2006年06月30日

キャプ練Vol.14

今日のスタートは、Sキャプとはクロスでボレーボレー、もう一方ではクロスのショートラリーから始まった。
クロスのボレーボレーでは、サイドへのボールの反応がまだ遅く返せないことが多かった。
それにそんなボールを取りに行くときほどからだは硬くなりラケットの面も思うように作れない。
ここ最近上系のボールを強打しないことをからだがようやく覚えてくれたようで、以前ほど返すことも苦にはならなっくなったが、予測がまだ遅く十分じゃない。

ショートラリーは本来、むちゃくちゃしんどいものだと昔のコーチが言ってたのを思いだす。
しっかりとボールを見てしっかりと腰をいれてスイングをすればするほどしんどいものだと。
うまくフォア側とバック側にボールを打ち分けて返したいが・・・。

次に陣形練習(並行陣対雁行陣)。
雁行陣デュースサイドからまずはクロスへのロブから始める。
返ってきたボールは、ロブを打った人の足元に沈むボールで返したい。
デュースサイド後衛は禁ストレート。
ストレートは打たないお約束なので、ネット越し前衛はチャンスを見てポーチに出る。
自分のフォアボレーのレンジを広げることがこの練習の目的。

後半はゲーム練習、その後クールダウンでサービス&リターン。

朝一降った雨も止んでキャプ練も無事終了。
ありがとうございました。

さらばっ

(おまけ)
ここのところ(10日ぐらい経つかな・・・)今いち調子が出ないわたくし。
せっかく入りだしたサーブも下降線、その上ストロークやボレーなどあらゆるショットが思うように打てないでいる。
ミスが続くと自分もへこむけど、迷惑かけてるな〜とまたずっしり沈み込む。

考えてテニスしてない?
テニスやりすぎ(笑)?
ん〜、ちょっとブラックホールに入ってしまった感じ。
気持ちもモヤモヤとしてあんまり集中できてないかも・・・。
こんなときはやっぱり走るべき(笑)?
キャプ練後、Sキャプと外周走ったらよかったかな〜。
いやいや、こんな未熟者、いっしょにランニングするなんて10年早いな。
ってことで、また一人で走ります。

posted by ドロシャン at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

KJコーチレッスン:ハーフボレー

再びKJコーチ、夜の部(笑)。
お昼と同じメニューとおもいきや、違っておりました。

まずは、軽くショートラリーの後、ボレーボレー。
次に両足をできるだけ動かさずにボールを待って待ってのボレーボレー。
十分に呼び込んでからボレーをする。

次のボレーストロークでのボレーは、さっきの呼びこんでのボレーを軽く一歩前に踏み出してボレーをするイメージ。
そしてまた、一歩下がって構える。
また、踏み込んでボレー。
前につめ過ぎると上をねらわれることを忘れないように。
常にサービスライン付近でボレー。
このときにハーフボレーで返すケースも出てくる。
ハーフボレーのラケットのタッチは、「引きはボレー、押しはストローク」という表現でコーチは説明したと思うけれど、その詳細を文章で書くのはちょっと難しい。
「入りはボレーの感じで、抜きはストロークの感じ」・・・かな(笑)。
ハーフボレーのような難しいボールも返すんやと相手に思わせることは大事とか。
だからしっかりと落ち着いてミスをせずにかえしたいところ。
最後の最後までしっかりとボールを見ないといけないな。
それと自分が返したい方向にラケット面が向いているのかを確認しつつボレーをすると。

さらばっ



posted by ドロシャン at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KJコーチレッスン:アプローチショット(クロスの中ロブ)

相手がセカンドサーブで、サーブ後前につめてこずにステイバックで守りに入った場合、リターン側後衛はそのサーブをややスライス気味に中ロブをクロス方向に上げて前につめる。

このショットは、相手のボールがさほどパワーがなくて、前衛にボールをさわられることなくゆっくりと時間を作って前に出ることができる。
深い中ロブをあげることによって、相手にそのボールを返しにくくさせる。
このふんわり返されたボールを苦手とする人は多いのでかなり有効なショット。

私なんかこういうボールはとても苦手。
ふわっとくると時間があるから余計にどう返そうか迷ってしまう。

はやいボールも当然構えが遅れてそれはそれでだめなのだけど〜。

でもおもしろいショットなので、今度ゲーム練習で使ってみよう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

シン隊長レッスン:アプローチショットからの展開(はやい攻め)

アプローチショットで前に出て、相手のリターンをボレーでクロス方向に深くまず返す練習は以前やったことがある。
この場合時として相手はこのボレーをロブで返す場合がある。
そうなるとロブケアをしなくてはいけない。

今日は別の展開でアプローチショットからのはやい攻めとして、ファーストボレーを相手前衛へストレートに返す練習。
ストレートに返したら、一歩前につめて次のボールに備える。

こういう攻め方もあるのね。

さらばっ








posted by ドロシャン at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

コソ練:トス練

昨日kakoちゃんと遊びに行ったサニー隊長のホームコートのテニスクラブでAコーチからいろいろご指導をいただいた。

前に遊びに行った時私たちのゲーム練習を日陰で見ていてくれた。
で昨日、私がサーブが入らないのが悩みだと言うと、「フォームはきれいなんだから、トスの練習をしなさい。」とアドバイスをもらった。
「トスを上げた手の位置にボールが戻ってキャッチできるように。」
つまりまっすぐにボールを上に上げることができるようになれば、サーブも入ると。

で、考えた。

まず、畳のへりをベースラインと仮定する↓。

s-P1000995.jpg

天井にそのへりと平行に真上にリボンを貼る↓。

s-P1000993.jpg

へりで普通にサーブするフォームで立ち、ひざまずいてトスを上げる練習。
(立ったままだとボールが天井にぶつかる。それと、ボールは当然のことながらスポンジボールを使用)
天井にラインを引くことで、へり(ベースライン)のどのあたり(前なのか後ろなのか、ライン上なのか)にトスが上がっているのかを確認できる。

ボールはトスして手を離した位置に戻ってキャッチできるように。

どうだ、すごいでしょ〜。

これでいつでもトスの練習ができるさっ。

さらばっ

(おまけ)
ちなみにこの和室の障子はきれいに張り替えました↓。

s-P1000996.jpg
いちおう家事もしております(笑)。


posted by ドロシャン at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G練:ゲーム練習

やっぱり2日(←「も」を強調)テニスをしないとなんだか感じがつかめない。
今日はどのショットもいまいちデキが悪く、テンションも下がりっぱなし。
7月2日にフレッシュナイタートーナメントにまりもと出る予定なので、サーブをしっかりと入れるようにしないとと気合をいつも以上に入れる。
と、これがなかなか入らない。
まりもから「ファーストが入らなかったら、セカンドはアンダーサーブでスライスをかけて相手のバックに入れるように。」と指示をもらっていたのでその練習もしてみた。
でも急にそんなことできないよ(泣)〜。
何回かやっても入らず、ダブルフォルトが続きかなり落ち込んでしまって悪循環、そしてますますファーストも入らない。
しかし今日は、サーブだけじゃなくフォアのストロークもいまいち。
のんちゃんに「力はいってんで〜。」と言われる。

kakoちゃんには、私の決めのボレーを何度も拾われ、ペアを組んだきくちゃんには彼女の前衛での挙動不審な動きに笑わされで、まったく今日の私はみんなのせいで調子が出なかったってことにさせてくださ〜い!!

さらばっ

(おまけ)
フレッシュナイタートーナメントは定員いっぱいで申込みできませんでした。
残念!!


posted by ドロシャン at 15:29| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

キャプ練Vol.13

まずは定番メニュー3対2のボレーボレー。(←これ好きなんだ〜)
今日は、Sキャプが3側アドサイドサービスラインコーナーに固定。
2側デュースサイドでのフォア、バック、2側アドサイドでのフォア、バックとSキャプから距離が離れるほどボールに角度がつくため、アドサイドバックボレーが最初の球出しでさえ反応が遅れボレーがなかなかうまく返せない。
攻めの2側では「ボールが浮いたら前につめる。」を徹底的に練習。
守りの3側センターではボールが集まりやすく、そのボールをいかに2側が返しにくボールで返すか、ボールを散らすのが難しい。
3側デュースサイドでは、ボールがアングルにくると追いつけない。
3側足元に決められたボレーをなんとかラケット面にあてて返したいところだが、私のその確率は今のところかなり低い。
まだまだだ。

次にクロスでのボレーストローク、ストローカーの球出しはロブから。
ボレーヤーをロブで後ろに下がらせて、返ってきたボールをストローカーは後ろに下がったボレーヤーのネットとのオープンコートをねらって返す。
そして攻めの展開に持っていく。
ボレーヤーの足元にボールを返した時点で、すぐに前につめる。
相手は足元にきたボールをなんとか返すわけだから、攻撃的なボールではない。そこにつけいって攻め込むと。
こんな風にボレーストロークにもストーリーがあるわけですな。
「このボールをこう返して次はこう。」と次のボールのことを考えながら今のボールを返すと。
テニスってほんと頭を使うスポーツだ。

後半はゲーム練習。
今のポイントから判断する次のポイントへの組立て。
負けているときに、リスクの大きいショットを打つことはNG。
ポイントが先行しているときには、多少の思い切りもOK。
常にポイントを意識してショットを考えて打つこと。

あっという間の2時間。
集中してると時の流れが速いこと(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:下半身を使ってボレーする

どういうことって思うでしょ?
状況的には、並行陣対並行陣でボレー戦となったときに、つなぎでストレート方向に相手前衛の足元にローボレーで返した後、そのまま前につめて次のボールを相手のオープンコートにボレーで決める。
このときのつなぎのボレーと決めのボレーの連続性を下半身の足の動きでスムーズに行う。
前に前につめていってボレーを決める。
つなぎのボレーの後、後ろに戻るのではなく後ろ足を前に運んで次のボールで攻める。

コーチとのボレー練習。
デュースサイド(←私の立ち位置)のサービスライン付近に立ち、コーチのボールをローボレーでストレートに返す。(←コーチのフォア側(センター))
これがつなぎのボレー。
このつなぎのボレーが浮いてしまうと、コーチにやすやすとボレーを決められてしまう。
(しかもこのとき「甘いよ〜。」って言葉付)
ここでしっかりとコーチの足元に返し、浮いたボールを前につめてコーチのバック側のオープンコート(サービスラインのコーナー)にボレーで決める練習。
重要なのはつなぎのボレーで、相手にとってそのボールが守りのボレーにならなくてはならない。浮いてしまって攻めのボレーになると、攻守逆転してしまう。

ゲーム練習
並行陣対並行陣。
コーチはアドサイドからネット越し前衛のサイドへボールを出す。
ネット越し前衛はそのボールをストレートのフォアボレーで返す。
コーチはそのボールを
(1)センターだったり
(2)そのままストレートの中ロブだったり
(3)クロスのアングルボレーだったり
で返し、後はフリー。
コーチの(1)(2)(3)の使い分けは、そのひとつ前のコーチのネット越し前衛のストレートボレーのできによる(笑)。
コーチの余裕があるほど、(1)→(2)→(3)となる、と思う(笑)。

このボールが途切れると、コーチはクロス方向前衛にバックボレーで返すくらいのボールを出す。
そのボールをバックでストレートにコーチ側前衛の足元をねらって返す。
後はフリー。
クロス方向からきたボールをストレートにローボレーってのは難しい。
しかもそのボールは相手足元、決して浮いちゃいけないんだから・・・。

ふ〜。
今日のレッスンは、相当集中したわ。
前衛って緊張するのよね。

さらばっ

posted by ドロシャン at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

夏のテニスウエアを考える

外テニが多いとウエアに困る。
今までそれほど外でテニスをすることがなかった。
つまり毎日のように外でテニスをしている今の状況下、紫外線と日焼けにはとことんケアしなくてはいけない。
それだけ気になるならテニスをしなきゃいいやんってことには私の場合にはならない(笑)。

adidasが好きであれこれ揃えてきたけれど、ここへきてちょっと私のニーズにあわなくなってきた。
首の日焼けをガードするためにハイネック。
腕のためには長袖、足だって長い方がいい。
メッシュとかの素材は涼しそうでいいでしょ?
でもadidasで探してもなんかちょっと違うんだな。
そんなニーズに気持ちよく答えてくれるのが、エレッセ、フィラあたり。
この前の関西レディースでもこのブランドを着ている人をよく見かけた。
やはりそれなりに理由がある。
日焼けケアのニーズにあったウエアを作っているもの。

もう、いっそ私もそっち系にしようかしら。
ただ、メッシュを着ててもメッシュに焼けちゃうらしいけど(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

G練:ゲーム練習と思ったら・・・

今日は午後から雨の予報。
「じゃ、午前中はテニスできるわね。」とその予定でいたのに・・・。
9時過ぎから早々と雨。
「アンツーカーだったらできるって〜。」とのんちゃんからメール。
多少の雨でもやる気でいるところがすごい(笑)。
もち、私だってそうさ。

「こんな天気だしさっそく始めましょうか。」とゲームを始めて6ゲームめぐらいから遠慮なしのどしゃぶりの雨(泣)。
さすがにこれではできないよ〜。
パラソルの下に集まって様子をうかがうも雨はやんでくれない。

結局、あきらめてお茶タイム。

しばらく雨の日が続くらしい。
なんだかつまらないわ〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 15:16| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

コーチMGレッスン:いろいろ

振替とかでぽつんと入ったレッスンって、なんかいまいちレッスン内容がつかめなかったりする。
シン隊長は何回かのレッスンでひと通りの流れを作っているといっていた。
今日のコーチMGはそうなのかどうかわからない。

外テニの後に続けてレッスン。
アップは十分にできている。

まずは、ストロークでグリップのにぎりを変えて返す練習。
この練習は以前も受けたことがある。
フォアの場合には、グリップチェンジがはっきりとできるが、バックの場合にはできる?
しかも今はダブルバックハンドに戻しているし・・・。
あっ、でもできるか、できるよね。
スイングがちょっと違ってくるか・・・。
そのときはよくわからなかった。
ちょっと聞き返したいところだったけれど、振替の身だししゃしゃりでるのもなんだかなと思って遠慮した・・・。

次に縦半面で、ボレーストローク。
もう半面で並行陣対雁行陣の練習。
コーチは雁行陣側前衛、並行陣側は浮いたボールをコーチめがけて思いっきり決めていいと(笑)。
ロブありなので、並行陣側でのロブケアは必須。
この練習が一番ハードでおもしろかった。
ぜ〜ぜ〜いうくらいの練習が好き(笑)。

その後は、果てしなくサービス&リターン。
以前コーチMGはストロークの安定が中級レベルでは必須と話していた。
私の場合、さほど長いラリーにならない。
強く返せば強く返ってくる。そのボールをまたうまく返せるようになれば言うことはない。
でもゆるく返してばっかりでラリーが続いてもなんかおもしろくないんです、私は。
力6分(←これができてない)で安定的にラリーができるようになりたいものだわ。

さらばっ

(おまけ)
水曜日9時40分限定のばったもんのU(中級クラス)の私ですが、このクラスでも十分いけると思うけど、うぬぼれてる(笑)?



posted by ドロシャン at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G練:ゲーム練習

わたくし思うに、お昼間振替消化のためにレッスンを受けたりしているけれど、この朝のゲーム練習がかなり身によくついているように思われる。
最初のアップでは、キャプ練でやってる3対2のボレーボレー。
これでボレーに対する反応が格段によくなった気がする。(←みんなね)
その後は、ひたすらゲーム練習。
自分のミスショットは、どこが悪かったのかは、周りのみんなが指摘してくれる。
自分以外のみんなのナイスショットを参考にできる。
ゲームをとるということに執着できる。(←みなの志が同じだから)
和気あいあい風だけど、みんな真剣だし集中してる。

これがいいでしょ?
同じ目的意識をもって練習できていることが何よりも楽しい。

一方、レギュラーのレッスンはどうだろうか?
最近また悩みだしている。
渡世人のようにお昼間のクラスを渡り歩いている(←いちおう巡業の旅)が、今いちピンとこない。
人数がやたら多いのもいやだし、レベルに差があるのもいや。
テニスがうまくなりたいという気持ちが感じられない風に見える人がいるのもいや。
みなそれぞれレッスンに通う目的が違うからしかたがないのかもしれないが、私的にはもっとレベルを上げることができるレッスンを受けたいと思う。
ゲーム感を養うためなら、友人たちとの外テニとキャプ練、試合や練習会の参加で十分培っていけると思う。
それじゃ、レッスンでは私は何を学べばいいのか?
ストロークとかの基本ショット?
プログレスレッスンで秘かにやろうとしていること?
それなら、私は金曜夜のサニー隊長のクラスに戻りたい。
人数も今は少なくなっているようだし、メンバーもいい。
へんなくせがつきかけているかもしれないショットの修正もしてもらえる。
初級クラスでいいですよ。
どうせ初中級だ、中級だっていってもレベルもさまざまだし自分の目的にあった練習ができないなら、サニー隊長のとこに行くよ。
(↑ちょっと極論ではありますが・・・)

そんな気持ちもあって、午後からみさちゃんのレギュラークラス(トーナメントクラス)を見学に行った。
中級の上ですわ。
みさちゃん他みんな確かに上手。
ここのクラスのレベルは納得がいきます。
しかも皆さん試合とかにも出ている同じ目的意識を持った人たちの集まりだ。
いいよね〜、こういうクラス。
トーナメントクラスになると、レギュラー人数も通常の8人から6人と少なくなる。
しかも隣のコートが空いていれば、2面使って練習だ。
レッスン内容も濃いよ〜。
いっそここまでのレベルに行けたらならいいけれど、今は力不足(泣)。

あ〜あ、なんだかな〜。

悩むわ〜。


posted by ドロシャン at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

どうしようか・・・

実は今ちょっと悩んでる。
明日のプログレスレッスンを申し込もうか、どうしようか・・・。
(タイムリミットは今日の夜8時)
どうせ明日も誰も申し込んではいないだろう。(←決めつけてる(笑))
っとなると、プライベートレッスンになる。
プライベートレッスンなら、こうしたいという私的企画がある↓。

それは、
「基本のショットのフォームチェック」ということで、
ショートラリー:3分
ボレーボレー:3分
ストレートラリー:3分
(ネット上1mあたりで返す練習)
クロスラリー:アドサイドとデュースサイド各3分計6分
(深いボールを返す)
ボレーストローク(ストレートで):ボレーヤーとストローカーで各3分計6分
ボレーストローク(クロスで):アドサイドとデュースサイド、ボレーヤーとストローカーで各3分計12分
サービスリターン:アドサイドとデュースサイド各3分計6分
(苦手のバックサイドを克服)
サーブ:アドサイドとデュースサイド各3分計6分
最後シングルスのゲーム練習
(途中休憩あり)
(途中コーチのアドバイスあり)
ここまでをボール1かごでやりきる。
(最後にボールを集める。)

先週コーチは、私に好きなことやっていいよって言ってくれた。
でもこの練習を「コーチいっしょにやってくださいっ。」て言ったら、きっとコーチは嫌がるさ(笑)。
だから悩んでるの(笑)。

私はやるんだったらここまでやりたいんだけどね・・・。

posted by ドロシャン at 17:40| Comment(5) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G練:ゲーム練習

暑いっ!
朝からすでに暑いっ!

日焼けを嫌って長袖長パンでがんばっていたけれど、もう限界かもしれない。
さすがに今日は半そで短パン(笑)。
日焼け止めはしっかりと入念に塗りこむ。

今日のわたくしサーブの調子がよろしい。
若干ダブルフォルトもありはしたが、余分な力を出さずなめらかなスイングで自分でも気持ちよくサーブすることができた。
この調子だ。
このスイング、この力加減、このリラックスを決して忘れてはいけない。

今日は3時間6人コース。
ちょっと休憩できるので助かる〜(笑)。

今日の私の記憶に残ったミス。
●浮いたボールを前につめきれずにボレーをネット。
ダッシュで前につめないとダメだ。
●ハイバックボレー
面が上を向いてオーバー、ハイバックボレーは難し〜。
●決めきれないボレー
コースがあまく、決めたつもりが返された(泣)。
まだあったけど、これくらいにしとく。

次回はこのミスをもっとなくそう。

さらばっ



posted by ドロシャン at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

シン隊長レッスン:からだの正面にきたボールをボレーする

今日のテーマは、その昔このブログを始めた頃に習っている。

いや〜、実になつかしいですな〜。
内容を読んでみても・・・、なんかようわかりません(笑)。

今日のコーチのアドバイスは、「足の運び」。
からだの正面にきたボールでもできたら足を一歩前に出してつめてボレーできるように。
なかなかそこまでの余裕がないのがつらいところではある。
しかも私の場合、バックでボレーしようにもからだと足の運びが十分にできなくてとっても窮屈な打ち方になってしまう。
もっとなめらかさがほしいね〜。


posted by ドロシャン at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

キャプ練Vol.12

最近3対2でのボレーボレーが私のお気に入り、
2側は攻めのボレー。
3側はセンターにSキャプが固定、その両サイドサービスラインのコーナー付近で構えてボレーを返す。
「相手のラケットの面を見ること。」
「浮いたボールをすかさず前につめて決めること。」

(Sキャプ)「1歩で動かない。その後すぐに体勢立て直せませんよ〜。」
(私)「(確かに・・・。次動けない(泣))」
常に足を動かしてるぐらいがいい。

このボレーボレーをやっていると、なんだかボレー戦での反応がよくなってきているような気がしてきている。
よいことだ。
この調子だ。
あとは上に上げられたボールを相手のラケット面を見てすぐに反応すること。
つまりはただちに必死にボールを追いかけること。

次にストレートでのボレーストローク。
クロスと違って、Sキャプは角度をつけて返さない。
だからって私(ストローカー)は決して有利にたてない。
Sキャプは、ゆ〜っくりと深〜いボールで攻めてくる。
私は後ろに下がらされ、大きくバウンドしたボールを苦し紛れに返さなくちゃいけない。
まったくやなボールだ!
それを何度も何度も打ってくる。
私がじれるのを待っている。
そして私はSキャプの術中にはまり、じれじれになってミスをする。
けっ、ちょっとムカつく(笑)。
攻められっぱなしだもの。
貴重な攻め込むチャンスがあっても、ここぞとばかりにからだが硬くなって自滅。

いつの日か形勢逆転する日が来ることを信じて、日々鍛錬!


posted by ドロシャン at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

G練:次回のマイテーマ

次回のゲーム練習でのマイテーマは、「アウトボールを見極める目を養う。」こと。

アウトボールなのにラケットを出してしまって、みすみす間単にとれるポイントをなくしてしまうことは相当もったいないこと。
特に「この1ポイント〜」ってときなどなら、かなりキツい。

「このボールはアウトだな。」と判断できる目を養おうと思う。
自分のペアが追いかけてるボールでもアウトだなと思ったら、すかさず「ウオッチ!」と声をかけよう。
そんな一声でペアは安心するものだと思う。
必死になって追いかけているボールを自分でジャッジするのはなかなか余裕がない。
そういうときこそペアがしっかりとフォローしてあげなくてはね。

そんな風に思うのも、ゲーム練習でみさちゃんがいつもそうやって声をかけてくれるから。
みさちゃんとペアを組んだとき、ラリーが続いてポイントが終わった後、「このときのボールってアウトだったかな〜。どうしようか迷ってんけどね〜。」とジェスチャー付きで私に聞く。
私はそのとき余裕がないながらも、「う〜ん、入ってたと思うよ。」とあいまいな返事をした。
「だめだな。」と思った(反省)。
そんな返事じゃいけないと思った(陳謝)。

そういうわけ。



posted by ドロシャン at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ダンロップチーム対抗 レディステニス2006

BTGで12日から行われていたダンロップチーム対抗レディステニスでIshiコーチが出ているとのkakoちゃんからの情報により、G練後Ishiコーチを探しに行った。

出会ったときには、これから決勝戦でその出番待ちだと言う。
グットタイミングだ。
とりあえず喫茶店のおろしそばで空腹を満たして、さっそく試合観戦。

まずはIshiコーチのペアから、そしてほどなく隣のコートで次のペアの試合も始まった。
強打で打ちまくりと言うよりも、やはり要所要所で緩急おりまぜてポイントをとっていくといったゲーム展開。
サーブもパワーのある速いボールと言うよりも、コースや球種の打ち分けのできたサーブだ。
なによりもボレー戦での反応の速さとコースのよさが際立っていた。
ゲームはもつれにもつれて、タイブレイク。
結局、そのタイブレイクを制したのはIshiコーチのペア。

隣のコートもタイブレイクの末に、Ishiコーチのチームが勝って優勝決定。
Ishiコーチのチームメンバーをよくよく見ると、この前の関西レディースA級の試合で見たことのある人が何人か・・・。
そりゃ強いはずだ。
ってことは、やっぱりA級ってコーチレベルってことね。
すご〜い。

ラケットでボールを思いのままに操ることができたらすごい。
時には強打、時にはちょこんとネット前にボールを落とす。
ふわ〜っとボールを上げてみたり、超アングルにスマッシュを決めてみたり。
そんなことをいとも簡単にやってみせてくれるんです。

は〜。(←ためいき)

・・・

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G練:ゲーム練習

今日は朝の10時から2時間、一番気温が上がるとき。
さすがに長パンはきついので、短くした(笑)。

本当は水曜日9時40分からレギュラーレッスンがあるけれど、気分は外テニなので欠席。
このレギュラー枠もちょっと考えないといけないな〜。
だいたい午前中にG練があることが多いので、9時40分は難しい。
別のレギュラー枠にするか・・・。

連日のお天気でアンツーカーコートもカラカラに乾いているせいか、ボールのバウンドが変わることが多い。
こんなことは試合でもありがちなこと。
それでもちゃんとボールを返さなくちゃいけないわけで、慣れとくのも必要。
いつものように3試合やったけれど、前半は足がまだ動かなくてからだが重い。
昨日のプログレスを思い出してサーブをがんばってみるが・・・。
ん〜。
トスは前めにしてみた。
でもそれだけでフラットサーブは打てない。
グリップのにぎりや足の位置など細かな部分がある。
そんなこんなをすべて踏まえてのフラットサーブ。
ん〜。
考えながら打つとなんかしっくりこない。

で、途中でトスだけ前めにして、後は今までの打ち方に変えた。
それで入ればOKかなと。
あとはセカンドを確実にいれてダブルフォルトをなくせばいい。
でもそのセカンドも(←「も」を強調)安定しないけど。

バックハンドはいい感じだ。
上体のひねりを意識すると、今までとは違うインパクトを感じる。
よし、この感じだ。
上体のひねりを忘れないように。

さらばっ

(おまけ)
いつもいつもサーブのことと、バックハンドのことばかり書いてる気がするな〜。ちょこっと前進したと思ったら、また後退(泣)。
その繰り返しだ、とほほ。


posted by ドロシャン at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

プログレス:ボレー(強弱を使い分ける)

今日のプログレスレッスンは、絶対私ひとりのはずとふんで申し込んだ(笑)。(←確信犯)
そしてねらい通り私ひとり(嬉)。

ということで、プログレスレッスンがプライベートレッスンへと移行。
私のリクエストは、「バックハンドストロークとサーブ」。
この2つのショットの調子がよろしくない。
試合でアドサイドに立つ私の場合、相手サーブのリターンがバックにきたときに返すストロークのミスが多いのだ。
スライスで返せば、ボールが浮く。
ダブルバックハンドでしっかりと返そうとすると、打点が合わずボールが飛ばない。
飛んだかと思ったら、ねらっていないアングルにいっちゃう。

そんな悲しい状況をYasuコーチに説明し、「シングルバックハンドでスライスを打ちたい」なんてことも付け加えた後、コーチは「それじゃ、まずはバックボレーから始めましょう。そのショットで上体のひねりをからだに覚えこませてから、サービスリターンへつなげていきましょう。」と説明。

●バックボレーについて
最重要ポイントは、上体のひねりと左足のタメ。
この2つのようだ。
左足にしっかりと体重をのせ、上体をひねりグリップエンドからラケットを前に。
ひねりとタメの両方がしっかりできていないと、ボールはうまく返らない。

●サービスリターンについて
基本的なところの上体のひねりと左足のタメはバックボレーと同じ。
スライスで返す場合は、ボールをからだによびこむこと。
からだに近いボール、遠いボールの打ち分け。
リターンをアングルで返す場合、上体をひねってラケットの上のエッジからスイングするイメージ。

ん〜、うまく打てたり打てなかったり。
ボールとの距離がなかなかうまくあわない。
何度も繰り返し練習するしかないな〜。

●サーブについて
サーブの基本:フラットサーブを打つ
最近サーブの球種にこだわりを持たず、上がったトスにあわせてサーブを打っている状態だった。
やはりきっちりと球種の打ち分けができるようにならないといけないのよね。
で、フラットサーブを打つなら
トスは今よりももっと前にあげる。
サーブを打った後、からだが左に流れるのは、トスを上げた左手が早く下がってしまうから。しっかりと残すように。
それと、左足にしっかりと体重をのせてタメをつくること。

忘れないようにしなくちゃ。

また、ひとりをねらってプライベートレッスンを受けよう。
次こそは、今日のテーマ「ボレー(強弱を使い分ける)」を教わらなくちゃ。

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yasuコーチレッスン:速い展開で攻め込む

「相手に余裕を与えないショットでどんどん攻め込む」
ってどんなとき?

いろいろある。
今日習ったsituationは、2つ。

(1)後衛
自分のストロークが深く相手に返ったとき、ベースラインの一歩中で構えて次のボールに備える。
相手がやっと返した浮いたロブなどは、ベースラインから後ろに下がらずにノーバウンドでロブボレーで返し、また1歩前につめる。
ノーバウンドやライジングでボールを返せば、相手はやっと返したボールがすぐに返ってきて余裕がなくなる。そこを攻め込む。

この練習として、ベースラインの1歩中でストレートラリー。
ロブなども下がってバウンドさせて返すのではなく、そのままノーバウンドで返す。
ノーバウンドのボール(足元、腰のあたり、目線の高さなど)の打ち分け。そして、チャンスを見て前につめて行く。

(2)前衛
コーチの球出しでストレートにきたボールをそのままストレートボレー、その後もう一度返ってきたボールを一歩前につめてセンターに返して決める。
1球目のボレー後、すかさず前につめること。

この練習をふまえてゲーム練習。
それぞれのポジションでどんどん前につめて攻め込む。

攻め込む。
攻め込む。

次のゲーム練習で実践してみよう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

G練:ゲーム練習

こんなにゲーム練習をしていると、「とっときたいポイント」や「ここはねばらなきゃいけないポイント」とかの最重要situationなんかがわかってきたりする(笑)。(←ようやくです)

そのsituationはいろいろだけど、そのポイントをいかにとるか・・・。
不幸にも落としてしまった後の気持ちの切り替えとかね・・・。

結構本格的風じゃないだろうか(笑)。

今日の練習目的は、「チャンスがきたら前につめて並行陣で攻めよう。」
土曜日のキャプ練でのアプローチショットから前につめての展開をからだに覚えこませているkakoちゃん、ひらりんと私。
でもうまくできたりできなかったり。
先のこと考えると、今このボールの処理がおろそかになってしまう不器用者(笑)。
落ち着かなくちゃ。

土曜日の試合以来、kakoちゃんとひらりんの上達がめざましく、わたくしちょっとあせってます。
この日は、4人(他にみさちゃんも参加)で3試合(6ゲーム先取、ノーアド)やったわけだけど、どの試合も内容がこくナイスラリーや、ボレー戦など単発なポイントの取り方は少なかった。
結構いい感じにせってたってこと。
みさちゃんにポジションやショットのアドバイスを受けながら、私たち3人は日々進歩していくのだった。
この積み重ねが大切なのよね。

さらばっ


posted by ドロシャン at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

キャプ練Vol.11

ランニングの後、なんだか足の筋肉がピクピクしてるような(笑)。
しかし、ランニングで集中できたのか、ややナチュラルハイになってか全然疲れを感じない。

まず、キャプテンとボレーストローク(私がストローカー)。
何度かのラリーで必ずと言っていいほど、私はネットミスをしてしまう。
「それはもったいないよ〜。ネットすれすれで返すボールにはリスクがともなうんだから、その辺のことしっかり考えてや〜。」とキャプテン。
ラリーが続くと、力が入ってそしてムキになる私。
もう少し上の軌道でもいいのにな〜。
それにもっと緩急を使い分けてもいいのにな〜。
「打ったらリラックス、打ったらリラックス」
これができていないね。
そのためのスプリットステップなのに。

次にサービスライン付近から2対3に分かれてのボレーボレー。
相手の浮いたボールをいかにすばやくつめて決めることができるか。
相手の上げたボールをいかにすばやくさがって返すことができるか。
そして、いかに相手の足元にボレーを決めることができるか。
この辺がこの練習のポイントとなる。
相手のラケット面、からだの開き・向きを読んで瞬時に判断することが大切。

そしてキャプテンのセカンドサーブからのゲーム練習。
セカンドサーブをアプローチショットで前に出る。その後フリー。
キャプテンのネット越し後衛は2人で回る。
1ポイントごとに交替し、1ゲーム取れるまで。
キャプテン側に取られたら、、また0allから始まる。
アプローチショットをいかに深く返すか。
いかに相手の打ちにくいところに返すか。
攻撃的なアプローチショットで、その次のショットが楽に打てる。
それを確実に決めること。

走ったせいか、ロブを追いかける足もなんだか軽やか。
普段なら「あ〜、あがった〜。たぶん無理。」とあきらめていたボールも、がんばってべースラインまで走ろうと思うもの。
やはりすべてのスポーツの基礎はランニングにあるのでしょうか(笑)。

最後は、クールダウンで軽くサービスからのクロラリー。
しかしなんだか思いっきり打ってしまう私。
力を抜くってことができないかっ(怒)!

リラックス、リラックス。

そして仕上げは、ストレッチ。

まったくテニスな一日に満足〜!


posted by ドロシャン at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コソ練:ランニング5

blank: 6 days
menu: running
time: 30 minutes

4時からのキャプ練に間に合うようにと、ダッシュでBTGまで戻った私たち4人。
しかし、コートは5時からだったので、ちょっと時間が空いた。

と、キャプテンが「じゃ、この空き時間を使って外周走ろっか?」とおっしゃる。
「ちょうど30分コースですよ〜。」と。

いつかはこの日が来るのではないかと秘かに思っていた私。
だから、ここでいやとは言えない。
もう走るしかない。(←超やる気)

で、キャプテン、kakoちゃん、まりも、私の4人でまるでテニ部の基礎練習の様に走ることとなったのだ。
そう言えば、夫が「すべてのスポーツの基礎はランニングにある。」なんて走りもしないくせに豪語していたな〜。
気分はどっぷり部活だわ〜。

外周に出る直前、キャプテンが私たちが今日試合で舞洲まで行ってきたことを気遣ってか、「外周はやめてこの辺3周走る程度にする〜?」なんて言う。
「はい、そうしましょ。」なんて私が答えると思う?
「いんや、外周きっちり走りましょうや。」とキッパリ。(←どこまでも強気)

今日はいつもとは逆の方向(車の進行方向とは逆)で走った。
いつもと違う感じで特に問題なく走れた。
いつもだと、「この辺は後半でかなりきついところなんだけど〜」というところも今日は前半でそこをクリアできるので、ちょっと気分が楽。
でもその分後半、いつもの下り坂が上り坂となるのでちょっと苦しかった。

結局、完走できたものの、その〜、ダベリながらのランニングはまだ私にはできないな。
自分のペースで走るのがやっとだもの。

そして、汗だくのままキャプ練へとなだれ込む。
(↑ほんと、みんなタフだわ〜)


posted by ドロシャン at 21:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

舞洲まで

今朝BTG6時50分集合、その後舞洲までkakoちゃんの車に便乗して試合に行ってきた。
私たちが出たのは個人戦の女子ダブルス。
ここで昨日のテニスオフネットの練習会でごいっしょしたKさんと偶然遭遇。
彼女はとっても上手。
同じブロックだとこてんぱんにやっつけられてしまうだろうな〜っとやや不安。
幸いにも違うブロックでほっ。
(結局彼女たちは1位リーグでのトーナメントとなった。だって〜、上手だったもの〜)

さて、私とまりものブロックでは、波乱がおこる。
1ペア欠場により、負けても2位リーグトーナメントに進出できる。
(↑いいのか、悪いのか・・・)
結果は、0-8で完敗。
敗因は・・・
まりもさん、連日の仕事のハードワークで疲れがたまって絶不調。
いつものまりもじゃない。
いつも安定していたサーブもダブルフォルトがあったし、リターンミスなどらしからぬイージーミスが多かった。
一方、私のほうは相変わらずサーブが安定せず、入ったりはいらなかったり(泣)。
自分たちのテニスが全然できなかったね〜。

その上、2位トーナメントで抽選により、kakoちゃんひらりんペアと対戦。
多少もつれたものの、結局3-6で負け。
負け負けです(泣)。
きっちりとらなきゃいけないポイントをとり切れなかったな〜。
つめが甘かった。
反省。

そして最後に3位トーナメント優勝者と対戦。
(1ペアキャンセルにより最低消化試合(3試合)をするためのもの)
前半、いい感じていつもの私たち的テニスができていたのもつかの間、私のサーブでブレイクされ(泣)。
ここで流れが変わってしまい、後はズルズルとゲームをとられてしまった。
で、3-6で負け。

は〜
なんだか「どよ〜ん」と落ち込むまりもと私。

しかし、これにめげずにもっと弱点強化の練習を誓い、このままキャプ練に流れるのであった。

さらばっ

(おまけ)
いただいた参加賞、Tシャツです↓。

s-P1000907.jpg s-P1000908.jpg


posted by ドロシャン at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

コソ練:旅に出た。

テニスオフネットで募集していた女子ダブルス練習会に参加してきた。
初対面の人ばかりの中でやや緊張しつつ、みっちり4時間テニスをした。

前半(といっても3分の1)はショートラリー、ボレーボレー、ロングラリー、ボレーストローク、サービスリターンとひと通りのショットの練習。
残りはペアをかえてのゲーム練習(4ゲーム先取(ノーアド))。
人数は主催者を含めて今日は7人。
みんな上手だ。
こういうときこそ、上手な人の前衛の動きを観察しなくては。
やはりコースの打ち分けがうまい。
つないでつないで決めはサイドへ。
予測よく相手のスマッシュもしっかり面にあてたりする。
ん〜、すごいな〜。

感心ばかりしてないで、そんなテクニックを早く身につけたいところだ。

4時間思う存分テニスをしても参加費は超安い。
市営コートならではですな。

こういった企画をまた探して積極的に出かけようと思う。

さらばっ


posted by ドロシャン at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッスンの見直し

テニス的な生活を始めて約1ヶ月が経過。
未だ使い切っていないレッスンの振替などでなんだか毎日のようにBTGに通っている私。
その上、屋外での友達とのゲーム練習でテニスをする頻度が格段に増えた。

さて、で、そうなってくると今後のことも考えてレッスンの見直しとなる。
生命保険だってそうでしょ、何年か後にそのときのさまざまな状況から見直しをするように、わたしのテニスレッスンについてもその時期がきたわけ。
この前サニー隊長が言われたように、「どれだけ上達の質をあげていくか。」ということなのさ。

で、結論としては、6月から新レギュラーとなる水曜日の中級クラス(シン隊長)のレッスン一本とする。
土曜日の初中級クラス(シン隊長)は6月でもって退会。
そのかわり、毎月平日お昼間に企画されているショット別のプログレスレッスンに参加する。
自分が苦手とするショットを徹底的に練習してボトムアップを図るのさ。
日によっては、申込者が一人のときもあるからプライベートレッスンとなり、願ったりかなったりだ。

あとは、気分で単発的にレッスンに入ったりしてね。

うん、完璧(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

Oコーチレッスン:コースの打ち分け

まずは、サービスラインからコーチの球出しによる打ち分け。
その場でのクロス、やや右に動いてのクロス。
(2球目のとき、前に出過ぎないこと)
ネット越しサービスラインのサイドコーナーをねらう。
次に同じサービスライン付近からストレートへベースラインコーナー付近をねらう。

今度は、ベースライン付近に移動。
ここから逆クロスへ、そして順クロスへネット越しサービスラインのサイドコーナーをねらう。
次に同じベースライン付近から逆クロスへ、そして順クロスへベースラインコーナー付近をねらう。

このベースライン付近からショートクロスへの打ち分けがなかなかできない。このショットの練習をしなくちゃいけないな〜。

こういった練習のときにも、今打つショットはどういうsituationで打つのかということをイメージしながらボールを返すようにしたいものだ。

今日は、10人とかなり多い。
なので、空きコート1面を使って二手に分かれた練習も取り入れられた。
(1)ボレーストローク
(2)サービスからのリターン、その後ラリー
(3)2対1でのストレートラリー、ボレーヤーの球出しからストロークボレーをし、ストローカーはネット越しボレーヤーの足元に沈むボールとロブの打ち分けをする。また、上がったロブを2側の後衛はストレートに打ち込むストロークで返す練習。
(4)ストレートボレー、その後センターに返ったボールをサイドへアングルボレーで決める練習。
(5)ゲーム練習(1ゲームでローテーション)

(1)と(4)では、コーチが加わっての練習。
(4)のときに、ボレーのあたりについてアドバイスをもらった。ここではベースライン付近へ届く深いつなぎのボレーが要求されている。
「インパクト時ラケット面をやや後ろにひくタッチでボレーをすると、コントロールしやすい。」とのこと。
(5)のゲーム練習では、セカンドサーブは入ってもそのリターンをネットしてしまうことが多かった。
ネットミスは避けたいね〜。

今日はちょっと強打しすぎかな〜と反省。
ここのところ、仲間とのゲーム練習で遠慮なしのショットで暴走(笑)していた延長で、ついつい決めを急いだ感がある。
「めちゃ打ちしてやな感じの人だわ〜。」と思われたかも。
反省、反省。
自分のショットにコントロールをつけるためには、やはり力6分で打たないとね。

さらばっ


posted by ドロシャン at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

G練:ゲーム練習

試合に向けて、ゲーム練習。

しかし・・・

あかん、ほんまあかん。
サーブが入らない(泣)。
安定しないねんな〜。
入ったり、入らなかったり・・・。
ファーストが入らないと、たいがいセカンドも入らない。
気〜小さ〜(泣)。

ま〜、サーブは自信がないからね〜。
自信をつけるためには、もっとサーブ練習(ゲームでのプレッシャーを感じながら)をしないといけない。

まりもちゃん、土曜日がんばってサーブ入れるけど、入んなかったらゴメンね〜。(←すでに超弱気)


posted by ドロシャン at 20:37| Comment(3) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

G練:遠征(茨木)

午後からサニー隊長のホームコートまで遠征。
参加者は、kakoちゃん、ひらりんと私。
こちらのテニスクラブの会員さんに加わっていただいて、ここでもゲーム練習。
私たち3人は土曜日の試合にでるので、そのとき用の試合形式でゲーム練習をした。
(6ゲーム先取で、5-5になったらタイブレーク)
私は会員さんとペア。
会員さんはとってもお上手で明日試合に出るとか。
サーブは確実に入れてくるし、オーバーヘッド系のミスなし。
私はファーストサーブが必ず入らない(泣)。
慎重にセカンドを入れにいって(笑)、なんとかキープしたりブレークされたり・・・。
2-4から追いついてとうとう5-5。
タイムリーにそのままタイブレークの練習。
そしてなんとか勝つことができた。
(会員さん、ありがとうございました)

途中からサニー隊長たちが見にきてくれた。
練習後、
(サニー隊長)「うまくなってるよ〜。」とお褒めの言葉が(嬉)。
(私)「ほとんど毎日やってますから。」
(サニー隊長)「うん(笑)、あとはどれだけ質の向上をはかるかですね。ストーク・ボレーとある程度形になってきたら、あとどこにポイントをおくか。サーブのレベルをもう少しあげるとかね。ただ漫然と練習してるだけじゃだめですよ。」と。

つまりは明確な目的意識を持って練習しないと練習する意味がないということだろうね。
今こうやって練習できる環境にあるうちに、しっかりと身につく練習をしとかなくちゃ。

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G練:ゲーム練習

参加者は、きくちゃん、みさちゃん、kakoちゃん。
名前だけ聞くとかわいいけれど、みんないい年だ(笑)。
私をさかいに上もいるし、下もいる(笑)。

4人で2時間みっちりとゲーム練習。
なんかいい感じのラリーや、ボレー対ボレーとかもあって「ちょっと上達してるんちゃうん!」と思ったのは私だけだろうか。
前衛での反応が前よりもよくなってるような気がしてますが・・・。
ポイントも単発で終わってしまうことが少なくなっていると思う。

ただ、やっぱりやっちゃいけないのが、
●サーブのダブルフォルト
●サービスリターンのラインオーバーやネットミス
この2つは試合では絶対やっちゃいけない。

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

コソ練:ランニング4

blank: about 2 weeks
menu: running
time: 30 minutes

2週間ぶりですか・・・、ほどよいブランクで今日は走る気満々。
夕方は陽もかげり、いい感じの風も吹いて「さあ走りなさい。」と後押しされてる感じ。
「はいはい、走りますよ。」とひとっ走りしてきた。

今日の私の走りについて
今日は、走る前にだいたい200ccほどの水分を摂ってから出かけた。
その甲斐あってか、序盤はいつも通り時計周り(車の進行方向と同じ)に快調走行。
前回は足が重いと感じたが今日はそんなことはなく順調。
ゆるやかな下り坂と追い風に乗って、若干せっつかれるように走る(笑)。
このゆるやかな下り坂の始まりと終わりでかならず私は信号に引っかかってしまう。
しかしそれもさほど気にもならずにどんどん走り進む。
「今日はなんかいい感じだ。これだったらモノレールダッシュもできるかも。」なんて調子にのる(笑)。

次にサーカー場前付近の信号でもいつもひっかかる。
しかし、今日は無事通過。
このあたりでだいたい半分ぐらい。

問題はこの後の後半。
右に住宅展示場、左に広〜い駐車場を見ながら緑豊かな歩道を走るのだが、このあたりでいつもキツくなる。
走っても走ってもまだまだあるって感じでかなり苦しい。
ここからは信号で引っかかることもほとんどないので、休憩ができない。
休憩できるのもよしあしなのだが、今日はちょっと休みたかったんだけどなかなかそうはさせてくれない。
「さっきのモノレールダッシュを撤回しとこう。」と少し反省。

「あ〜、今日はちょっとだめかな〜。歩こうかな〜。」
と半泣き状態を持ちこたえ、最後の砦「進歩橋北詰」の信号で引っかかりますようにと祈りながら走る。

「げっ、信号青やん(泣)。」っと落胆したもののよく見れば歩行者は「赤」(安堵)。
ここで30秒ぐらい休憩、残りはほんの2分ぐらいなのでなんとか今日も完走できた。

私の目標は、あくまでも万博外周1周(←1周と限定)を走りきることにあるので、無駄な走りをしたくない。
で、数少ない経験(笑)から、だいたいこんな感じで走るようになった↓。

走るときはあまり上下にからだを動かさず、できるだけ少しでも前に進めるような走りを目指している。

また、上半身に力を入れてもいけないな。
その目安として、手を軽くグーのにぎりで腕を小さめに振って走るのだが、このグーの握りのときに親指は上にのっけておく。
で、この親指の腹側に汗を感じたらちょっと力んできたかなと判断して、親指をうかしてしばし走ったり(笑)。
呼吸も「ひ、ひ(2拍子)、は、は(2拍子)」から、「ひ、ひ(2拍子)、は〜(3拍子)」に変えたり。
この方が落ち着いて呼吸できるようだ。

以前は前を見て走っていたが、最近は歩道の中央のはげかけた白線をやや視線を下げて走るようにしている。
遠くを見るとその距離に悲しくなるから(笑)。
しかもその白線に沿って走れば、効率よく最短で走れるような気がするし。
(白線がないところは道の中央を走る)

なかなかでしょ〜。

私としては後半の走りをもうちょっと楽に行きたいな。
水欠のせいか?
途中水分補給したいが、水を持って走るのも重くない?
あ、でもその分を最初に飲んでも同じことか・・・。

じゃ、次は走る前にもう少し水を飲んでからチャレンジしてみよう。
走るサイクルは、今のペース(2週間ごと)がいいでしょうね。
あんまり走りすぎると、今度は走りを追及してのめり込んじゃうといけないし(笑)。
ランニングはあくまでもテニスのためですので。

さらばっ


posted by ドロシャン at 20:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝てるダブルス

s-4054025188.01.LZZZZZZZ.jpg

6月10日の試合に向けて、ただいまお勉強中〜。




posted by ドロシャン at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

Super Reaction Ball

s-P1000889.jpg

↑偽Hugh Grant(笑)からいただきました。

そしてエクササイズのお品書きがこちら(笑)↓。

s-P1000890.jpg s-P1000891.jpg

このスーパーリアクションボールは、6面という特殊な形状。
予想のつかないバウンドをするところを利用して、反射神経を鍛えるというものらしい。

このトレーニングで、一歩目の反応スピードをあげて十分な態勢でのスマッシュ、ボレー、ストロークを目指しなさいと。

そして、関西レディースA級ファイナル出場の感想がこのブログに出るのを楽しみにしています・・・なんてメモが。

むちゃ言うね〜(笑)。

読まなかったことにしとくわ。

でもこのボールは、テニスバックに入れて時間のあるときに使って鍛えることにします。
わたくしダッシュ系に弱いので(笑)。

どうもありがとうございます!


posted by ドロシャン at 17:05| Comment(2) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シン隊長レッスン:ストローク

(シン隊長)「今日はストロークを中心にレッスンをします。」
(私)「(うひょ(嬉))」(←私ストローク好き、only フォアハンドね)

(シン隊長)「手打ちにならずに、しっかりと腰から入ってラケットがあとからついてくる感じのスイングをするように。」
(私)「うん、うん、わかる。」

頭ではわかっていても、いざボールが来たときにはそんなことスッコーンとどっかに行ってしまう。
特にバックハンドがだめだな・・・。
テイクバックのときに右肩をしっかりと入れていなくて、からだが前を向いている。
たぶん打点が前過ぎなのかもしれないな〜。
で、力もかなりはいってるし〜。
打つとき息止めてるもん。

コーチの球出しからのバックハンドはそこそこ打てていても、走りこんでのバックハンドストークは悲しいくらい打てない。
全然進歩してないな〜。
今日だけにして(泣)〜。

一方、フォアハンドはいいと言われたのでそっちの話でちょっと盛り上げようか(笑)。
いや、やめとこ。
図にのるから(笑)。
もっと謙虚にならなくちゃ(笑)。

ということで、バックハンド強化のためまた壁打ちでも始めよう。

さらばっ



2006/06/04追記

後半のゲーム練習(2top対2back)での2top側のポジショニング
ネット越し自分のストレート方向にボールがきたときには、ネットにつめて攻めの体勢をとる。
ネット越し自分のクロス方向にボールがきたときには、サービスライン付近までさがって守りの体勢をとる。
どちらもボールの行った方向に対して、からだを正面にむけること。

posted by ドロシャン at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

キャプ練Vol.10

今日のキャプ練のコートは、アンツーカー。
しかも昨日の関西レディースのA級決勝が行われた同じコート。
昨日のベストプレーがよみがえるわ〜。
おんなじコートでおんなじブレーができる気分(笑)。

と、ところが現実は厳しく今日のできもいまひとつ。
足が動いていなくて反応が遅い。
Sキャプとのボレーストローク(Sキャプがボレーヤー)のときでも、私のストロークはどうもセンター一点ねらいとは程遠く、あちこちにボールが散ってしまう。
集中してないな(泣)。

そして、最近シングルバックハンドが超弱気。
思うようなあたりがゲームでできない。
球出しとかだとそれなりにまあ少しはいい感じにそこそこ打ててると思うけど、ゲームとかでは打てていない。
打点が悪い。
特にサービスリターンは、ひょろひょろと力なさげな浮いたボールばっかりだ。
それか、右に切れすぎてアウト。
それか、大きくベースラインを超えてアウト。
情けな〜。

で、気分をかえてダブルバックハンド。
なつかし〜って感じで、これがシングルと比べてしっかりとあついあたりになってる(笑)。
ダブルに戻そうかな〜。(←どうしていいんだかわからず・・・)
でもシングルでのバックハンドスライスにあこがれているので〜。
捨てきれないのです〜。

あ〜、なんか私ってテニス的センスないのかしらん・・・。

・・・・・

やるよ、がんばるけど今日はちょっと弱気(泣)。
一晩寝て気分をかえようっと。
(まだ寝ないよ(笑))

さらばっ


posted by ドロシャン at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

関西レディース QF,SF,F

春の関西レディーストーナメントも今日が最終日。
ABC級の準々決勝、準決勝、決勝がBTGで行われた。
朝一のんちゃん、きくりんたちと練習したあと、さっそく試合を見に行った。

お目当てはもちろんA級の試合。
そしてそのA級の中でもお目当ての人がいる。
今春BTGで行われた市民大会で優勝した人が今日も当然残っている。
スレンダーな体格からは想像できないくらいのパワーショット。
レフティ独特のボールの軌道。
なんか上手な人にはオーラがあるのですよ〜。
QFではやや立ち上がり苦戦したものの最後はスーパーショットでゲームをとりセミファイナルへ。
ゴルフ場でラウンドを回るプロを追いかけるギャラリーのように、今日の私は試合があるコートへと追っかけ状態。
結局3試合見たことになるが、QFが一番苦戦していたな。
ペアのミスがちょっと多かったのと本人もいまいち調子に乗れていなかったようだ。
しかしその後の試合では、いいコンビネーションでA級ならではのスピードとテクニカルなショットで私を満足させてくれた。
むしろ決勝での試合は、8-1とあっさり決まってしまってちょっと拍子抜け。
もうちょっと競ってくれると見ているほうも面白かったけどね。

私もあんな風にこんな場の試合に出るときがくるのでしょうか(笑)。
結構気持ちはまじで目指してます!

さらばっ

(おまけ)
今日で関西レディースも終わり、ちょっと落ち着くかな。
今週はほぼ毎日BTG通い。
来週からはちょっと自分に目を向けて筋トレに励もうと思う。


posted by ドロシャン at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。