2006年03月31日

レッスンブランク不安症

私が勝手につけました(笑)。

火曜日:ミリカ隊長レッスンに行けなくてテニスをしていない。
金曜日:レッスンがお休みのためテニスをしていない。

日曜日以来テニスをしていないともう不安でしようがない(笑)。
明日シン隊長レッスンがあるけれど、こんなにブランクがあるとまたへたになっているんじゃないかと思うんだな〜。

たぶん、明日のレッスンでは、

まず、ストロークの打点がめちゃめちゃだろうな〜。
シングルバックハンドなんて、ラケット面にボールがしっかりあたってなくてカスあたりばっかりだろう・・・。
サーブも入らない。
ロブも追えない・・・。
ボレーのタイミングがあわずにネットを越えない。
そして、やってはいけないネットミス(泣)。

どうしよ〜、こんなんだったら・・・。
うううううっ、なんだか泣けてきた。(←うそっ)

は〜、こんな日はもう寝てしまおう。
そして明日になったら、きっといつものドロシャンになっていることを願おう・・・。

さらばっ


posted by ドロシャン at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

コソ練:筋トレ3

blank: 27days
menu: 下半身パワー系
time: 2set 4 minutes

ご無沙汰ですけど、やらないよりはまし・・・。

やはり私は下半身が弱いらしく、ストロークのときにからだがテイクバック時に浮き上がっているとコーチより何度も指摘を受けた。

腰を落とせ。
下半身の安定。

この筋トレは結構どこででもできる。
右足を一歩前に出して、両足の膝を90度に曲げる。
そして、左足を右足の横に持ってくる。
これを両足行う。

また、右足を出して、右足を左足の横に持ってくるパターンもある。
これで太ももの前と後ろの筋肉が鍛えられるらしい。

こんなんやってると、足太なるで〜!!

さらばっ

posted by ドロシャン at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

私、力コブすごいんですけど・・・

ふと鏡の前で、たまたま腕を上げたときにできた二の腕の力コブ。
こんもりとお山ができている。

「えっ!」
一瞬自分の目を疑って鏡から目を離し、じかに腕を触ってみた。
「硬いやん・・・」
「いつの間にこんなことに(泣)・・・」

でも、そもそも間違ってないですか?
テニスで腕が太くなるなんて・・・。
腕力じゃなく、腰のひねり戻しでラケットをスイングするはずですからね〜。
腕の力は必要ないはず。

そうしてないという事実を見せつけられた・・・、わけか。

やな感じ・・・。




posted by ドロシャン at 22:17| Comment(4) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

コソ練:壁打ち5.6

blank: 36days
menu: サーブ中心
time: 30 minutes

今日は早朝ランニングの予定だったが、ランニングよりもサーブと判断。
昨日のキャプ練でのサーブの絶不調を改善するためだ。

昨日のキャプ練後、まりもとしばし反省会(っていうか、私の反省会です)。
なぜ、サーブが入らないのか・・・。
まりも師匠の分析によれば、
「打ち急いでいる」
「スイングスピードが速すぎ」
「もっと大きなスイングでゆっくり打てばいい」
「ため」
「トスが安定していない」
とかね、いろいろ言われた(泣)。
どれもおっしゃるとおりで、深く反省。

だ・か・ら、今日のコソ練はサーブなわけ。

レッスン前にサーブを打っておきたかったので、12時にBTGに行ったけれど壁はあいていなかった。
しようがないので、しばらくあちこちのコートを偵察(笑)。
30分ぐらいして壁があいたので、さっそく練習。

サーブです。
ミリカ隊長にならったサーブを思い出し何球かサーブをする。
なにがいけないのか。
なにを忘れているのか。
なにが足らないのか。
自分で考えながら1球1球サーブをする。

スピン系のサーブであるという意識がうすい。
そのためトスの位置が悪い。
もっと頭の後ろぐらいに上げないと、ラケットも下から上にスイングできない。

そんなことに気づいたのは、シン隊長のレッスン5分前。
急がないと・・・。


blank: about 3 hours
menu: サーブ中心
time: about 1 hour

レッスン後、再び壁打ちコートへ。
サーブ。
レッスン前にトス位置の悪さに気づいた私ですが、何十球かサーブを打つうちに、トスを上げたときの左足に体重がしっかりとのっていないことに気づく。
体重がしっかりとのると、タメもできてインパクトのタイミングが安定するような気がする。
スイングもなるべく力を入れず、らく〜にラケットを回してボールを打つように心がけた。

途中軽くフォアとバックのストローク練習も入れたけれど、ほとんどサーブを打ち続けた。
意識しなくちゃいけないことを忘れずにサーブをすれば必ず入る。
そう信じて相当数打ち込んだ。

最後は、カウントダウンで10から始めた。
結果、まあ納得のいくサーブが打てたので、おしまい。

ところで、シン隊長のレッスン中、シン隊長じきじきにコソ練メニューのお達しがあった。
クロスステップでのスマッシュでうまく打てない私に対して、「ボールを持ってクロスステップで下がって、正面を向いてボールを返す。」っという練習。
それと、壁を相手にスマッシュを繰り返す練習。

壁を相手にスマッシュを繰り返す練習をしようと試みたが、スマッシュしたボールが次のスマッシュを打てるところに返ってこない(泣)。
だから、全然続かない。
いったいどう打てばいいんだ?
これは早々に断念。
誰かがやるのを見ていないとできないわ。

そしてボールを握ってクロスステップでさがって正面を向いてボールを投げる練習は、壁打ちコートでひとりでする勇気がありません(恥)。
ひとりでそんなことできませんぜ。

家の中じゃだめかしら?
↓スポンジボールもあるし。
P1000502.JPG

狭いけど、家でさせてください(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 18:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:サーブ、スマッシュ

サーブ
「せっかくスピン系のサーブを打っているのに、からだの開きが早すぎる。」とコーチより指摘を受ける。

スマッシュ
「スマッシュを打つとき、からだが正面を向いていない。横向きのままスイングしている。」とコーチより指摘を受ける。

スマッシュからのゲーム練習。
まだまだ動きは不十分だけど、前より早く打点に入ることができているような気がする。
あとは、前目の打点と大きなスイング。右足に体重をのせる。
からだは正面を向く。
ってとこを意識すればうまく打てるはず。

ゲーム練習のコーチ側後衛にいたとき、「高い打点でのスイングのときからだが浮いている。もっと腰を落とさないと〜。」とコーチより指摘を受ける。
高い打点のボールを腰を落として返すなんてちょっと難しいぞ〜。
でも直そう、じゃないとしっかりとしたボールが返せないもの・・・。

本日はコーチより指摘多々あり。
指摘された点をしっかりと受け止めて改善していきましょう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

キャプ練 Vol.4

前半は、スマッシュ&ボレー。
偶然にも午前中のシン隊長レッスンと同じテーマ。
スマッシュは、左足を一歩前に踏み込むことから始め、右足にぐ〜っと体重をかけた後に、スマッシュすることを意識した。
この後、アプローチショットからボレーやスマッシュへの展開になる。
Sキャプからくどく言われたことは、「相手のラケットの面、肩の入れ方などでボールを予測すること。」
しかし、その前に自分が返したボールでこういうボールが返ってくるだろうという読みが必要。
この辺はコーチからもくどく言われていることだ。

予測とそれに対するからだの動きがまだまだスムーズにできない。
相手のラケットの面、からだの動きをしっかり見るようにしよう。
予測しよう。
その予測に対する動きをちゃんとしよう。
スプリットステップをしよう。

後半はゲーム練習。
今日もいつも通りハンデなし(笑)。
そんなものほしくもない!(←いつまでも強気)

サーブがほとんどはいらないことに自分でも驚く。
午前中のシン隊長レッスンではセカンドはだいたい入っていたのに。
また忘れたか・・・。
サーブが入らないことにはゲームにならない。
苛立つ・・・。
今日も負け越し・・・。

は〜、明日は早朝走ろう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:スマッシュの足の運びとかまえ

今日のレッスンは、スマッシュ。
過去にスマッシュがテーマのレッスンを何度か受けているが、今日はまた違う角度から。

サービスラインとネットの中間での位置から、サービスライン付近までさがってスマッシュをする。
後ろにさがるとき、左足をまず一歩前に踏み出してその反動を利用して右足を後ろにさげスマッシュの打点まで下がる。
はずみをつけることによって、より早く後ろにさがることができる。
この足の運びは、ストロークやボレーのときにも使える。
また、その反動を利用すると同時にからだの向きをすばやくネットと垂直(横向き)にし、打つときは正面を向く。
ただし、あまりはやくからだを開きすぎないこと。

つぎに構え。
腰を落とし、軽い前傾姿勢。
その状態を保ったまま後ろにさがることが望ましい。
変に伸び上がったり、上半身をふらふらさせたりしてはいけない。
打点に入ったら、右足にぐっと体重をかけてスマッシュをする。
腰を落とした状態を保つことが上半身のぐらつきを防ぐことができる・・・と思う。

ローテーション練習のボレー&ボレー。
今日はみやちゃんとよくボレーが続いた。
私は、相手のフォアとバックと交互に打ち返そうと思える余裕があった。
これは、みやちゃんのボレーが私の打ちやすいところに返してくれていたからっていうのがやっぱり大きいな。
私もボレーがうまくなったんだな〜とそのとき思ったけれど、冷静にブログを書いていてそうじゃないことに今気がつきました(笑)。
もっと練習しよう。

コーチとは前半の足の運びを踏まえたスマッシュからのボレー→スマッシュ→スマッシュ→ボレーなどコーチのランダムなボールを瞬時に判断してからだを動かし、ラケットをセットし、ボールを返していく練習。
上(スマッシュ)や下(ボレー)の動きってほんと疲れる。
1回やってかなりしんどくてちょっとへたった。

どうも横を向いたままスマッシュしているようで、「正面を向いてスマッシュ〜!」と何度も言われたな〜。
できれば、コースをねらって返したいところだが、まだまだそのレベルまで辿り着けない。
強く返そうと思うからだめなんだな〜、大きなゆっくりのスイングでコースをねらえるようにしたらいいんだ。

後半は5ポイント先取のゲーム練習。
私はコーチとペアを組んで挑みました!
それがかえってプレッシャーで(笑)・・・、それでもミスもあったけどいいショットもあり、サーブはダブルフォルトはしなかった・・・はず。
ミリカサーブを再現!
(時間が経つとちょっと忘れてしまう、いけないな〜)

しかし、その後のチームでのポイントゲーム練習では、1回ダブルフォルトを・・・。
ウルトラマン貯金箱に100円入れておこうっと。

さらばっ



posted by ドロシャン at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ミリカ隊長レッスン:サーブのフォーム大改造

遅ればせながら、昨日のレッスンを本日アップ。

昨日はレギュラーさんが一人もいない(笑)。
我が家は夫と2名参加、そしてもう一人振替の人が参加。
夫はミリカレッスンは初めて。平日は帰りも遅く7時からのレッスンなんてとても行けない。
しかし、昨日は祝日だったこともあって補講チケットを使っての参加。

ミリカ隊長は、わたしが行くたびにかならず「サーブはどうですか〜?入る確率あがってますか〜?」と聞く。
私は「ん〜、入るときは入るんですが、なかなか安定しませ〜ん。」と答えるのが常。

この日のレッスンは、サーブから。
そもそもミリカ隊長は私にスピン系のサーブを勧める。
フラットよりも当然安定して入るし、そのサーブを安定して打てるようになったら、よりパワーとスピードが加わるサーブへ展開していってはどうかと言うのだ。
で、そのスピン系のサーブを打つにあたって、根本的なところで最初の構えの右足の位置が違うと指摘される。
右足をもっと後ろにセットしなければ、頭の後ろ方向へ上げるトスに対してからだがそらないと言うわけ。
確かにそうで、言われたとおりにしてみる。
構えで、その足のスタンス。
右ひざを曲げて右足に体重をのせておく。
その後、左足に体重をのせると同時に、ラケットを振り上げて「タメ」。
そしてインパクト。

このサーブのフォームは、シャラポワですわ(笑)。
あんな感じの打ち方です。
(visualもpowerも全然違いますけどね、ま、書かんでもわかってるでしょうが・・・(笑)。

実は私はモラリューのサーブが好きであんなフォームでサーブが打ちたいと思っていた。
しかし、なかなか安定しない・・・。(←そもそも全然違ってるのかも)

私はこの日腹をくくってミリカ隊長の指導に従った(笑)。
何回かサーブを繰り返すうちに、フォームとタイミングが安定してきたからかいいサーブが入りだした。
無駄な力も入らず、リラックスしながらサーブが打てたので、自分でも「この打ち方のほうが向いてるのかもしれない。」と実感。

それを見ていたミリカ隊長が、「それ!それをぜ〜ったい忘れないでくださいね〜。」と念押し。
私だって忘れたくはない(笑)。

・・・、忘れないようにしよう。

さらばっ

(おまけ)
この後、7分間のプチプライベートレッスンを一人2回受けて、私はシングルバックハンドストロークとボレーストロークをお願いした。
夫は、2回ともフォアハンドストローク。
「基礎をみっちりおしていただいた。」とご満悦。
よかった、よかった。



posted by ドロシャン at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

頭を使うテニス

日曜日、女ダブの試合に出たのんちゃんの試合後の感想だ。
「やっぱ、頭使わなあかんな〜。」と。
まったく、おっしゃるとおりです。

自分が返したこのボールでは相手はこう返してくるだろうという予測力。
相手の動きを見る観察力。
相手のボールをここに返そうという判断力。
ポイントをとるためのゲームの組み立て力。

それと自分に対する余裕が必要だな。
余裕があれば、相手の動きも見えるし、的確な判断もできる。
余裕を作るためには、正しい打点をとらえること。
正しい打点をとらえるためには、早くボールに追いつくこと。

ってことは、フットワークを鍛えろってこと?
ってことは・・・。

わかってますっ!
筋トレ&ランニングでしょっ?

えせ肉離れも治ったようだし、仕切りなおします。

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

mi adidas

−自分限定一足−
−私のシューズは渡せない−

今夏mi adidas(←サフィンかっこい〜)を作ることにした。
私は初めて、夫は2回目。

完全予約制で、一人につき約30分の時間が費やされ、サイズやウエイトバランス、フィット感などさまざまなアングルから徹底分析し、最後にカラーと素材を指定して出来上がりなんだと。

今履いているアディダスのシューズは裏面がもうツルツル。
そろそろ寿命と判断。
買い時だ(笑)。

カラーは強そうにみえるやつにしよ〜っと。
楽しみだ〜。

さらばっ


posted by ドロシャン at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

Prince O3 XF Red

今日は夫がラケットを買いたいと言うのでつきあった。
これはお誕生日のプレゼントだ。
(よかった〜、必要経費だからプレゼントとは別と言われたらどうしようかと思った〜。)(←私だったらそう言うからね(笑))

買ったラケットは、これ↓


特徴はこちら↓
Prince O3 XF Red

ラケットを替えたら、うまくなれるんじゃないかという錯覚(笑)。(←私もそうだけど・・・)

どうなんでしょうね〜。
こういうのにこだわったらきりがないもの。
生意気にも今回ガットは、バボラのナチュラル。
やりすぎちゃう?
その前にもっと練習しようよ(笑)。

へへ〜、でもこっそり借りてみようっと。
違いがわかるかな〜。(←たぶんわからないと思う)

ははっ、さらばっ

テニス365_shopping_auto_468_60_b



posted by ドロシャン at 15:53| Comment(9) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コソ練:ランニング±0

いや〜、残念だな〜。

今日もランニングしようと思ってたんですけどね〜。
先週の土曜日ランニングして以来、どうも太ももの裏側が痛い。
筋肉痛がこんなに長引くのはおかしい。

で、昨日サニー隊長にちょっと聞いてみた。
そしたら、「それはもしかしたら、軽い肉離れをおこしてるのかもしれませんね。ま、見た感じそんな風には見えませんけどねっ(笑)。」
いやいや、見た感じはそんな風には見えなくても肉離れ・・かもしれない。

いや〜、ホント残念だな〜。

サニー隊長もああ言ってることだし、今日のランニングは中止だな(笑)。

いや〜、実に残念だ(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 08:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サニー隊長レッスン:テーマは・・・

なんでしょうね〜?
なんせ、昨日は人数が異常に多くて・・・。

1)ストローク
コートの縦半面を使ってラリー。
ラインを超えたらラリーstop。
5人対5人で分かれて、最初は1対1でラリー。ミスしたらその人は交代。勝ったほうは1人コートに入って2対1で・・・、と勝てばどんどんコートに人が増えてくる。

2)ボレー
ドロップボレーのタッチをつかむ。
ネットをはさんで、ネットすぐそばからボレーボレー。
手だけのボレーにならないように、必ず足を出して30回50回続けましょうって練習。
ネットと平行に5人並んで、ボレーをしながらボールを後ろの人にパスしていく。次に一人飛ばしてボレーして、ひとつ飛ばされた人にボールを戻して、再び一人飛ばしてボレーをしていく練習。

「ボールを返して自分の次のショットを考えるのではなくて、打つときにはもう次のショットも決めたうえで返さないと〜。」
サニー隊長からのアドバイス。

次、がんばろう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 08:37| Comment(5) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ミリカ隊長レッスン:バックハンドスライス

2週間あいてしまった昨日のミリカ隊長レッスン。
レギュラーでもないのにこのブランクがなんだか後ろめたい(笑)。
今月はスライスを中心にレッスンをしているとか。
「やり〜っ!!」

さて、そのバックハンドスライス。
テイクバックはラケット面を担ぐ感じ、そしてラケットのエッジから出していってインパクト。
その後、ラケットを前に押し出してフォロースルー。
打点は前過ぎないこと、おへその辺りでボールをとらえる。
左足で打点との距離を決め、右足で踏み込む。
右足にしっかり体重をのせないと、ラケット面が早く上を向いてしまいボールが上に飛ぶ。
リズムは「1」「2」。
「1」でボールが地面をバウンド(このときテイクバック完了)、「2」でインパクト。

どうしても上から下にきるスイングになってしまって、全然だめだった〜。

コーチとのボレーストローク(私がストローカー)では、
もっとスピンをかけてストロークするように言われた。
バックのストロークでは、今日は調子が激悪だったのでシングルではやめにした。(←弱気)
それでもコーチは、「フォアのストロークの足の運びは自然にできていい打点をとらえているのに、バックになるとからだが硬直したように足が動いてない。なので大きな一歩で処理しようとしている。もう少し小刻みに足を動かして正しい打点を保てるように。」と。

バックがやなもんだから、からだが拒絶反応をしめしているのだ。(←はあ、情けなっ)

加えてコーチは、
「球出しのボールをバックで返すとき、バックで返すとあらかじめわかっているからといって、バックで構えていてはいけません。むしろフォアのグリップからバックのグリップチェンジができることに慣れましょう。」と。

ゲーム練習でも今日はボールがなんだか見えにくく、何度もきれいなスーパー空振りを披露してしまった。
いつものわたしじゃない。(←ほんとだって)

今日はちょっと気合が足らなかったかも・・・。
なんせ筋肉痛なもので(笑)。

さらばっ



posted by ドロシャン at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

bad condition

ご存知のように、私はコソ練メニューとしてランニングを始めている。
と言っても、まだ2回しか走っていないので、大きな声では言えない(笑)。
しかし、万博の外周を走っているということがちょっと自慢だったりする(笑)。
なんだかアスリート気分でかっこいいではないか。

しかし・・・

今日会社のテニス仲間に、
(私)「実は私、最近万博の外周走ってんねん。」(←自慢気)
(テニス仲間)「ほんまですか?ボクも高校のころ、部活で5周ぐらい毎日走ってましたね〜。」
(私)「(げっ)、そうなん?す、すごいね〜。」(←外周1周ぐらいじゃ全然足元にも及ばないとへこむ私・・・)
身近なところで上手を見つけてしまい、言わなきゃよかったと反省。

今日のミリカ隊長レッスン後、
(私)「kazzy、調子どうだった?」
(kazzy)「全然ですよ〜。」(←彼は土日月火と4日連続受講)
(私)「実は私さ、今万博の外周走ってんねん。で、筋肉痛で太ももの裏側がむちゃくちゃ痛いの〜。」
(kazzy)「やり過ぎちゃいますか?毎日っスか?」
(私)「ん?週1・・・。」
(kazzy)「・・・・」
言わなきゃよかった〜(泣)、週1走ったくらいでこの筋肉痛・・・。
情けないっ。

今日のレッスンでもほとんど思うように動けなくてつらかった。
自分で思っているよりも筋肉痛がひどい・・・。

木・金とレッスンに行こうと思っていたけれど、こんな状態じゃとても無理だ。
は〜。

しばらくランニングは控えるか・・・。

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:26| Comment(5) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

期待して待ってるよ!

まりもがしばらくブログの更新をお休みすると言う。
どうもいろいろ考えてのことのようだ。

たぶん彼女のことだから、
「帰ってきました〜」
「まりものブログ復活で〜す」
なんてノリで前よりもversion upして戻ってくるに違いない(笑)。

それまでじっと待つことにしよう。

そのとき・・・、なんだかすんごいsurpriseなことが起こりそう(期待)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

シン隊長レッスン:アプローチショットをスライスで打つ

フォアもバックもスライスで返すとき、グリップはボレーの握り。
前につめて軸足にしっかりと体重をのせてスイングしないとボールが浮いてしまう。
上から下への切るようなスイングをしてはいけないと何度も言われるのはそのせいか。

クロスのロングラリーから相手の短いボールをアプローチショットで前につめてボレーするという練習。
まずは、深くストロークを打つところから。
何度かつなげた後に、コーチは短いボールを打ってくる。
それをアプローチショット(できればスライスで)。
コーチが短いボールを打つ前に、コーチが前につめてきた。
なぜか?
私のボールが浅かったからだ。
なぜ浅いボールになるのか?
コーチのボールが深く、そのボールの処理がうまくできずにくるしまぎれのストロークとなってしまったからだ。
攻められてる。
いかんじゃないか。
私が前につめていくのが練習なのに。
しっかりと深くストロークを返すこと!

フォアでのアプローチショットで、グリップチェンジをなかなか意識できなくて普通に返してしまったな〜。
アプローチショットは速さよりも深さ。
コーチからもう何度となく言われている。
自分が前につめていける時間を作ることが重要。

その後のボレー。
浮きがちなボレーが多かった。打点が遅れているせいか・・・。
そしてロブ。
後ろに下がってノーバンでボレーしようか、そのままうんと後ろに走って一度バウンドさせてから返そうか悩んだ。
ノーバンを選択したら、届かなかった。
ワンバウンドを選択したら、追いつけなかった。
ロブに対する反応が遅いせいだ。
・・・(半泣)。

最後にコーチから
「ミスを減らす。試合で勝つプレーヤーは自分からミスをしない。ミスをしないためには思いっきり強打するのではなく、チャンスを待つための辛抱のショットも必要になる。」
というような心にズンとくるアドバイス。

心に刻んで次につなげよう。

さらばっ



posted by ドロシャン at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーチMGレッスン:テイクバック

ボールの動きにあわせてテイクバック。
ボールとの距離を一定に保ちながらテイクバック。

最初は、ネット手前でコーチの球出しをノーバンでストレートへ。
球出し「ス−−−−−」にあわせてテイクバック。(←ボールとラケットの距離は同じで)
そしてスイング。
「リズム」を意識する。

次にネット越しのコーチの球出しで3球をノーバンでストレート。
コーチのボールは徐々に短くなり、それにあわせて前につめていく。

来たボールのスピードと同じ速さでスイング。

同じようにショートラリーとボレーボレーでも、このタイミングを意識する。
「ス−−−−−−」ときたら、「ス−−−−−−」とテイクバック。(←うまく表現できてないかも(笑))
打ちたい打点にボールがくるまで、待つ。(←タメ)
打点にボールが来たら、スイング。

ほ〜。
よい練習だ〜。

その後、クロスラリーとボレーストローク。
「ボレーのインパクトのタイミングが早い。」と言われた。
よく言われます(反省)。
もう少しタメが必要だ。

後半は、前回やったベースラインに4人入って、3回ミスしたら抜けるという練習。
相手のボールが短くなったら、前につめてアプローチショットを打つ。
そのときペアに「前につめるよ」と声をかけて、ペアも前につめて攻撃的な展開へ持っていく。
私がフォアサイドにいたとき、相手のボールがショートしてペア(バックサイド側)の前にボールが来た。
そのボールを私が追いかけて返した。
明らかに間違っている。
コーチからそのボールは私が追いかけるボールじゃないと注意を受けた。
おっしゃるとおりです。
自分がとれるなと誤判断して、でしゃばって取りに言ってしまった。
コート内での自分の守備範囲をわかっていないからだ。
ペアに失礼な話だ、気をつけよう。

最後はサーブ&リターン。
ネットやオーバーがやや多い。トスが一定していないからか・・・。

今日もまたいいことを学んだ。
忘れずに次につなげよう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:05| Comment(3) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッスンについて思うこと

昨日まりとも今日のシン隊長レッスンで決めていた「とある約束」とは・・・。

「レッスン中は目をあわさない」
「私語は慎む」(「ナイスショット!」とかはOK)
「挨拶も目でだけ(笑)」
「へらへらしない(笑)」

なぜ、そんな約束をしたのか・・・。
「緊張感を持ってレッスンに集中するため。」

まりもも私もレッスンに通う目的は同じ。
「技術の向上」と「試合の勝利」。
その目的を達成するために足しげくレッスンに通っている。
常に緊張感を持っていれば、コーチのアドバイスも聞き漏らすまいと思う。
待ちのときにテニス以外の話をしていたら、コートでプレー中のコーチや同じスクール生のショットを見て学ぶこともできない。
つまり、私はレッスン中は自分の世界にどっぷり入っていたいと言うこと。

バナジューはまりもと私の変化にいち早く気づいたようだった。
レッスン後、「(しゃべらないということが)あんまり関係ないんじゃないの〜(笑)。」と言う。
そうかもしれないけど、結構悪くないと自分では思う。
空気が変わるもの。
ボールへの集中度合いが違うような気がするのですよね〜。

だから今後もこれは私は続けていくつもり(笑)。
だから、レッスン中は私に話しかけないでね(笑)。

ついでなので、レッスンについて思うことを少し・・・。
レッスンに通うスクール生の目的は人さまざまだけど、その割り合いはどうあれやはり「技術の向上」を目的にしていることに変わりないと思う。
コーチは、そのスクール生の「技術の向上」のためのアドバイザーだと思っている。
私たちが少しでも上達するように手助けしてくれるものだと思っている。(←性善説ですな)
だから、コーチの指導が厳しくても、それは自分のためを思ってくれているからこそだと思う。少なくとも私が受けているコーチはみなそうだ。

自分のとりやすいボールばかり打ってくれてラリーが続いてもちっともうれしくない。
厳しいところに打たれたら、そのボールをなんとかがんばって返そうと思う。
厳しいボールがとれないとき、「なんで返せないんだろう」と自分に苛立つ。
今日のシン隊長レッスンでもコーチとのラリーでは、コーチのロブを返せなくて終わった。
しかも3回中3回とも(泣)。
「なんで返せないんだろう・・・」

レッスンの中盤、みなを集めてコーチはこうアドバイスした。
(今日は、スライスでアプローチショットを打ってボレーに繋げる練習)
「ロブが取れない理由、それは前につめてきてからのポジショニングに問題があります。ネットにつめすぎるとロブを上げられます。それと「相手をよく見ること」。(コーチが)「ロブを上げますよ〜」というスイングをしてロブを上げても追いつけていませんでしたね。
やはり相手のスイングや構えをしっかり見て反応することが大切です。」と。
(ロブを返せない人は他にもいた。)

コーチはちゃんと見ている、そして的確に指導してくれる。

また、一方で受け身のレッスンだけでもダメだと思う。
言われることに慣れすぎると、自分で気づくことをしない。
自分で気づくことの大切さはサニー隊長に教わった。
この記事(ウオーミングアップでの取り組みかた)をサニー隊長が読んでいて「いいこと書いてあったね〜」と言った。
こんなのもあるよ。
自分で気づくためにもやはりレッスンでは一人の世界に入りたい。

私って「かなりまじめなスクール生」?

でもない(笑)?

さらばっ





posted by ドロシャン at 17:08| Comment(1) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

とある約束

今日午前中のシン隊長のレッスン後、まりもと遭遇。
しばし立ち話をしていたら、kazzy登場。
この前kazzyが出たBTGナイタートーナメントの男子シングルスの結果について、彼をいじりまくって気分爽快(笑)。(←性格悪っ)
二人ともこれからアイスマン隊長のレッスンに行くという。
「がんばってね〜。」と激励して愛車のバイクで帰宅。

午後にまりもから電話。
ひとしきりテニスな話で盛り上がった後、明日のシン隊長レッスンに向けて「ある約束」をかわした(笑)。

なにかって?
それは今は言えない(笑)。

シン隊長、バナジュー、気づくかしらん・・・。

答えは明日(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャプ練 Vol.3

わたくし的には3回目の参加。
今日学んだことは、「この打点で打つ!」という意識を持つこと。
「ちょっと遠いけど、いいや、こうやって打ってしまおう。」とかの適当ショットはやめましょう。
しかし、常に自分の打ちたい打点で打つなんて大変。
振り回されてもそれを意識しなければならないもの、正しい打点で打てるポジションを作らなければならないもの。
でもそれを意識すればフットワークもよくなって、守備範囲も広がるのかもしれない。
ということで納得。
「はい、意識します!」

ボレー&ストロークとサービス&リターンの練習で、Sキャプはボールを返した後すかさず「さあ、どうする?」とか、
「これはどうだ?」と問いかける。
私はその答えを自分で判断して、ボールを返さなければならない。
返したボールがミスしても、Sキャプは「その考えは間違ってない。」と応えてくれる。
こんなやりとりが「どこにどういうボールを打つか」という意識が根付くのだなあ〜と思う。

後半のゲーム練習では、3ペアで勝ち残りの試合をしたが、まりもと私ペアは常に負け負け(泣)。
堪りかねてか、Sキャプがこんなことを言う。
(Sキャプ)「じゃ、ハンディつけようか?」
(私)「いりませんっ(半怒)!」(そんなことして勝ててもおもろないっ!)
背後からまりもが
(まりも)「え〜っ、ハンディもらおうよ〜(半泣風)」
(私)「だめっ!」

結局最後まで負け負けでした〜。

次は負けませんっ!

さらばっ

(おまけ)
シン隊長レッスン、キャプ練あわせての本日のウルトラマン貯金
1,000円で勘弁してください(笑)。




posted by ドロシャン at 20:41| Comment(2) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:ロブボレー

ロブボレー、初めての練習。
相手のロブを前につめてノーバンでクロスへボレーする。
打点が高すぎると、ラケットが上から下へのスイングになってしまう。
正しい打点は、顔から胸のあたり。ラケットは前に押し出すように。(←横の動きが大切)

ロブボレーを打った後の動き。
もう一度ベースラインに戻ることもあるし、前につめてサービスラインでボレーすることもある。この2パターンも練習した。

ゲーム練習。
雁行陣のポジション(4箇所)でスタート。
コーチは、コート半面の中心サービスラインとベースラインの間ぐらいのポジションで球出しのみ。
まずコーチは、相手コートの後衛にロブを上げる。
相手コート後衛は、前につめてコーチ側後衛へクロスにロブボレーで返し、サービスラインまでつめる。コーチ側後衛はクロスに返し、相手コート前につめてきた後衛がボレー後フリー。

ここでボールが途切れたら、コーチは相手コート後衛(前につめてきたとの前提でサービスライン付近のポジション)にボレー。
相手コート後衛は、コーチ側後衛にクロス方向へボレー後フリー。
次に、コーチは相手コート前衛後方へ中ロブ。相手コート前衛はそのロブをハイボレーでコーチ側前衛のクロス方向へボレー後フリー。

最初の私のポジションは、コーチ側後衛、相手のロブボレーを返す。
相手のロブボレーがベースライン深くに返ってきたときには、後ろに下がってワンバウンドさせて返さずに、むしろノーバンで返した方がいいようだ。(←ま、これもケースバイケース)
あんまり後ろに下がりすぎて返したボールを自分のコートのネット前に落とされたらちょっととれないものな〜。
さがって返すならロブ返しだな。
追い込まれたので相手前衛の頭を越すロブを上げようとがんばったが、しょぼい中ロブとなりスマッシュで叩かれた。
もうちょっと上に上げないとだめだな〜。

次に、コーチ側前衛のポジション。
相手コート前衛のハイボレーを返す。このポジションにいて相手コート前衛にボレーを決められてしまうことが多かった。これはやはりコーチ側後衛の返すボールがあまいとボレーで決められてしまう。決めのボレーはさすがに返せない。

そして今度は、相手コート前衛のポジション。
ここでは後ろに下がってハイボレーをクロスで返さなければいけない。
バックのハイボレーは難しい。このときの打点もあまり高すぎるとスイングが上下してよろしくない。

最後に、コーチのネット越し後衛ポジション。
本日のテーマ、ロブボレーをクロスへ深く返す大切な役目(笑)。その後、前につめてボレー。途切れた後の次のコーチのボールが再びロブだったりする。
追えないじゃないですか〜(泣)。

ロブボレーからの展開。
ほほほっ、試合で使いましょう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コソ練:ランニング2

blank: 6 days
menu: running
time: 40 minutes

朝からひとっ走りしてきました(笑)。
ピーコックの交差点から万博外周入り口超えてからきっかり走り始め、おゆばへ抜ける万博外周出口を通過した途端「歩き」です(笑)。

お気づきですか?
外周完全1周してません(笑)。つまり、時計でたとえるなら、「12」のところから時計周りで走り始めて「10」のところで終わるようなもの。
ははっ、瑣末なことです、気にしない・・・(笑)。

そう、走るということが大切。
続けようという気持ちが大切。

おっと、もうこんな時間。
シン隊長レッスンに行ってきます。

さらばっ



posted by ドロシャン at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

doroshanの別の顔

左サイドバーの「links]に「doroshanの別の顔」なるブログをリンクさせています。
こちらは、わたくしドロシャンのtennis以外のネタを書き込んでいます。(←3/1からですが)
なかなか気づかないみたいです。
よろしかったらこちらもどうぞ(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

上級者レフティK

土曜日のオムニコート練習会にchikaちゃんのお友達「上級者レフティK」が再びやってきた。
今回は彼女?連れ(笑)。
彼は軟式を3年、硬式を3年やっていたとっても上手な上級者。
フォームを見ていても、余裕すら感じさせるタメがある(笑)。(←私にはない)
左利きだからサーブもややこしく曲がるし、いろんなショットを打ち分けるので、見ていてただただ「すごいな〜。」と感心するばかり・・・。
(私)「それだけ上手だと、テニスしてても楽しいでしょ〜?悩みなんてないんちゃう?」
(上級者レフティK)「いやいや〜、全然そんなことないっすよ〜。悩みだらけですよ〜。」
なんて言う(驚)。
(私)「何が悩みなん?得意なショットは何?苦手なのは?」と矢継ぎ早に質問攻め(笑)。
(上級者レフティK)「全部ですよ〜。自分からミスしちゃうんで〜。」
(私)「(ほんまか〜)え〜っ、そんなことないやん。」
上手な人にも上手なレベルで悩みってあるのね〜。

ちょっと試合待ちしている間に、ボレーボレーをいっしょにした。
もとい、していただいた(笑)。
「最初の球出しは相手のフォアへ」なので左側にまずは1球。
これはアイスマン隊長(彼もレフティ)に言われたこと。
ついつい何の考えもなしに、いつもの調子で相手のフォアに出してるつもりが左利きの人にはバック側。
これは左ききの人にはかなりの苦痛らしい。(←アイスマン隊長がそう言っていた)
この辺の配慮は私でも心得ている(笑)。
上級者レフティKからのアドバイスは、「ボールとの距離が近いですね。面を作るときにからだのポジションがもっと適切な場所にあるように」と・・・・。
(私)「はいっ!」
相手の年はいくつであれ(笑)(←たぶん20代前前半、つまりははたち過ぎってこと)、上級者のアドバイスには超素直な私(笑)。

それから、スライスについてもアドバイスをもらった。
(上級者レフティK)「ラリーとかするときの球出しもボレーのにぎりでフォアでボールを出してみる。ちょっとスライスをかけて、スイングはインパクトまでは上から下方向だが、インパクト後はラケットを前に運び目線の高さまで持って行くようにする。そうすればボールが浮くことを防げます。これを意識するとかなり違いますよ〜。」
(私)「ほ、ほんまですか〜。」(←妙にウキウキ)

さっそくやってみよう。

posted by ドロシャン at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

シン隊長レッスン:早いタイミングでのアプローチショット

早いタイミングでアプローチショットを打てば、それだけ早い展開に持っていけるので相手に考える余裕を与えないというメリットがある。
ライジングを打つ感じなので、先週のコーチMGレッスンでのラインジングでボールを返す「リズム」を思い出し、小さなテイクバックでちょっとためを作って、軸足に体重をのせてスイングし、前につめてファーストボレーしてと・・・。
ふ〜、なかなか大変だ。

相手のボールが「あ、短いな」と思ったら、すかざす前につめてアプローチショットを打てる準備をしておかないといけないな。
じゃないと、早いタイミングで打てないもの。
相手のボールが短くなるのは、その一つ前の自分のショットにある。
深いボールを返していたら、相手は返しづらくてボールもショートしがち。
自分のボールが深くかえせたら、次は短いなという予測をして動くことが大切だ。

今日の私のボレーはいつもと違って冴えていたと思う。
構えを意識した。
肩幅よりもやや広めで、前傾姿勢。
この構えだと自然と打点が前になるようだ。(←実感)
この調子だ。
苦手なボレーも数打ちゃ慣れる(笑)。

今日は朝から万博1周走ったせいで、下半身がちょっとだるくてうまく動けなかった。(←はは、体力ないね〜)
やっぱりレッスン前のランニングはやめた方がよさそうだな(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私だってバイク乗ってます(笑)

なんとか夫を説き伏せてバイクを購入。
バイクと書くと、Nコーチのようなバイクをどうも想像させてしまうようだ。
じゃないです、単なる原付です(笑)。
ほんとうならコーチのような中型バイクが乗りたいし、乗る資格(中型免許持ってます)もあるけど、さすがにもう怖い(笑)。
となると、50CCしか選択肢がなくなる(泣)。
町乗りでかっこいいベスパに乗りたいな〜と思ってた。
そんな話を会社のとある人にしたら、「なんや〜、持ってたのに〜。ついこの前じゃまやからバイク屋に持ってってもろてん〜。」とか言われる(号泣)。
ざ、残念〜!!それほしかった〜!!
それじゃ、電動バイクはどうだろうと考えた。
今乗ってる電動自転車はバッテリーがすぐなくなって、バッテリーを買い替えても同じなのでこれじゃだめだと判断。同じエコつながりでいいやん?
でもな〜、結構な値段するんですよね〜。20万超えるもの。
このお金でレッスンに何度行けるだろうと考えると、とても買えない(笑)。
ちょっと高いよ〜、もう少し普及してきたら考えようとあきらめた。
こうなってしまうと選択肢の幅もせばまり、値段であきらめたのなら値段で決めようと最安値のバイクでシンプルでデザインのよいものを探したところ・・・。

P1000370.JPG P1000369.JPG

いちおうグッドデザイン賞受賞してるしぃ(笑)〜、これに決めました。
SUZUKIのLest's4。高いタイプの4Gもあるけど、違いは盗難防止装置がついているかいないかだけ。そりゃ盗られたら困るけど、マンションのバイク置き場に置いてて「ピーピー」鳴っても3階の部屋までは聞こえないしね〜と考えてそっちはやめた。

しかし、たとえ原チャリでも今はヘルメットをかぶらないといけない。
しかも「フルフェースじゃないとだめ!」と夫が言う。
「大学時代の友人はバイクの事故で顎がぐちゃぐちゃになって、下の歯は全部インプラントにしたんだぞ〜。」と言って私を脅す(こ、こわ〜)。
仕方なくなんかたいそうだけどフルフェースにした。(←ちょっとイケてないけど、我慢)

キーロックの仕方や、U字ロックの取り付け取り外し、エンジンのかけ方とか慣れないもので時間がかかる(笑)。準備ができてもヘルメットかぶって〜手袋して〜。
あ〜、めんどくさ〜い。

アクセル加減ももひとつ微妙に慣れないし、まだちょっと怖いし、走りすぎてこけてバイクに傷がつくものやだしってんで、「ブブブブブブ〜ッ」と2.30キロでやんわり走ってます(笑)。

でもこれで行動範囲が広がってよいですね〜。

Let's4

さらばっ

(おまけ)
バイクでBTGまで行くと帰りはおのずと万博外周をぐる〜っと1周しないとダメだろうと思っていたが、バナジューにgoodな裏道をおしえてもらったのでそんな心配は無用だった。
へへへ、助かった〜。

posted by ドロシャン at 17:32| Comment(10) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コソ練:ランニング1

blank: first day
menu: running
time: 40 minutes

念願の(笑)万博1周にトライしました。
ちょろいもんです・・・と言いたいところですが、途中2度の誘惑に負けて軽く歩きました(笑)。
1度目は逆方向から歩いている人を発見、2度目は進行方向に歩いている人を発見してしまい、「そうよ、しんどかったら歩いていいんだから・・・」と自分をそそのかしてしまった(笑)。

いいリズムで走っていても途中、3回信号で足を止められ盛り下がり・・・。

しかし、1度こうして走ってみるといろいろ見直さなければならない点を発見した。
まず、ウエストポーチはいらない。
走っているとこのウエストポーチが腰の周りでグルグルまわって、i-podのイヤホンの線が私の首を絞める(笑)。
携帯はいらない。
「万が一、途中で走れない状況(捻挫するとか、事故に遭うとか)になった場合、夫に連絡をしなくちゃいけないやん。」と思ったけど、そんな必要はないな(笑)。
これらの点を改善すれば、次回はもっと快適に走れるはず。

Sキャプテン、きくりん、
万博走るときって、どっち周りで走ってます?
今日私は、車の進行方向と同じ時計周りで走ったけれど、逆周りで走ってる人に多く遭遇した。科学的に感覚的に、あと人間の本能としてこっち周りのほうがいいとかってあったら教えてください(笑)。

よし、次もがんばりましょう。

さらばっ




posted by ドロシャン at 09:52| Comment(7) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

てんちゃんが帰ってきた!

去年の11月ごろから腰を痛めてテニスから遠ざかったいたてんちゃんが、今日オムニコートの練習会に戻ってきた。
4ヶ月ぶり〜。
さぞやテニスがしたかったことでしょう。
記念にバックからのショットで撮影↓
P1000359.JPG 右から二人目がてんちゃん

さっそく軽くショートラリーから。
その後ボレーボレー、次にストロークラリーとやっていっても、てんちゃんはブランクを感じさせない。
みんなからそう言われると、「前からへたやから〜(笑)。」と謙遜。
たぶんこの4ヶ月、筋トレとイメトレに明け暮れていたはず(笑)。
テニスがしたくてもできないのってつらいよね〜。
とにかく復帰おめでとう。
これから先何十年ってテニスを続けるのだから、無理をせずにぼちぼちがんばってくださいね。
私はつっ走りますけど(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

告白

決めた、とうとう決めた。
実は仕事をやめることにした。
理由はいくつかあるが、その58%ぐらい(←中途半端)は「テニスをするため!」と豪語してもよいでしょう(笑)。
ちょうど派遣の契約が3月で満了となる。
いつもだったらここで自動更新ということで、また1年働くところだが今回は意を決して更新をお断りした。
引継ぎなどで3/末は難しそうだが、なるべく早く終わらせてテニスに打ち込みたい。
なんたって、春はテニスのトップシーズンですから(笑)。

やめてからのことを考えると、ひとりにやけてしょうがない。
でもこのまま仕事をしないわけじゃない。
いろいろ考えてはいる。
とりあえずは、テニスを!

ふふふっ、さらばっ



posted by ドロシャン at 12:29| Comment(4) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

サニー隊長レッスン:ストレートとロブの打ち分け(続編)

先週、ストレートとロブの打ち分けの練習をした。
今日はその<パターン1>の変形。
ロブを上げられたらボレーヤーはコートから抜ける。
そしてそのロブを後ろにいる人が返して、すぐに前に出てボレー・・・という、めまぐるしくポジションを入れ替えてボールを返す練習。

球出しをするストローカーの方は、ロブを上げさせられて上げるのではなくて、「このボールはロブを上げよう。」と決めてしっかりとしたフォームで攻撃的なロブをあげることができるようになることが大切。
常に「どこにどういうボールを返すかを考えて打つ」ことの意識づけの練習と思った。

相手コートの後衛でロブを待つ場合、そのボールを返してサービスラインまでつめなければならないが、自分が前につめる時間的余裕が作れるボールをまず返さなくてはならない。
その自分が返すボールのスピードや方向なんかを考えて返すようにした。
ボレーでは、苦手なロブが上がったとき、どれくらいの高さだととれそうなのかを見極めながらボールを追いかけた。

どのポジションででも実際にゲームをしているイメージでボールを返すようにした。

サーブ練習
コーチのアドバイスでは、「上半身だけをひねってサーブするのではなくて、背骨の根元、腰の中から回すイメージ」と言うのだが、なかなか理解できない。

次、がんばりましょう。

さらばっ

(おまけ1)
今日はバナジューとshukuが示し合わせてビデオカメラを持ってきていた。
目的は、フォームチェック。
「私のサーブも撮って〜。」とお願い。
自分のフォームを見ると、「え〜、こんなん〜?!」と落胆することが多い(笑)。
今日もそうかしらん・・・。

(おまけ2)
P1000351.JPG しゅわっち!本日の投入金額400円!

posted by ドロシャン at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

コソ練:筋トレ2

blank: 17days
menu: 背筋
time: 2set 4 minutes

17日ぶりですか〜、ちょっとあき過ぎですな〜。
ま、そんなこともありますよ。(←切り替えが早い)
さっそく背筋を鍛える。

四つん這いになって右手を前方に突き出し(親指を下に)、左足を後方へ伸ばし(つま先を下に)1分、その逆を1分。
これを2セットやって終了(笑)。

あの〜、これって結構バランス保つの大変です。(←チューハイ飲んじゃってるせいでしょうか?)
「床タッチ」何度もすると効果ないでしょうね〜。

次、まじめにいきましょう。

さらばっ



posted by ドロシャン at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。