2007年08月29日

コーチMGレッスン:ボールをターゲットにする

サニー練習会が雨のため中止となったので、振替でコーチMGレッスンへ。

いろんなことをしたので、ちょっと頭の中を整理しなくちゃいけない。
時系列順に今日やったことを書きとめよう。

まず、開口一番コーチの説明。
「ストロークやいろんなショットでボールを見てるようで実は見れていない。打つときには、ボールから目が離れて相手コートを見てしまっていることが多い。
まずは、ボールとラケットのあたりをしっかりと見て、いいあたりでストロークを打ってください。」ってことで、コーチの球出しによるストレート方向へストローク練習。

次にベースラインに立ってライジングで返す練習。
コーチの球出しは、ベースラインあたりに深く出される。
それを下がらずにライジングで打っていく。
ボールの入射角と反射角を意識して、構えのときにすでにボールにあたるときの面を作っておくこと。
来たボールに対して、ボールのどのあたりにラケット面をあてて返せばいいのかを考える。

今度は、サービスラインよりとちょっと後ろから、コーチの高い軌道で短めに出されたボールをライジングで返す。
バウンド後高く跳ね上がるので、ベースラインでのライジングの練習のときのように、自分のからだより前にラインがあると意識して(←ベースラインでの練習のときと同じイメージ)前でボールをとらえ、スイングは平行じゃなくて上で構えて下に振りぬく感じかな。
上から下に打つためには、打点はネットの高さよりも上じゃないとネットを越えないわけで、そのちょうど力の入る打点でなかなか打てない。
からだが伸び上がってしまったり、打点が胸の高さ以上になっちゃったり。(←ライジングになってない(泣))
構えが遅いのと、ラケットを引きすぎるのが原因らしい。
からだより前でボールをとらえるようにしないとだめだって。

半面でのストレートラリー。
最初の練習を踏まえて、ベースラインから下がらずにライジングで返す練習。

次にボレスト。
「ボレーをボレーと考えず、ストロークと思ってください。」
とコーチ。
ベースラインでのストロークから、ポジションを前につめながらストロークをしてみる。
ボールとラケットのいいあたりのところでラケットをとめてみる。
ネットに近づくにつれて、ボールのどこをねらえばネットを越えるのかを意識する。
ネットと同じ高さまでは、ボールの下をとらえ、それ以上の高さのときにボールの上にラケット面を合わせる構えを作る。

というようなことを言ってたような気がするけど、間違ってないかな(笑)?

ま、そんなようなことを意識しもってのボレスト。
まずボレーヤーのポジションは、サービスラインとベースラインの中間で、相手のボールによってノーバンで返したり、ライジングで返したり。(←決して下がらない)
そして次に、サービスライン付近でボレー。
先ほどのコーチの説明を意識しながら、ボールのどこをあてるのかを考える。(←ネットの高さを基準にしてインパクトがそれより上なのか下なのか)
そいでもって、いいあたりを心がける(笑)。

結局、ストロークもボレーも同じで、ボールをターゲットにして、インパクトの瞬間までボールをよくみてボールのどこにラケット面をあてるか判断し構えのときにその面を作っておくってことは共通のようだ。

わかったような、わかんないような・・・。
習得できたような、できないような・・・。

日が変わっても今日やったことがさらっとできたら身についたってことですな(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

生意気かしらん(照笑)・・・

最近「ドロシャン」での検索ワードから私のブログを見に来てくれる人が結構多い。

なので、そんな人たちに答えるべくブログタイトルに「ドロシャン」を追加して全面的にアピールしてみた。

ははっ、やっぱ生意気(笑)?

posted by ドロシャン at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分で自分を磨け

土曜日の話。
夫のレギュラークラスのコーチMGが受け持つレッスン生の合同飲み会に私もなぜか参加(笑)。
ま、私だってレギュラーじゃないけど、ちょこっとレッスン受けてたりするし〜。

知ってる人、知らない人、入り混じっていろんな話が聞けてよかったわ。
こういった場での情報交換っていいね(笑)。

そんな2次会での雑談の中、8年間のテニスのブランクを埋めるために必死になったというコーチMGの話にひかれた。
「そのときに何をしたかって、どうずればブランクを埋めることができるのか、自分で必死に考えた。そしてそれをひとつづつつぶしていった。あのときはもうがむしゃらになった。」と。

コーチでも友達でも誰でもない、「自分」が「自分をどうすればいいのか」を「自分で考える」しかないのだと。
めずらしくいい話を聞いた(笑)。

といってもこの話、実は前にも聞いたことがある(笑)。
でもそのときは、別に心に響かなかった。
「今の私」にコーチの話はとってもタイムリーだった。

「自分で自分を磨け。」

さらばっ

posted by ドロシャン at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

アイスマン隊長レッスン:雁行から並行へ(相手並行)

雁行対並行(相手)から並行対並行へ。
相手が並行である時点で、すでに相手には有利。
雁行の自分たちが短いボールをアプローチショットで前につめて、並行対並行となり、そこからボレー戦でいかに有利に運んでいくか。

まずは、アプローチショットから前につめてファーストボレーまでをコーチの球出しで練習。
アプローチショットは、フォア及びバックサイドともスライスで返して相手クロス方向の足元(センター付近)へ確実に沈める。
スライスで返すことによって、自分が前につめる時間を稼ぐことができる。(←返す相手はクロス方向前衛なので、速く返せば速く返ってくる)
次にファーストボレーは、フォアサイドではバック、バックサイドではフォアでボレーし、クロス方向相手前衛の足元をねらう。
相手足元の左右どちらをねらってもいいが、ボールが前後にぶれることのないように注意する。
このときのボレーもやっぱり手堅くまずはセンターをねらうのが確実だろうな。次のボールへの反応がしやすい。

アプローチショットもファーストボレーも相手足元にきっちり沈めることが重要。

その後のボレー戦では、自分の打ったボレーがうまく沈めることができたときには、一歩前につめて次に浮いてきたボールで決める。
逆に自分のボレーが浮いてしまった場合には、前につめずに(←ポジション自体を下げないこと)腰を落とし、ラケットも下げて相手が上から下にたたいてくるボールに備える。
そのボールを下から上にラケットをはらう感じでブロックすれば、次第にラケットにボールがあたるようになる。(←と、コーチ)

ボレー戦では、相手のラケット面をしっかりみてコースを予測する。
このボレー練習では、気持ちで負けないポジション(←後ろに下がらない)で、常に攻めの気持ちをもち、それがまた相手へのプレッシャーにもなることを学んだ。

さらばっ

(おまけ)
逆の視点(2人並行側)の視点から考えると、相手後衛がアプローチショットをスライスで返してくるなと判断したら、相手後衛のストレート方向前衛がポーチに出る。
もしくは、前につめてきた相手後衛のファーストボレーをストレート方向前衛がポーチに出る。
ってのもアリだな(笑)。

posted by ドロシャン at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

気持ちがバテバテ

ひ〜、毎日暑いっ(泣)。
だけど、食欲はある(笑)。
いちおうテニスのレッスンにも行ってはいる。

月曜日はサニーで久々のKJコーチレッスン。
相手のセカンドサーブから攻めていく練習もある程度目途がたったのか、いよいよ次回から自分のサービスゲームで攻めてキープしていく練習に移行していくらしい。
楽しみだけど・・・、ちょっと不安でもある。

火曜日は同じくサニーで振替レッスン。
コーチはAコーチ。
お初参加でちょっと緊張。
9時半からのレッスンに間に合うようにバイクで爆走。
まずは、ローテーションしながらショートラリー。
コーチとのラリーでは、コーチのボールが途中からバックに集まって一気に弱点強化(泣)。
朝一のレッスンでからだもまだ動いてないってことで、コーチの球出しからのフットワークを使ってのストローク練習。
フォアでは、回り込んでフォア、短いボールに対しては一歩前に踏み込んで。
バック側では、フォアとバック交互にクロス方向へ。

次にクロスで1対2(雁行ポジション)での練習。
1(後衛)対2(雁行後衛)の深いストロークラリーからチャンスを見て2(雁行前衛)がボレーをする。
1のボールの方向(角度)で自分のボレーすべきボールを判断する。
2(雁行後衛)は、1へ深いボールを返すようにする。
そして、チャンスを見て前につめてくる。

スマッシュ。
バックサイドサービスラインから2歩前のポジションから、右斜め後ろ(センターT字付近)に上がったボールをまずはストレートに深くつなぎのスマッシュ。
その後、前につめて次のボールを角度をつけて決めにいく。
強さはいらない、ていねいにコースをねらう。

最後はゲーム練習。
リターンミスが多い点についてアドバイス。
ファーストサーブは、コンパクトなスイングでブロックリターン。
セカンドは、もう少しスイングを大きく打ちに行く。

最後の最後のゲームで私のサービスゲーム。
気合と集中の甲斐あってダブルフォルトなし(安堵)。

充実のレッスン。
だけど、その後はなんだか妙に気持ちがバテバテ。
何をするのもめんどくさい・・・。

ふ〜

posted by ドロシャン at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

コソ練:ランニング31

blank: 1 day
menu: running
time: about 25 minutes
course: 4.0km(自宅周辺4km×1周)

夜でも暑いっ(泣)。
息苦し〜。

ゆえに本日1周で完。

posted by ドロシャン at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

コソ練:ランニング30

blank: 4 days
menu: running
time: about 50 minutes
course: 8.0km(自宅周辺4km×2周)

テニスもしてないし〜、なのに食べてばっかりだし〜。
この辺で走っとかないとヤバイ〜。

からだは全然疲れてないので、軽く2周。
最後は50mダッシュでfinish。

ブラボ〜。

posted by ドロシャン at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

サニー隊長レッスン:並行陣(並行)ペアの攻略

サービスライン付近で並行陣(並行)のペアは、攻めるよりも守りに徹している。
どちらかが前につめるでもなく、ひたすら返ってきたボールをしのぐ。
返すボールも決して打ち込んだボールではなく、むしろこちらが打ち込みやすいボールだったりする。
そのボールを打ち込んでもこれは、相手ペアの思う壺。
軽く面をあてて返してくる、(←ひたすら返してくる)

こんなペアを相手にどのようにしてゲームの主導権を握っていくか。
使いどころはやはりセンター。

並行対並行でのケース。
二人の真ん中(センター)足元にゆっくりのボールでまずはボレーで相手にとらせる。
ボレーを打った人、そのペアは、一歩前につめる動きを見せる。(←相手へのプレッシャーになる)
この辺の動きは、前回みっちり教わっていた。
だけど、自分が試合に出た場合に並行対並行というsituationはあんまりない。
なので、ちょっと忘れたいた。

並行対雁行でのケース。
雁行後衛が後ろから速いボールを打ち込んでも相手並行ペアはそれほどプレッシャーを感じない。
そういうボールを待っていればwelcomeで逆に相手に決められてしまう。
そうなると、より厳しいコース(アレー)とかにねらうしかないと考えるよりも、センターロブで相手ペアを考えさせるボールを返すのがとっても有効。
「雁行後衛ポジションから相手並行ペアのセンターはどこなのか。」私が思っていたセンターとコーチが指すセンターが若干違う。
相手並行ペアがセンター方向へラケットを出してその距離高さを確認。
アレー付近からセンターをねらって返す場合、私が今まで思っていたよりももう少しストレート方向に近い方向をねらって返すとだいたい相手並行ペアのいやなエリアに行くようだ。

速いボールに対しては、練習を重ねていけば条件反射で返すことができる。
それよりも相手を考えさせるボールは、相手に学習能力が必要となってくる。
そうすると相手はどまどい、ポジションを考え、自分のボールかペアのボールか悩み動きがにぶくなる。
とりあえず返すボールがこちらにとってはチャンスボールとなる。
それを前につめて決めればOK。

自分の返すボールが相手にとってどうなのか?
「待ってました。」よりも「えっ、どう返そう・・・?」と悩ませるボールが必要であるのだと今日は再確認した。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

コソ練:ランニング29

blank: 0 day
menu: running
time: about 25 minutes
course: 4.0km(自宅周辺4km×1周)

走れるときに走っとこ。


だけど、やっぱりちょっとしんどかったので1周で終了。

ムリはしないさ(笑)〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yoshiコーチレッスン:ロブ

苦手なロブ(泣)。

コーチとのクロスでのボレスト(コーチがボレー)。
コーチの動きを見て、前につめてきたなと思ったらロブを上げるという練習。

今日はバックアウトが多かった。
あ、サイドアウトも多かった(泣)。
相手の頭を抜こうと思わずに、下がらせて打たせる高さで充分。
サイドをねらって打つというよりも、センター寄りで上げて多少のブレをカバーするというつもりでいい。

後半の陣形練習。
死に球の処理ができていない。
しっかりとからだを入れて打ちにいくようにとのアドバイス。


もっと練習しよう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

コソ練:ランニング28

blank: 21 days
menu: running
time: about 50 minutes
course: 8.0km(自宅周辺4km×2周)

反省のランニング。
気持ちを引き締めるためのランニング。
迷いを取り除くためのランニング。

やけになって自宅周辺2周完走。
夜のランニング
(メリット)
日に焼けないこと。
すっぴんで走るので、普段できない顔の汗をタオルでぐわ〜っとぬぐえること。
(デメリット)
暗くて周りが見えにくいこと。
ちょっと怖いこと。(←たぶん襲われたりはしないけど)

総合して、今の季節は夜ランニングがベスト。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レディースマンスリー3

サクッと結果報告。

リーグ戦
第1試合:2-6で負け
第2試合:4-6で負け
第3試合:1-6で負け

4位トー進出
足長?らしくちょい待ち。
呼ばれてコートに駆けつけ、1-6で負け。

3位決定戦
1-6で負けと。

「エントリー数が少ないから賞品ねらい目やで〜。」って言葉にそそのかされて出てみたけど、練習不足の状態で出ても結果はでない(泣)。

テニスがご無沙汰ってだけで、もう気持ちがひいてるし・・・。
コートがカラカラでしっかり踏みしめられないし・・・。
午後から強風が舞って劣悪コンデションだし・・・。

愚痴しかでない自分が情けない(泣)。
そんなに簡単に上達しない(←再び弱気)ってことだけど、今までやってきたことをこれからも続けていってはたして自分の望む結果ってだせるのだろうか・・・、疑問。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

ご無沙汰テニス

な〜んかこう・・・、思うようにテニスができないな〜。
お昼間にもっとテニスができそうなもんだけど、実際にはあんまりできてない(残念)・・・。

ん〜。

posted by ドロシャン at 20:35| Comment(4) | TrackBack(1) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。