざポーチに出ることってゲームであるのだろうか。
自分がポーチに出なくてもパートナーが前衛にいるわけで、わざわざポーチに出て陣形を見す見す崩す必要はないのではないだろうか・・・。
私だったら、自分がポーチに出ずにパートナーに任せますが・・・。

ま、そんなsituationがあった場合と仮定しての練習でしょうね。

コーチとの練習ではクロスのボレーストローク。
ストローカーのわたくしはまずはコーチのバック側にボールを返すことがお約束。
しかし、なかなかバック側に打てない(泣)。
もっとからだを打つ方向(フォアなら左肩、バックなら右肩)に向けてスイングしなければならないのか・・・。
相手が苦手であろうバック側にボールを打っておいて次のショットで決めるというコンビネーションを考えること。

は〜、しかし2コマ受けると結構しんどいな〜。
でもこれくらいでばてていては話にならない。
やはり10km走らねばならないか(笑)・・・。

さらばっ



posted by ドロシャン at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーチMGレッスン:「ひじ」「ステップ」他盛りだくさん

今日は、気分を変えて夫のレギュラークラスに補講で参加。

さて、今日の大きなテーマは「ひじ」
最初にサービスライン付近で一度コートに落としてバウンドしたボールを、再びラケットでボールをコートにたたきつけて打つ練習。
ポイントは、ひじをからだよりも前にセットし、そのひじを中心にしてラケットをフラットに振り下ろすこと。
このポイントこそが次のストロークやサーブの練習でも繋がるのです!

<ストローク>
テイクバックのときにひじが自分のからだよりも後ろに行かないように意識する。
ひじがからだの後ろにある状態ではインパクト時にしっかりと力は入らない。
常にひじはからだよりも前にあること。
バックハンドのストロークでボールがオーバーしたとき、コーチから「今のは左ひじがからだより後ろになっている。」と指摘された。
ふ〜ん、常々バックのボールがかんなり大きくオーバーするのはこんなところに原因があったからなのか。
その後ひじを意識してスイングすると、不思議とボールがしっかりとすばらしい軌道で走っていく〜(笑)。(←この感じを忘れてはいけない)
ストロークでは、ステップについてもアドバイスがあった。
ダブルステップ、クロスステップをしてスイングできれば言うことなし!
クロスステップがまだまだ難しいかも・・・。足を交差させるのでもたついてしまうな〜。

<サーブ>
ひじを体の前まで運んでからスイング。
ラケットヘッドを下から上へ、インパクトの瞬間ラケットをぴたっと止めるイメージ。
個人的に受けたアドバイスは、「トスが高い。低い位置から打てるようにして、徐々に高さを上げていく方がよい。ひざを曲げることで頭が上下に動き安定感に欠ける。極端なひざの曲げ伸ばしは避けて、トス位置とスイングを安定させたほうがよい。」などかな・・・。

その他に
<ローボレーでのラケット面の動かし方>
ボールの下をこするようにして、緩やかな軌道で深いボレーを打てるように。(←速さは必要なし)

なんかたくさん教わったわ〜。
しかもレッスン内容は結構ハード。初級クラスだからってあなどれないわ〜。

習ったことはすぐに復習。
次のシン隊長レッスンで実践と。

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

シン隊長レッスン:2top対2backでのポジショニングと攻め等

今日のレッスンは、「なぞとき」だった。
レッスンの後半でのゲーム練習のときに「2top対2back」と言われて、前半の練習内容の意味が今こうしてブログを書くために頭の中でまとめていてようやくわかった。
う〜ん・・・、シン隊長のレッスンは一筋縄ではいかない(笑)。

まず前半の練習メニューを振り返る。
1)ストローク
1球目のボールをクロスへ、2球目をストレートへ打ち分ける。打ったから必ずセンターに戻る。
次に1球目ワイドに振られたボールをクロスへ、そしてすぐにセンターに戻り、次の短いボールに対し、前に詰めてストレートへ。
これは思うに2back側の練習になるのでしょう。
ワイドに振られてもすぐにセンターに戻り、次のボールに備える。
時に短いボールがきたときには、相手の動きを見てストレートに打つのも手。

2)サービスリターン→ボレーストローク
コーチがサービスラインからサーブをし、そのボールをリターン後、フリーとなる。
コーチはボールを左右前後に振りまくる(笑・・・いや半泣)。
これも思うに2back側の練習でしょう。
相手がサービスダッシュに出てきた場合、リターンをまずクロス方向に返し、サービスダッシュしてきた相手がクロスボレーを打ってきたときの2back側の動きを練習するもの。
クロスでのボレーストロークと思っていただいてよいのだが、なんせコーチは角度や前後の深さを作ってくるのでどうにも振り回されっぱなしなのが非常にくやしい・・・。

3)スマッシュ
こちらは2top側の練習。
2back側がやっとこさ届いたボールを上に上げるのはよくあるパターン。
上げられたボールは、まあ、スマッシュかハイボレーになるが、今回はスマッシュでクロス方向へ返す練習。
いや、クロスと言わず、ストレート、センター、クロスとコースを確実に打ち分けることができるようになることが初中級レベルで要求されること。
ちなみに中級レベルでは、いったん相手の足元に長いスマッシュを打ち、次に返ってきたボールをセンターに打ち込むことができる。
上級レベルでは、スマッシュの深さを自由自在に操って打つことができる。
トーナメントレベルでは、いともかんたんにどのコースでも容易く打ち込むことができること。
らしい・・・。

聞かなきゃよかった(泣)・・・、だって初中級レベルすらクリアできていないわたくし。
当分中級クラス入りなど望めない。
「おととい来い。」と言われるのが関の山だ(笑)。

と、そういうわけで、スマッシュでのコースの打ち分けのポイントは「からだの向き」。
上がったボールに対して打つ方向へからだを向けて、安定した打点で打つことができれば完璧。(←まだまだ未達)

これらの練習が後半のゲーム練習で生かすことができたら、今日のレッスンは確実にものにできたと言える。
が・・・、そんなかんたんにはできないからこうしてせっせとレッスンに通っているわけ(泣)。

一番やってはいけないミス・・・「ネットミス」
構えが遅いと必ずネットしてしまうな〜。
あと、前に落とされたボールを頭から突っ込んで返したときも・・・。(←そんな体勢でネットを越えるわけがない)

それからやってはいけないミスをあと2つほどコーチは説明していたが忘れた。
なかなか覚えきれないわっ。

さっ、明日もレッスンがんばろ〜っと。

さらばっ


posted by ドロシャン at 21:20| Comment(1) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

Chanko Dining 若 北新地店

"ちゃんこ"とは、
鍋に限らず「食事」の愛称−−−−−。
相撲部屋ではちゃんこを囲む日々のコミュニケーションの中で、
伝統や格式、礼儀を築き、後世に伝える大切な食文化である。
その伝統と格式のある味を全国各地から厳選し吟味した素材で表現。
ゆっくりとした空間で楽しく"ちゃんこ"を囲みながらみなさまでご賞味ください。

第六十六代横綱 若乃花
花田 勝


ですと・・・。
そんな"ちゃんこ"の意味などまったく知らないまま行って参りました。

そもそも、このお店はわたくしの会社では去年の秋ぐらいからブームだった。
すでに訪れたことのある先発体験組よりこのお店の情報を入手済。
それらの情報を分析し、「Chanko Dining 若」攻略法を練った。
攻略法とは、「納得できる値段で納得できる内容のお料理を食し、十分に満腹感を味わえるにはどうしたらよいか」を導き出すポイントである。

(その1)
ちゃんこ鍋は「塩鍋」を選ぶべし。
やはり元祖と言うだけの味らしい。ちゃんこで塩味がめずらしいためか・・・。
(その2)
サイドメニューは選びすぎないこと。
ちゃんこができるまでの間にサイドメニューを薦められるが、この中のお刺身盛り合わせは結構な値段だから要注意。
(その3)
ホテルでもないのにサービス料10%をとられる。
スタッフのサービスは完璧。その分しっかり10%サービス料を取られるらしい。(←これはやむを得まい)
(その4)
トッピングも選びすぎると食べきれなくなるぞ〜。
そもそも鍋を選ぶと、基本コースとして一定の野菜やお肉が入っている。それに追加するのがトッピング。肉系魚系野菜系があり600円から1000円超。
食べるメンバーとお腹の具合を見てチョイスすべし。
(その5)
ドリンクは高め。あまりのみ過ぎないように。
(その6)
塩鍋の最後はぜひともラーメンで。

ここまでが前振りですが、ちょっと長過ぎ(笑)?

というわけで、4人で行ったのでお鍋は「塩」と「チゲ」を選び、「塩」のトッピングは、ほたてとゆば。
「チゲ」は紅鮭ときのこの盛り合わせ。
お鍋ができる間のサイドメニューを
自家製チーズ
P1000231.JPG

豚の角煮たまご
P1000234.JPG

たこと大根のサラダ
P1000239.JPG

それらを食べ終わった後、塩鍋が出来上がってきた。
これはスタッフのお兄さんがず〜っと作ってくれ、器にまで盛り付けてくれる。
P1000236.JPG
薬味は、ねぎ、すりゴマ、ゆずこしょう。

塩味を食べている横で、次にチゲ鍋をお兄さんがせっせと作ってくれる。
ほどよく出来上がり次にそちらを食す。
P1000246.JPG
薬味は、一味(七味かな?)、生のすりおろしにんにく(たっぶり入れてしまいました。明日臭かったらごめんなさい)

どちらもスープがおいし〜。だから、具も当然おいし〜。

〆は、塩鍋にはラーメンを、チゲ鍋にはぞうすい。
こちらはラーメン。
P1000249.JPG

次にぞうすい。
P1000256.JPG

実はラーメンを食べている段階で相当満腹。く、くるし〜。
しかし、ぞうすいを食さずに帰るわけにはいかないので、ガッツで食べました(笑)。

も〜、十分です。十分満足です。
「攻略できた感」があります(笑)。よしとしましょう。

(おまけ)
若グッズ
P1000262.JPG(コースター)

P1000266.JPG(入り口にで〜んと飾ってました)

Chanko Dining 若 北新地店
〒530-0003
大阪市北区堂島1-4-2 ビールディング北新地3階
TEL 06-6456-4527(ヨコヅナ)
月〜金曜日:17時〜翌5時(L.O.4時)
土・日・祝日:16時〜24時(L.O.23時)


posted by ドロシャン at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ミリカ隊長レッスン:並行陣での攻め

本日のメンバーは、レギュラーのレフティ優作くん、Mさん夫妻、charuさん(補講)、桂くん(振替)とわたくしの6人。いつになく多い。(←と言ってもわたくしだって補講組)
charuさんとレッスンをごいっしょするのは今年初めて。
桂くんとはわたくしの記憶に間違いがなければ、去年の10月以来だ。ですよね?(←問いかけてます)
というにぎやかなメンバーでスタート。

1月は並行陣がテーマなので、レッスン内容はボレーストロークと並行陣でのゲーム練習。
まずはコートの中で3箇所に分かれてクロスのボレーストローク。
位置をブログで説明するのはたいへん困難なので(笑)省略。

ミリカ隊長とのボレーストローク(わたくしがストローカー)はたいへん好きです。
シン隊長ほどうんと走らされず、かといってやさしいボールばかりではなく、ほどよく走らされるので次どこへ打とうか考える余裕がある。(でもどんどんその余裕はなくなっていくのですな〜)
それにシン隊長ほどわたくしが苦手とする前後の揺さぶりがない(笑)。

今日は、コーチのバック側にボールを集めるようにしよう。
ちょっと走らされたら、そうだ、この前の日曜日に習ったハイバックボレーを打たせるようなボールを上げよう。
そして、すかさずローボレー(笑)。
時には、強打でバックを攻めよう。
しかし、その後はすぐにボールが返ってくるから、すばやい構えで次のボールに備えよう。
できたら、コーチがローボレーするようなちょっと返しにくいボールを打とう。
そして浮いたボールをバックへガツーンと打つっ!!

っていうのがわたくしの描いているコーチとのボレーストローク(笑)。
実際はこんな展開にはなってませんっ(笑)!

「フォアのボールを返すとき、右足へぐっと体重をのせてからスイングすること。」
「ストロークが続くと、ボールをちゃんと見ていないので顔が上がってる。」
などが本日の指摘事項。(←実は何度も言われている)

並行陣でのゲーム練習では、「センターへのボールの配給」の重要さをアドバイスされた。
「超超アングルでの決めショットを一発打つよりも、まずセンターに返した後であれば余裕で決めのショットが打てる。」とか、
「センターにボールを返せば、そのボールを打った人のサイドが空くわけで、次のボールでサイドに決めることができる。」とか・・・。

アプローチショットから前につめて並行陣となったときの攻めは、
「アプローチショットは深く」
「次に返ってきたボレーも深く」
深く深く返すことが重要、浅くなってしまうと前につめられて叩かれてしまう。

などなど試合で活かせる充実した内容でございました。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:33| Comment(5) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

シン隊長レッスン:ハイボレー

わたくしとしたことが1週間ぶりのレッスンです(笑)。

さてと、本日はハイボレー(もち、フォアとバック)。
当然バックの方が難しいです、なんせ力が入りませんから・・・。

<ポイント>
1)ラケットのセット(かまえ)時、グリップを強く握らない(余分な力を入れないってこと)。
2)ボールはラケット面にフラットにあてる。
3)速さよりもコントロール。確実に狙ったところに返すこと。
4)肩を中心にしてスイング。手首だけのスイングはNG。

ですかね〜。

<コーチとの練習>
コーチがストローカー、わたくしボレーヤー。
まずコーチがわたくしにハイバックボレーを打てるようなボールを出す。
その後フリーになるが、ハイバックボレーを打った後はローボーレーを狙われやすいので、コーチはそのとおりローボレーを打ってくる。
ハイボレー、ローボレーのコンビネーションで攻めてくるわけ(笑)。
ハイボレーではさっきあげたポイントを頭に入れて返し、ローボレーの場合には、ボールをより前で捉えるように意識する。前に捉えることができれば自然とラケット面も上を向くのでネットしない。頭が下がってボレーしようとすると、打点も遅れラケット面も下に向いてしまう。
↑これ、コーチのアドバイスね。
ハイボレーも難しいけれど、ローボレーも難しいわ〜。
上下に振られると構えも遅くなるしね(苦笑)。
わたくしのローボレーのネットが多くてラリーがあんまり続かなかった。

<ハイボレーを取り入れたダブルス練習>
ハイバックボレーを逆クロスに返すのが難しいね〜。
右肩を入れてからだの向きを打つ方向へ。

<最後にゲーム練習>
いちおう書いときます。
わたくしがバックサイドの前衛のとき、シン隊長にストレート抜かれました(泣)。
アウトやろ〜と思ったのに、外から入ってきましてん(苦笑)。
これでeven?
いやいや、全然わたくしのほうがべこべこにやられてますから(笑)。
おまけにこの後、わたくしフォアサイド前衛のとき、今度はNさんにストレート抜かれた。
本日2度め!!

や〜な終わり方(気分悪)!!

さらばっ

posted by ドロシャン at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

あまりにもかわいくって

買ってしまいました(笑)。
P1000217.JPG P1000215.JPG

これはi-podのアクセサリとして売っているもので、イアホンコードをかわいくまとめるもの。
P1000224.JPG P1000219.JPG
口の中にイヤホンを入れるのがなんか愛らしいではないですか!
いや〜、なかなかかわゆいな〜と思ってしまい、ネットで衝動買い(笑)。

その他の使い方として、
チェーンがついてるから、キーホルダーにいいかも・・・。
(ちょっとかさばるか)
あと、手の中でにぎにぎしてつぼマッサージ(笑)。
それと、ひまなときのおもちゃ(笑)。

両端をぎゅ〜って押すと、口が大きく開く。
それを見てると、自分の口も開いたりなんかする(笑)。
癒し系ですな。

さらばっ

(おまけ)
ホームページは、こちらです。→TUNEWEAR

posted by ドロシャン at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つらつらと思うことを・・・

実は先月デジカメを買った。
PanasonicのDMC-FX9、あゆがCMしているやつです。
前使っていたCanonのIXYよりは断然軽いし、薄い。

せっかく新しいデジカメを買っても、取説をほとんど読まないので機能がいまひとつわからない。
「取説読むより体で覚える」派・・・ですわ、わたくし(笑)。

よっぽど操作に困ったときに、そこで取説をやおら取り出して読んだりするが、それがどうも今なんだな(笑)・・・。

と言うのは、撮影していてもいまひとつピントがうまく合わない。
手振れ防止機能がついているらしいが、「ぶれてる」とデジカメが判断すると、連続撮影モードになったりと、さっぱりわけがわからない。(←いや、これすら勘違いかもしれない)
だったら、取説を読めばいいわけで(笑)。
(それでもまだ読んでませんけど・・)

そんなわけで、まあ、なにが言いたいかと申しますと、
「取説は読もうよ」と。
「一通りの機能はわかっとこうよ。」と。

ちょっと話はそれますが、デジカメの撮影も撮影者のセンスってでますな。
わたくし、センスないです(笑)。
画像・・・もひとつです。
勘弁してください。
こればっかりは、短期で身につくものでもないようです(笑)。

ほんとは画像をもっと大きくアップしたい。
これはブログの達人ceriseに詳細を伝授してもらうことにしよう。


posted by ドロシャン at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

筋トレ用ツール購入

この前の日曜日のレッスン後に、シン隊長に筋トレメニューをおしえてもらった。
下半身(パワー系)、下半身(スピード系)、それと腹筋(上・中・下部)、背筋。
シン隊長のデモンストレーションをしっかりデジカメで動画撮影。

「これをやったらあなたもシャラポワになれる(笑)!」と。

で、そのメニューの中で、「この動きを60秒」とか、「この動きを○回」とかあるわけ。
(注)しんどかったらやめる、無理はしないこと。
それと、48時間間隔で行うこと。
しかし、○秒と言われるときっちり○秒やりたいのがわたくしの性格。
秒を計るいいものがわが家にはない・・・

買わねば・・・。

MUJIに行こう・・・。

本日「キッチンタイマー」を購入。
キッチンでは使いません、筋トレ用です(笑)。
P1000206.JPG
(最大99分99秒までタイマーできる、そして裏はマグネットになっている。)

これですべて揃ったわけだ。
筋トレメニュー・・・OK
タイマー・・・OK

んじゃ、実践は明日から(笑)・・・。

あはっ、さらば〜っ(笑)




posted by ドロシャン at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

裏ワザ?!

わたくしは普段ハードコンタクトレンズを使用している。
ほとんど1日装着しているのと、仕事でPCの画面を凝視しているので度は1.0と比較的ゆるい。

その状態でテニスに望むと、どうもボールが見づらい。
夜のレッスンは特に見づらい、鳥目か?

ということで、テニス用に1-DAY ACUVUEを買った。度もちゃんと上げてもらった。
視力1.2の世界を体感(満足)!
見えます。もう、何でも見えます!

その後、最近1-DAY ACUVUE MOISTなるものが発売され、「より潤うならそちらを!」とばかりに半年分をまとめ買い。
確かに潤ってる、普通の1-DAY ACUVUEを使っていたときに感じた渇きがほとんどない。

でも、最近なんだかぼやける感じがする。
ちょっとピントがあってない・・・。

眼科の先生が確かこんなことをおっしゃっていた。
「1-DAYには、眼球のカーブにあわせて複数サイズがありますが、今のところ1-DAY ACUVUE MOISTは1種類だけです。でも眼球のカーブを見る限りではこのサイズでも問題はありません。」ということだった。
でも、遠くを見るときなんか特にぼやけるな〜っという印象。
普段は見えてるんですよ、PCの画面見ててもも問題ないしね。

でも、なんでかな〜と自分なりに考えてみた。
潤いすぎて眼球の上でレンズが遊んでいるのか・・・?

たまたま、たまたまですよ。
目をぎゅ〜っと瞑って、ぱっと開けたとき・・・
CLEARでした、ぼやけがなかった(笑)。
なんだ〜
じゃ、ちょっとなんかぼやけるな〜ってときは、ぎゅ〜って目を閉じたらいいんだ〜!!
と、発見したわけです。(眼球のカーブと微妙にあっていなかったのかも・・・)

裏ワザに近くないですか?

・・・・・

すみません、ほんと地味なお話でした。

さらばっ
posted by ドロシャン at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

<DIADORA>HIDDEN POWER

<DIADORA>HIDDEN POWER、うちにそんなものが届いた。
聞けば、夫がnetでオーダーしたと言うではないか。

DIADORAのホームページを見てもこのHIDDEN POWERについて細かな説明がなかったので、ここでちょっと載せておこうか・・・。

□PERFORMANCE(性能)
目的は数百分の一秒を縮める、或いは数センチメートルを稼ぐことを可能にするテクニカル・アンダーウエアをデザインすること。
体の筋肉束の流れに沿った制御された圧縮の累進的なラインは、収縮することなく、包み込む効果を通じて、最もストレスの高い部分への的確なサポートを確実なものにする。

□MOISTURE MANAGEMNET(湿気の管理)
目的は快適性を与えると共に、皮膚がその機能をすべて駆使できるようなボディにすること。
皮膚に触れると、吸汗性ポリプロピレン繊維が湿気と汗を追放し、エラストマーが圧縮と弾性の反発を通じて移動を早め、さらにナイロン・マクロファイバーが瞬時の蒸発を確実なものにする。

□COMFORT(快適性)
目的は、全てのスポーツ活動の基本となる「アスリート・システム」のバランスを達成し、尚且つそれを保つこと。

とからしい。
こんなものを買うなんて、うちの夫はいつからアスリートになったんだ(笑)?
単なる防寒用だったら怒るぞ〜!!

しかし、わたくし、たまたま商品といっしょに入っていたFRANCESCO TOTTIのポスターが気に入ってしまいまして、今、部屋に貼ってます(笑)。↓

P1000194.JPG

かっこいいね〜!!


posted by ドロシャン at 20:12| Comment(2) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

シン隊長レッスン:逆クロス方向へのボレー

(フォアの逆クロスボレー)べちゃっ・・・。
(バックの逆クロスボレー)また、べちゃっ・・・。

うまくボールがラケット面にあたらない(泣)。

<理由1>
インパクトが前過ぎ。
ストレートや順クロスボレーの打点よりも後ろでボールを捉えるようにする。
足の運びも重要。1.2で足の位置を決めてからだの向きを変えていく。

<理由2>
ボールとの距離が近過ぎ。
特にバックが近い!近い!近い!(←何回コーチに指摘されただろっか〜?)
近いと力が入らない、っていうか、逆に変な力が入ってラケット面にボールがあたってもうまくコートに返らない。
ちょっと遠いかなってくらいの距離で肩の力をぬいてラケットをス〜ッと運ぶと・・・、
なんのことはない、きれいに返せるじゃないか〜(嬉)!

<理由3>
ラケットを上から下へ極端に切り過ぎ。
やや弓なりの深いボレーを返すために、ラケットを気持ち上から下前方へ運ぶようなスイングをするとややスライス気味になってボールが返っていく。

<その他>
何度かボレーしていくと、どうもフォアなら左肩、バックなら右肩を打つ方向に前に押し出すようなイメージで打つとなんかよい感じだったな〜。
クロスのボレー&ストロークの練習でストローカーになってクロスへの球出しが難しかった。
ボレーヤーのポジションは、サービスラインの1歩前なのでそのあたりにいい高さでボールを出すのが結構わたくしへただった、すみません。

<使いどころ>
この逆クロスのボレーは、試合では相手前衛の足元にねらえたら最高。
ゲーム練習でも相手の後衛が打ったボールをボレーすると、必ずと言っていいほど、来たところ(つまり相手後衛がいる場所)に返してしまう。
「また、いるとこ返して〜。」なんてことをよく言われる。
ボレーは前でボールをとらえるってことを意識しすぎかもしれない。
「多少ボールを呼び込んで、足とからだを逆クロス方向へ作ってボレーする。」と、きれいに相手前衛へボールが飛んでいく・・・はず。

また、並行陣対雁行陣の並行陣側では、相手後衛に深いボレー(順and逆クロス)を返すようにしよう。

<コーチのアドバイス>
「普段順クロス方向へ打つボレーが多い。
例えば、フォア側の前衛にいたとき、センターに来たボールを順クロスへバックボレーすると、右サイドががらあきになるので、ストレートをねらわれやすい。
そういったときに、逆クロスへボールをかえすことができると、自分たちの陣形を崩さずに有利に試合を運ぶことができる。」

このボレー、しっかり打てるようにしようっと。

さらばっ


posted by ドロシャン at 21:11| Comment(3) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

ブログのカスタマイズも楽しいけれど・・・(続編)

1月4日にブログが変になった後遺症が実はいまも残っている。

新しいコンテンツを左サイドバー追加すると、メインの記事が左サイドバーに移動してしまう。
だから、「links」というコンテンツを追加できないでいる。
今までリンクはってたもの、これからリンクをはろうと思っているものがはれない状況。

またいじりすぎて変になったらやだしな・・・。
解決策が見つかるまでしばらくこのままということで。

さらばっ
posted by ドロシャン at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:すばやい構え

お正月休みでテニスをするのがしばらくぶりの人、
わたくしのように昨晩テニスをしていつものペースに戻りつつある人、
など、さまざまであることもあって、今日のレッスンは無理のないゆっくりめのリズム。

コーチからのアドバイスは、かまえを早くすること。
ゲーム練習で、前衛はボレーを打ったらすばやく構えて次のボールを打つ体勢を整えておくこと。
それと、前衛は一歩前に足を出すことを意識すること。一歩下がってボールを打つと、体勢も崩れてしっかりしたボールが打てない。
とかですかね。

今日のブログでなにが書きたかったて、それはこれから書くこと。↓

その1:褒められた(自慢)
コーチとのボレーストロークでわたくしストローカー。
いつもよりもミスが少なく、いい感じでラリーができた。
でも何回かミスが続くと、コーチからアドバイス。
「体重がつま先にかかりすぎていて、軸が安定していないです。もう少しかかとに重心を置いてみてください。そうすると、軸が今よりしっかりできます。」
(わたくし)「ふむ、そうか・・・。」
その後かかと重心を意識。
最後に、
(コーチ)「だいぶためができてきましたね〜」
(わたくし)「ほんまですか〜!!」(←表情以上に実はうれしかった)
(コーチ)「うん、だいぶよ〜なってますよ〜」

どうよっ!、こういうことはやはりブログに残して自分に自信をつけとかないとね。

その2:ゲーム練習でシン隊長のストレートを抜いた。(再び自慢)
こんなこと、そう何度もあるもんじゃない。だから、こちらもブログに書いとかなくっちゃ。
実は、最初はわたくしが前衛にいたとき、コーチにストレートを抜かれたのだ。
いつものように「ほれ、ストレート行くよ〜っ」て感じで、ゆるいボールだった。
このときわたくしはセンターに動いちゃったんだな〜、だってそっちにボールがくると思ったんだもの。
その後、サービスが変わって、わたくしがリターン側後衛でコーチが相手コートサーブ側前衛ですわ。
1発目をガツ〜ンとコーチの左サイドに鮮やかにストレート抜いちゃいました(笑)。
これは、わたくしねらってました。
普段、まりもから「ゲームで最初はストレートに打って相手をけん制すべし。」ってことをおしえられていたからね。
気持ちよかった〜、す〜っとした(笑)。
対照的にコーチはくやしそうだった。
(わたくし)「シン隊長、油断しちゃ〜いけませんよ。そっちのサイドは前衛がケアしないとね〜。」(←わたくしの心の声)

次に、わたくしリターン側前衛とコーチがサービス側前衛。
さっきストレートを抜かれたコーチはかなり熱くなってる(笑)。
なんとコーチはポーチボレーに出て挑んできた。
がしかし、ネットミス。お〜ほほほっ。
(わたくし)「シン隊長、甘いな。わたくしの動きが目に入ったのかな。ラケットの面ができてないよ〜。あ、もしかして構えが遅かった(笑)?」(←決して声に出しては言えないわたくしの心の声)

楽しいレッスンでした。

さらばっ




posted by ドロシャン at 15:12| Comment(3) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早くも来年のおせちで盛り上がる

元旦におせち料理をいただいているときに、早くも「来年のおせちはどうするんだ。」という話題になった。

今回2度目となる名前を言えないお店のおせちを来年も継続するかどうか・・・など、おせちを食べながら来年に向けての策を練ることとなった。

(わたくし)「このおせちも2回目となると、どうも新鮮味に欠けるよね。味は期待通りおいしいよ、でもね、定番ものがあると前年と同じになるわけでマンネリ感は否定できないよね。」
みんな、確かにうなずく。

(わたくし)「はずぜないメニューもあると思うねんね、のりのり(義理の妹)が作ったこの豚肉のローストはおいしいから来年も食べたいよね〜。」
(のりのり)「(満足そうな顔で)うん、そうね。」(←小姑のハートをゲット!)
(わたくし)「それに、ママが作ったこのくわいとゆりねとお煮しめとなますは絶対いるよね〜。」
(義理の母)「そう〜?」とこちらも満足そう。(←ここでも姑のハートをわしずかみ)

(わたくし)「そうなると、やっぱりこれとこれはいらないかも。」とお店で買った伊達巻と昆布巻きをおはしでちょちょっと指したりなんかしてみる。
(義理の母とのりのり)「そのようね〜」と納得。
みんな市販のおせちには手をつけない。

ブログを書きながら冷静に見てみると、この会話の中には嫁(←いちおうわたくし)などいない。
口の達者な娘がもう一人追加された感じの雰囲気が漂ってませんか?
いいのか悪いのかわかりませんが、言いたい放題でこんな感じでうちはうまくいっています(笑)。

結局、この1年でおいしいお店を新規開拓して12月ごろに再びおせちをどうするか考えましょうと言うことになった。
来年もよいお正月が迎えることができるよう今年精一杯がんばりましょう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遅ればせながら本日初打ちです。

サニー隊長のレッスンが初打ちとなりました。

ま、お休み明けと言うことで本日はリハビリレッスンです。
あまり無理せずにからだを動かし、本来のフットワークでテニスができるようにしましょう的なもので、普段のレッスンからするとぬるぬる(←軽めの)の内容です。
いきなり動いてけがをしては大変と言う配慮からです。

確かに・・・。
テニスをするときでもケガには十分に注意しましょう。

話は変わりますが、
いちおう年頭にサニー隊長に言っておいた。
「今年は、美しいフォームでテニスがしたいんです。」と。
すると、サニー隊長は、こうおっしゃった。
「それじゃ、リズムを大切にしてください。自然にリズムがとれていればフォームもおのずと美しくなります。」と。
その後、リズムの話から音楽を頭に思い浮べながらテニスをするのもいいですよということになっていろいろ説明してくれた。「演歌はちょっと・・・ですけど、バラードとかのリズムでうまく打てたらいいですよ。もしも、試合をしていて相手がアップテンポのリズムで打ってきても、ロブとかあげてバラード的リズムで崩されると相手は自滅しますからね〜。」なんてことをおっしゃる。
言っときますけど、今年はおばテニのロブロブ作戦には負けない!
強打の誘惑に負けることなく、我慢のテニスをするんだい。

今年のスローガンは「リズム」としよう。

あ〜、やっぱりサニー隊長っていいわ。
この金曜日枠ははずせない、ここでうんとうんといろんなことを教わっておこう。
そうすれば、試合にバンバン勝てる充実した日々が訪れるのだっ!!
(テンション高っ)

さらばっ



posted by ドロシャン at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キット買いに失敗(泣)

今年の冬のバーゲンは出遅れて結局一切出かけず、いつになく地味なお正月。
去年は、義理の妹と2日に開店前の百貨店に並んでいろいろゲットした。
この開店前に並ぶというのがちょっとこっぱずかしかったけれど、2回もすると平気になる(笑)。
そして、体力を消耗した後にランチを食し、嬉々としておうちに帰るのが定番となっていた。
しかし、今年は実家に帰ったため、バーゲン行きは中止。
「バーゲンは初日が勝負!」の持論のわたくしとしては、初日に行かなかったらもう行かない。初日でなければならないのですよ、バーゲンは!!

そんな中、今回一つだけ目をつけていた。
化粧品の美肌キット(笑)。(←バーゲンとは関係ないですけどね)
わたくしの御用達ブランド、ヘレナ・ルビンスタインの「カラークロンパーフェクト美肌キット」。
自宅に送られてきたはがきによると、「発売2周年を迎えたカラークロンに、ルースパウダーのミニサイズ、ルースパウダーを携帯できるゴージャスなケースをセット。」と書かれてある。
なにがほしいって、わたくしこのルースパウダーのミニサイズがほしい。
金色でとってもゴージャス、薄型だから場所をとらない。
普段ルースパウダーの現品サイズを持ち歩いているのでかさばるのが難点だった、これでそれも解消できるではないか、メイクアップベースもちょうどなくなりかけだし・・・。

というわけで、今日会社の帰りに行きつけの阪急百貨店梅田店のヘレナのお店へ。
「新しく出たメークアップベース下さい。」と、お姉さんに声をかける。
「はい、ではこちらへ。」
なんてことで、白いいすに座り、一通り商品の説明を受け、パッケージを開けて
「こちらの商品となります。」というお姉さんの言葉の後に、
「これはキットでルースパウダーがつくやつですよね?」となにげに確認。
「あ、あれはカラークロンのファンデーションになります。こちらは、シアークロンというメークアップベースでキットの対象外なんです〜。」と・・・・、カウンターのお姉さんが言う(泣)。
が〜〜ん、この商品じゃないの〜!!

「クロン」がつくから、同じものと勘違いしてしまったようだ。
く〜、どうしよう。
いらないって言えないし(泣)。

・・・・・・・・・・・・・・

メークアップベースはもうなくなりそうだから、いるし〜。
涙をのんでメークアップベース現品だけ買って帰りました。

あのルースパウダー、ほしかったな〜。

(おまけ)
P1000168.JPG
右が今日買ったメークアップベース。左がお勧めの化粧水。
暖房で乾燥するオフィスでも顔がつっぱらない。肌の真皮にまで深〜く浸み込んでいく最高傑作。これはお勧めです。

★郵便振替・銀行振込で更に5%OFF!★[ヘレナルビンスタイン]ライフ リチュアルファーミングロ... ★代引手数料無料★ヘレナルビンスタインシアークロン#01 30ml(下地) ←クリックすると楽天へ。

posted by ドロシャン at 00:12| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

リッツカールトンホテルのチョコに感動!

今日会社の他部署のはまちゃんがチョコレートを買ってきてくれた。
ceriseと同じ部署のエンジニアさんだ。

そのチョコは、1個400円もする(驚)。
グリコや森永の板チョコじゃないよっ、一粒が400円なのっ・・・。↓
P1000160.JPGP1000161.JPG

あのリッツカールトンホテルで売っているチョコレート!
茶色の箱も高級感あふれ、箱だけで200円するらしい(笑)。
そして、1個400円のチョコが、1.2.3.4.5.6.7.8、8個でしめて3,200円也。

しかし、これで終わらない・・・。↓
P1000162.JPG
ざんっ!!そう、上下2段重ねですねん(笑)。しめて、6,400円(驚)。

さっそく、いつものようにスペックを見る(笑)。
前回はこちら→CLUB HARIE
今回の計測値は、縦3cm、横3cm、高さ1cmと確認(笑)。
ん〜、十分な大きさだっ。(←なにが?)

味は8種類。
オレンジ、コーヒー、シャンパン、アールグレイ、ピュアチョコ、ビター・・・
あとなんだっけ、あかん、思い出されへん(泣)、とにかく8種類。

「半分にカットする?」とceriseが提案。
「うん、そうしよう。」とみな同意。
思いはひとつ、「いろんな味を試したい。」のさ。
それに、他の女の子たちにも声かけるからね。

「もう半分にカットする?」と再びceriseが提案。
「うん、そうしよう。」と再びみな同意。
思いはひとつ、「太らない範囲でよりいろんな味を試したい(笑)。」のさ。

そしてわたくし1個のチョコをそれぞれ十字にカット。

「おいすぃ〜〜!!」
上質なカカオを使用しているので、当然のことながら味がワンランク上(笑)。
シャンパン味は、あのシャンパンを飲んだときのように口の中で泡が広がるよう。
アールグレイは、あの紅茶の香りが鼻からす〜っと抜けて、豊かな香りに包まれる。
コーヒーは、チョコの甘さとコーヒーの香りとほろ苦さが絶妙にマッチしてgood。
っていう感じで、どれも最高〜!!

リッツのチョコで盛り上がった一日でした。
はまちゃん、ごちそうさま。

posted by ドロシャン at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

なんとかならない?

1日のお仕事時間(残業なしで):7.5時間(←やれやれ)
1日の通勤時間(往復):2.25時間(←結構遠いんだっ)
1日の爆睡時間(平均):5.5時間(←貴重よね〜)
1日の栄養補給時間(食事):2時間(←重要)
と、計算すると1日の残りの時間は、6.75時間。
この残り6.75時間で「家事をする・テレビを見る・お風呂に入る・ぼ〜っとする」となる。

週2回、いや、へたすると週3回、レッスンに行くときもあるが、それも1.5時間×2or3。
しれてる・・・。
土日友人たちとテニス、それも2時間か、3時間。
しれてる・・・。

つまり、なにが言いたいのかと申しますと、
「1週間のうちでテニスをしている時間って、こんなちょっぴりなんだ!」と。(←落胆)
「わたくしはもっとテニスがしたいんだ!」と。(←お叫び)

練習量が少なければおのずと上達するスピードも遅いっしょ?
それは困るのですよ。

さて、この問題をどう克服するか・・・。
悩ましいな〜。
今年はまりもと目標をかかげているのに・・・。

その1:中級クラスへステップアップ(笑)。(←無理かも)
その2:試合で好成績を残す(例えば、予選リーグ2位通過とか。オープントーナメントでいいところまで残るとか。)(←これも無理か・・・)

目標なので(笑)・・・。
でも、今年はかなりやる気モードではある。

だから、だから〜、もっとテニスができるようになんとかしないと〜〜!!(←ストレス爆発)

・・・・・・・・・・・・・

うだうだ書くより、明日レッスン行こうっと。
なんか今週末は、か、寒波襲来らしい。
夜もきっと寒いだろうな・・・。(←弱気)

posted by ドロシャン at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

ブログのカスタマイズも楽しいけれど・・・

この年末年始は、暇にまかせてブログをカスタマイズしていた。
まず最初に着手しなければならなかったところは、カテゴリのツリー化。
なんせ、カテゴリが多いもので、非常に見づらかった。
で、よそさまのブログを参考にさせていただいてなんとか成功。
ツリー化に加えて記事数も( )で表示した。

次にカレンダーの横一列化とナビゲーションツールバーの設置。
「a drop in the ocean」の下にあるやつですな。
これもありがちなカスタマイズなのですが、使ってみるとなかなかよいではないか。

しかし、ナビゲーションツールバーに「カテゴリ」をいれると、左サイドバーでツリー化しているため、表示が変にでる。↓
Tennis lesson>シン隊長
Tennis lesson>サニー隊長
Tennis lesson>ミリカ隊長

うざいではないか・・・。

じゃもういい、ナビゲーションツールバーには「カテゴリ」は入れるのやめだ。
それと、細かなタイトルをちょっといじりましょ・・・。

と、今日の朝8時ぐらいから始めたのはいいのだが、なんだか途中でブログがたいへんなことになってしまった。
メインの記事が左サイドバーに行っちゃう(泣)。
どれだけソースをいじってみても直らない(泣)。

Ohhhhhhhh!!

ブログをカスタマイズするのって結構楽しいのですよ。
小さな苗から水をかかさずやって、ようやく青々としたりっぱな観葉植物に育ちました的プロセスを経ているようでなんだか愛おしい。
それが、一瞬にしてその青々としていた葉っぱが真っ茶色に変色してしまったような今の現実・・・。

Ohhhhhhhh!!(どう考えても悲しすぎる・・・)

はて、どうしたものか・・・。

選択したのはコレ→涙をのんですべてを初期化(号泣)。
ここ数ヶ月少しずつカスタマイズした部分も、この年末年始がんばった部分も、「コンテンツを初期化」なんてボタンをクリックしちゃえばすべて、ぱあ・・・。
むごいねっ、ほんとむごい。

もうブログやめるか・・・、って気持ちにまでなった。

いや、ここでもうひとがんばり。
ひとつひとつまたカスタマイズしよう。
これでもだめだったら、もうやめだっ。

悪戦苦闘すること4時間。
ようやくここまで復旧できました(安堵)。
本来ならば、カテゴリの新着には「new!」ってマークがはためくのだが、今はもうだめ。
余力がない・・・。

おかげで本日初打ちのレッスンに行けなかったわ(泣)。

やれやれ

posted by ドロシャン at 14:44| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

おせち料理

年末に食べに行ったお店で注文したおせち料理。

せっかくなのでブログに残しておこう。

一の重
P1000138.JPG

P1000141.JPGP1000142.JPGP1000143.JPG

・寒ブリのスモーク
・骨付き鴨モモ肉のコンフィー
・鰆でみそクリーム焼
・活しらさ海老の洋風うま煮
・和牛とうがらし肉のローストビーフ
・加太産地ダコのトマト煮
・紅白カマボコ
・ハリイカと竹の子木の芽ソース
・帆立貝とチーズのゴマ団子

二の重
P1000139.JPGP1000153.JPGP1000144.JPG

・カニ身と金時芋のキッシュ
・黒豚やわらかチリソース煮
・地鶏と野菜でパテ風
・祝い鯛
・いろいろお野菜のピクルス

三の重
P1000140.JPGP1000151.JPGP1000152.JPG

・定番。牛肉のトマトシチュー
・プリプリ海老でクリームリゾットグラタン
・デザート 抹茶と黒豆のタルト

どれもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

posted by ドロシャン at 17:36| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将来が楽しみだ・・・ふふふっ

久しぶりにお正月を田舎で過ごした。
甥っ子たちに会うのも何年ぶりだろうか。同じ大阪でしかも結構近所に住んでいるのになかなか会えないのは、わたくしがテニスに忙しいせいかっ(笑)?
いやいや、今の子は遊びたいけど勉強も大変のようだ。
上の甥っ子は今年6年生、来年は中学受験だそうだ。
これからどんどん親子ともども受験地獄にはまって行くらしい。
下の甥っ子は、まだ小学3年生。
聞けば1年半ほど前からETCのジュニアのテニススクールに通ってるって言うじゃないか〜!
ETCと言えば、大阪では名門のテニススクール。
ここで芽が出れば、世界に通用するトッププレーヤーも夢じゃない・・・かも(笑)。

今はまだ小学3年生だけど、もうあと数年もすればいっぱしのジュニアプレーヤーになって今どきのスイングをして、試合では「カモ〜ン!」なんて熱く燃えたりするんだろうな〜。
いや〜、将来がとっても楽しみだ。(←おばさん、甥っ子にかなり期待!!)

でも、受験にもまれても、テニスの楽しさを忘れないでほしい。
テニスから人生を学んでほしい。
いつまでもテニスに熱い人間でいてほしい。

↓ぴちょんくんバンダナがよく似合っていたので、バックスタイルを激写(笑)。
P1000159.JPG(自分で巻きました。)

わたくしも負けないようにしっかり練習しておこ〜っと。

さらばっ

posted by ドロシャン at 16:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

A Happy New Year!

年賀.jpg

今年もよろしく!

posted by ドロシャン at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。