2007年01月29日

KJコーチレッスン:アングルボレー

東京での研修から帰ってきたKJコーチ。
なんか新しいことを身につけてきた風でいつも以上にやる気モード。
今日はアングルボレー。

前段階として、フォアのグリップでサービスライン付近にネットを背にして立ち、コーチはベースライン付近めがけてふんわりと球出し。
そのボールを追いかけてフォアのストロークとは逆の面でボールを当てて返す練習。
進行方向とは逆にラケット面をあててボールを相手コートに返すというもの。
十分に余裕があって返すときには、普通のスイングでいい。
余裕がないときに使うショット。
このときの面の運びがアングルボレーで生かされるというのだね〜。

さて、次にボレーのときの握りでバックにきたボールをアングルボレー。
アングルで返すのだから、からだの正面よりももっと左側にあるボールを面の返しでアングルにもっていく。
決して手首でこねない。
ボールから早く目が離れてアングルに返したい方向に目が移ってしまうとミスにつながる。

次にやや実践的な練習。
バックサイドベースラインに1人(1)、ネットとサービスラインの中間ぐらいでコートの真ん中に1人(2)、フォアサイドベースラインに1人(3)。
ネット越しからコーチが(1)へバック側に短く球出し、このボールを(1)はバックでアングルボレー、次にコーチはフォアサイド後方へロブ、それを(2)が下がって返す。
最後にコーチはバックサイドベースライン付近に深く球出し、このボールを(3)がバックで返す。
(1)は打った後(2)のポジションへ、(2)は(3)へと3人でぐるぐる右回りにローテーションしていく。
ぜ〜ぜ〜いいながらもこういうしごき的な練習は好き(笑)。

後半は並行陣対雁行陣の陣形練習&ゲーム練習。
ボレー強化のためできるだけ前に出てボレーをしようと積極的な私。
そのファーストボレーを浮かせないように意識しすぎるとネット。
ちょっとびびり気味なのでおしりがひけて変なフォーム。
もう少しゆるめのボレーで自分でボールをコントロールできるようになることが目標。

さらばっ

posted by ドロシャン at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

Sコーチレッスン:1.2.3.のリズムの2.って?

先週の木曜日は、Sコーチレッスンを2コマ受講。
そこで興味深い指導をもらった。
ストロークやサーブで1.2.3.のリズムをよく説明するけれど、2.のときの体重ってどこにかかってます?
ストロークなら踏み込み足、サーブなら左足一本と今まで思っていた。
Sコーチは、「ボクはね、ボクの場合はね」と強調しながら、
「真ん中です。」と。
つまりは両足に均等に体重をのせるってことらしい。
たとえば、サーブで2.のときに左足一本で体重をのせて、3.でジャンプして前に出るのと、2.で体重を両足にかけておいて3.でジャンプするのとでは飛び出せる距離が断然2.で両足に体重をかけている方が遠くに飛べると言うのだ。
しかも、両足2.の方が安定すると。
そりゃ一本で体重を支えるよりも2本の方が当然安定する。

それと、ついでにもう一つ。
サーブのとき、3.のときの右腰。
ストロークでは、3.のときの右腰、バックなら左腰を打つ方向に出すことを意識するといいってことも教わった。
ストロークについては、腰が先に回るのではなく、スイングといっしょになめらかに動かすことがポイント。

と、大変身のあるレッスンを賜ったので、ここの枠のレギュラーになることにした。
それに前から知り合いのとっても上手なおじさんもいはるし、その上外の練習会で知り合ったお友達もここのレギュラーなので、レッスン後外練もできそうだもん。

さらばっ

posted by ドロシャン at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

いの会に参加

BB丸さんよりお誘いをいただいて「いの会」に参加。
今日の練習のテーマは、「強く打たない」。

「強く打たない」その1。
ボレーボレー(一人はサービスライン付近(守り)、ネット越しもう一人はサービスラインとネットの間(攻め)のポジション)。
ボールを浮かせないように返すのが難しい。ゆる球のコントロールがなかなかできない。
浮いてしまうと攻め側は前につめて決めボレー。
つめが遅いな〜。
浮くなっていう判断が遅い。
ネット近くにボールがきて判断するのではなく、もっと意識を前に。

「強く打たない」その2。
雁行陣対雁行陣のsituation。
後衛がアングルでクロスにショートで返したボールからの展開。
このボールを相手後衛はどう返すか?
ゆっくりでもいいから山なりのボールを後衛に深く返す(ベースラインでアレーより内側)。
もしくは、センターでサービスラインのやや後ろ。(←ちょっと前に走らせてしかもバック側)
打った後は、サービスライン付近で構えて相手を見る。
(打った後右足で地面を蹴ってポジション移動。)
深いボールを返すと、ロブの可能性大。
短めでもおっとっとでバックで返すボールは浮く。
そういったところを見定めて次にくるボールを予測する。

「強く打たない」その3。
ストレートロブ。
相手のボールを選んでストレートロブ。
やみくもにどんなボールでもストレートロブを上げるのではなく、ボールをきっちり選択して打ち分ける。
ストレートロブが上がって左に走らされる後衛が返すコース。
いつもクロスにロブをと思っていてもアウトが多いので、最近とりあえずストレートに返すことが多いけれど、これも相手がロブをあげて前に上がってきたときには、絶好のボールになってしまいがち。
余裕があるときには、ボールの外側をヒットさせてアングルに相手前衛のバック側になるサービスボックスのコーナー付近が有効。(←あんまり余裕ないな〜)
このボールを相手にバックで打たせるのがポイント。

「打たせる」
「触らせる」
「走らせる」
どれもゆる球なんだな〜。
どれも返すほうはいや〜な球だ。(←立場を変えれば自分・・・)

こういうボールが使えないと試合では勝てない(ため息)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:16| Comment(4) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

発想の転換

顧客満足度(Customer Satisfaction)という言葉がある。
企業は、消費者の満足度を高めるためにより高品質の商品を作り出す努力をする。
同じ考えで人も会社だったり、家族だったり、誰かに喜んでもらえたらという思いで何かをしたりする。

ところがテニスのダブルスの世界では、相手に喜んでもらうようなショットを打っていては試合には勝てない。
常に相手の嫌がるボール、コースをねらって打たないといけない。
自分にとっていいボールでも相手にとってはそうじゃないことって多い。
私はいいボールを打とうとし過ぎらしい。
「どうしたら相手は嫌がるか、ミスを誘うか」を考えることが勝つための最重要項目だ。
っと、CTSのコーチが言っていたな。

や〜な性格になりそうね(笑)・・・。

さらばっ



posted by ドロシャン at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サニー隊長レッスン:意識を前に

多いね〜、今日は10人。
10人もいるとからだがなかなかあったまらない。
それでか、最初の球出しではベースラインよりも下がって思いっきり相手のベースライン深くに返す練習。
上体だけのスイングではとても深くは返らないし、いい打点じゃないとうまく力が伝わらないのでボールも浅くなってしまう。
一番力の伝わる打点の確認ができたかな。

ストレートでのボレーストローク。
ボレーヤーは、たとえ最初の球出しでもボールが浮いたらすかさず決めに行く。(←できればアングルに)
決めに行くためにはより前につめてボレーをしなくてはいけないけれど、判断が遅いためちっとも軸足が前に出ていないとコーチより指導。
ネット前あたりで「あ、ボール浮いたな」の判断はtoo late。
意識をもっと前に、相手の打つ構えやボールが飛ぶ軌道を早くに判断して反応しなければいけない。

意識を前に。


posted by ドロシャン at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

アイスマン隊長レッスン:膝がかたいっ!!

もっと膝をやわらかくっ!!
腰を落としてっ!!

月曜日のアイスマン隊長レッスン。
9時40分からと11時20分からをW受講。
1コマめは非常に温和な雰囲気をかもし出していたのに、2コマめから俄然いつもの厳しい口調でビシバシ指導。(←相変わらず怖い・・・)

1コマめは、相手前衛の足元にボールを沈める練習。
ストロークラリーと違って、ボレーストロークでは相手のボレーがすぐに返ってくるので、膝を曲げて腰を落とした状態で構えておくこと。
ボールのバウンドの高さにあわせて、低ければしっかりとスピンをかけ、高めの打点の場合には低い軌道で相手前衛の足元をねらう。
次に相手前衛のボレーがショートした場合、そのボールをとらえるステップの練習。
フォアの場合、まず軸足左足を一歩出し、次に右、そして軸足の左と大きく前に踏み込み速いスイングで打ち込む。
この2歩めと3歩めをかなり大きく前に踏み込まないといい打点にはいれない。
そして、コーチはしっかりタメをつくってスイングしなさいって言うの(泣)。
大股&タメ・・・。(←かなり厳しい)
ゆっくりと浮いたボールの場合には、細かなステップでタイミングを取る必要があるけれど、今日はもう少し速いボールに対しての練習。

一転、2コマめはハイボレーとジャンピングスマッシュの練習。
ハイボレーをサービスラインとベースラインに打ち分ける練習。
ラケットをやや前に押し出すようにすればベースライン付近に、もっと鋭角にラケットを運べばサービスラインにボールは飛んでいく。
ここでアイスマン隊長より個人指導。
高い打点でのハイボレーのとき、からだが伸び上がって(ひざも伸びきって)のボレーはNG。
しっかりとひざを曲げ、腰を落とした状態からボレーをするようにと。

ジャンピングスマッシュをかっこよくできたら最高だけど、ちょっとまだぎこちないな(泣)。
普通のスマッシュは、右足を決めて左足を一歩前に踏み込んで打つ。
ジャンピングスマッシュは、ボールの打点はやや後ろめで右足を決めてインパクトと同時に右足でジャンプして左足を後ろ着地でフィニッシュ。
ま、すぐにはできないわ(笑)。

終盤はゲーム練習。
私サーブで、リターンがアイスマン隊長。
サーブを打つ前から、コーチのリターンの構えに威圧されあえなくダブルフォルト。(←根性なし(泣))

さらばっ


posted by ドロシャン at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

今週3コマ

火曜日2コマ、そして今日1コマと今週はCTSweek。
2月末でスクールがなくなってしまうので、行けるときに先取り消化。

いつものようにボレー練習。
○サービスボックスのコーナーを確実にねらう練習。
そして、一歩前につめてボレー。
○ネット際に浮いたボールをストレートにたたく練習、その後すぐに出されたボールをボレー。1球めをコンパクトに処理しないと2球めが間に合わない。
○球出しのボールのスピードを読んで、速ければその場で、ゆるければ一歩踏み込んで足を使ってボレー。
などなど。

後半は陣形練習。
並行陣対雁行陣。
雁行陣対雁行陣。
自分がどんな形でポイントを取りたいのか明確にすることが大切。
しかけるタイミングや打たせるボールのコース、最後に決めるショットなど。
まだまだその辺の状況判断が不十分だな。

最近こういった陣形練習やゲームなどで、こんな状況でこんなミスやこんな決めショットがあったといった内容のことがブログで書けなくなってきた。
結果とその一手前ぐらいのショットからの状況を書いてもいまいち内容が十分に伝わらない気がしている。
サーブから始まってラリーがあり、しかけたボールに対して相手のボールがこうきてそれを今度はこのコースに打って・・・とこと細かに書けない。
1ポイントをとるのに1ポイントごとにstoryがある。
その1ポイントには言葉では表しにくいいろんなことが含まれている。
だから書きにくい。

それだけじゃなく、コーチから言われたことに対して理解し忘れないようにするためにこのブログに書きとめているけれど、もしかして間違った理解をして誤った内容を書いてないか(笑)?
と、突如不安になった(笑)。

ん〜、このブログを続けていく意味あるかな(悩)・・・。


posted by ドロシャン at 22:56| Comment(3) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

KJコーチレッスン:バック攻め(再認識)

前回とレッスン内容はほぼ同じ。
甘いセカンドサーブをたたくときの打点はだいたいつかめた気がする。
ただ、デュースサイドからのフォアでのリターンのときに、ほんとは相手後衛のバック側(センター寄り)にガツンと返したいのになぜかサイドのアングルとかにボールが返ってしまう。
もう少しきっちりとボールの後ろからとらえてリターンしないとだめだな・・・。
以前コーチにも言われたけれど、ボールの外(右側)をとらえてスイングしているんだと思う。
ねらってそうしてるのならそれはそれでいいと思うけれど、悲しいかな私の場合にはそうじゃない(泣)。
だから、デュースサイドからストレートってあんまり打てないんだな・・・。

次にスマッシュの練習。
サービスラインのちょい前のポジションからコーチのやや低めに上がったボールをストレートにスマッシュ。
右ひじを下げずにインパクト時右手首をカクンと折る感じ。
この手首の動きを覚えた後に、セカンドサーブの練習。
トスは前よりもややからだに近い位置。
この手首のひねりをどの方向におろするかでセンターかワイドかの打ち分けができる感じ?

サーブからのポイント練習。
サーバー側が7ポイントとったらローテーション。
何度もサーブをすると、やっぱり自分のリズムができてきてサーブも入り出す。
このリズムをゲームの最初から出すにはどうしたらいいんだろね?
ポイントがとれなくて何度もサーブをするとさすがに疲れてきて、ボールが相手のフォア側に行きがち。(←って言ってもきっちり普段からコースがねらえてるわけではないのよね(泣))
ファーストが相手のバックに入ったら、やっぱりポイントはとりやすい。
速くなくてもいいからしっかり相手のバックに入れられるようにならないとだめだな。

今日はkakoちゃんがアドサイド、私がデュースサイドに入ってみた。
kakoちゃんはアドサイドのバックにきたボールをしっかりクロスに返せている。
私はバックに入ったサーブは結構ミスが多くてネットを越えない。
kakoちゃんの確実なバックハンドストロークはかなりのアドバンテージだから次の練習会ではサイドを変えてみることにした。
どれではデュースサイドに入った私のお役目はと言うと、フォアハンドのバリエーションらしい。
クロス、クロスに打って相手がポーチに出る気配を感じてストレートとか、ロブを上げるとか・・・。
フォアハンドだといろんなバリエーションが打てるとコーチは言うけど、今の私にはそれほどのテクがないな。

でもいろいろやってみよう。
チャンスと思ったら前にも出てみよう。
ボレーがへたでも前に出て練習しよう。

そうそう、練習会だからいろんなことやってみたらいいんだよね。

さらばっ


posted by ドロシャン at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

サニー隊長レッスン:最初のズレが致命傷

サーブ、ストローク、ボレー、スマッシュ。
どれも微妙に私はずれている。(「サニー隊長曰く」です。)
なにがズレているかと言うと、「常にボールに正対していない。」ってこと。
この最初のズレにより、反応が遅れたり、ボールに追いつけなかったりと後々なかなか修正できない。
ボールに正対するというこの点をからだに覚えこませることができれば、「足を動かす。」という強制意識から「(自然に)動ける。」という中から沸いてくる当然の行動に変わるらしい(笑)。(←ここはコーチの話からまとめた私の表現)

相手コートにボールが入ったとき、
○見るのはボール(ボールとからだを正対させる)。(←そうすればおのずとインパクト時のラケット面も見ることとができる)
○ボールを見るその視野の中にある相手の動きやコートの中での位置関係などを把握。

がんばろっと。


posted by ドロシャン at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

春までにやるべきこと(確認)

春まで残り3ヶ月弱。
なんとががんばれば達成できる程度の目標を設定。
これができるようになれば試合にももう少し勝つことができるはず。

○サーブの確率アップ(セカンドは必ず入れられるようになること)
○ストロークのコントロール(自分の打ちたいコースとボールの軌道を自由に操作できるようになること)
○ボレー(少なくともチャンスボールを見逃さずに前につめて確実にボレーで決めることができること。後衛が作ってくれたチャンスを無駄にしないこと。)

後は、二の次。

posted by ドロシャン at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ひらめき脳

ひらめき脳

ひらめき脳をテニス的に考えてみた。

そもそもひらめくことでなにがどうなるの?って話だが、この本によれば「ひらめいた瞬間の脳の目的はたった一つ、ひらめいたそのことを、確実に記憶に定着させることです。」だと。
感情はまた記憶の問題とも結びついていて、「強烈な感情の働きが起こると、それだけ記憶への定着が強くなる。」らしい。
ひらめくと物事が全く違った見え方をするので、一度獲得するとなかなか消えない不可逆的なもの=一発学習といえる。

ひらめきにとって大事なのは、学習のプロセス。
ひらめきと学習は相反するもののように思われがちだが、ひらめきは決して無からは生まれない。
学習なくしてひらめきは生まれないらしいのだ。

「教師あり学習」(=コーチに教わるテニスレッスン)と「教師なし学習」(=練習会・試合などでの行き当たりばったりの展開から生まれる経験(笑))のコラボレーションが大切。
「教師あり学習」では、答えが最初からあったり、自分の間違いを修正してくれたり・・・。
「教師なし学習」(=一発学習)は「洞察」(インサイト)による学習。
試合での相手の動き、ボールのコースなどをするどく読み取る。
この洞察力+常日頃の「教師あり学習」のシナジー(相乗効果)により、ひらめきが起こり「次はこう動く!」とか、「このボールがチャンス!」と瞬時に判断し、ポイントをとることができる。(←ブラボー!!)
ポイントをとることで喜びの感情が生まれ、よりより記憶に深く刻まれそれが経験となる。

どう(笑)?

posted by ドロシャン at 12:07| Comment(2) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

キャプ練Vol.32(初打ち)

そう、3日のキャプ練が今年の初打ち。

いつもこうやってPCに向かってうだうだ考えてるときや、テニ友との会話の中で「こうしなあかん。」「あのときはこういうボールを。」なんていろいろ考えているのに、いざコートに立つとそんなことはスコンと抜けちゃって今目の前にあるボールを返すことに必死になってしまっているのは去年から引き続きのこと(泣)・・・。

真剣さが足りないな。(←自分に厳しい)

毎度Sキャプに言われていることで自分でもなんとかしたいと思っていてもなかなかできなくて、でも早急になんとかしなきゃと思っていることが去年から引き続きある。(←年越しの課題が多いわ〜)

それは、ボレー。
相手前衛が私(前衛)に向かってボレーしてきたとき、そのボールを私がボレーするときのラケットがいつも上から下に入ってボールを返そうとしているということ。
必ずそう・・・。
必ず返せない。
で、自分で気づく。
あ、今上から下に入ってるわ(泣)。

去年も言われた。
そして初打ちの日にも何度も何度も言われた。

どこに問題があるのか?
1)判断(自分の足元にくる)の遅れからラケットを引いてボールに当てようとしている?
2)もともとの構えがいけない?ラケットをもっと地面に近づけてたほうがいいのか?
3)そもそもポジションが悪い?

どれもあり(泣笑)?

なんとかしなきゃ〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | キャプ練 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

初夢

レッスンで、何度も何度もスマッシュの練習をしている私。
「力入れすぎ〜!」
「今の違う!」
「あれ〜っ」
なんて一人でブツクサ言っていたわ(泣)。

なんか意味あるのかなあ〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 17:42| Comment(6) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

謹賀新年

s-inoshishi003_combi.jpg


今年の目標、いちおう書いといていいでしょうか(笑)?


「この1球に気持ちを込める!」


うむっ

posted by ドロシャン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。