2007年12月30日

今年を振り返ると

今年はテニスを主に日々を過ごす心構えでいたけれど、振り返ってみるとそれほど満足にテニスをした感はない。
時間があるのにテニスができない。
試合に出たいのに、出られない。(←理由はいろいろ)
そんなこんなで今年はやはり不完全燃焼。
来年に向けてもっと計画的に時間を作り、予定を組み込んでいきたい。

テニスだけでなく、仕事も続けていきたい(←そこそこに抑えつつ)のでこのバランスをいかにうまく保っていくかも重要。
気持ちを切りかえてテニスのときにはどっぷりテニスに没頭しよう。
時間を有効に使って効率的に技術向上を目指す。

ランニングも週2ペースで続けていこう。

よし、来年こそは・・・。

posted by ドロシャン at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Weblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

コソ練:ランニング58

blank: 1 day
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

ごはんにはお味噌汁がつくように、
食後にはデザート&コーヒーでほっこり落ち着くように、
ビールを飲んだらおつまみ、
ワインにはチーズ、
塩たん食べたら、次はハラミに進むように、
飲んだ後のしめは、ラーメンであるように、(←どんどん離れていく(笑)〜)

私にとって、レッスン&ランニングは今やセットメニューでございます(笑)。

さらばっ



posted by ドロシャン at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yoshiコーチレッスン:アプローチショットからの展開

なんか最近こればっか(笑)。

コーチとのクロスでのボレスト。(←アプローチから)
私がボレーヤー。
からだの正面にきたボールをバックでボレーするときの処理がだめらしい。
面を押し出す(←ちょっと振ってる)のではなく、インパクト後面をとめる感じかな・・・。

また、シングルバックハンドのスライスができれば、バックボレーの処理もマスターできるとのことで、次回以降そのレッスンも盛り込みますとのこと。(←うれしい)

最後のゲーム練習。
雁行後衛フォアサイドで、相手のロブを左に走らされ、私としてはそのままストレートにゆっくり返して体勢を立て直したかった。
しかし、ボールはクロス方向浅め(←相手バックサイド前衛のドチャンスボール)に行ってしまった(泣)。
ゲーム終了後、このことをコーチに話すと、
「足を思いっきりクローズドスタンスにしてみてください。右足を左足よりもサイド寄りにセットすることで、スイングしても肩は開かないのでボールはクロスへは行かない。」と。

ふむ、やってみよう。
ポイントは右足。

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

コソ練:ランニング57

blank: 1 day
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

定番メニュー。
しめを忘れずに(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスマン隊長レッスン:前並行でのペアとの動き

すべてコーチの球出し。
コーチ側は、コーチフォアサイド後衛の雁行。
受ける側は最初雁行、その後並行。

1球目:フォアサイドからアプローチショットで前に出る。

2球目:ファーストボレーをクロスへ。

3球目:バックサイドのペア前衛のサイド側に出されたコーチのボールをバックサイド前衛は、走らされてボレー。
走らされて返すボールなので、ストレートもしくは相手後衛のバックサイド側足元深くにコントロールしてボレーするのがベスト。(←できない)
このとき、フォアサイド側前衛のペアは、ポジションをセンターにしぼる。
センターを1、フォアサイドのサイド側を2、バックサイドのサイド側を3とするならば、この状況では2が空いている。
フォアサイド側前衛は、2が空いていることを意識しながらセンターを守る。
バックサイド側前衛は、決してクロスのアングルには返さないこと。
そんなことをすれば、相手前衛に空いた2に決められてしまう。
バックサイド側前衛はボレー後、すかかず戻る体勢に。

4球目:センターに出されたボールをフォアサイド側前衛はそのままステイして相手後衛に。

5球目:フォアサイド側2にボールが出されるので、フォアサイド側前衛は、4球めをボレー後すかさずサイドへ寄る。
このときのボレーのコースは、相手バックサイド前衛のバック側(ボールが浮いて決めるとき)、もしくは相手フォアサイド後衛深く(つなぐとき)。
ペアバックサイド側前衛は、もちろんセンターによって3をあけてることを意識しつつ、しっかりとセンターを守る。

この繰り返し。

ペアとのポジショニング。(←ペアとの距離を一定に)
ボレーのコース。(←時間をかせぐのか、決めるのか)
空けてるエリアを意識(←意識してると、動ける)
ボールの行った方向に正体するだけで、打てる範囲は広がる。

さらばっ

(おまけ)
女ダブでは、2(前衛)対1(雁行後衛)で攻めてた場合、雁行後衛はロブを上げることが多い。
課題は、その判断。
そしてその後ロブをとりに行くすばやい動き(泣)。


posted by ドロシャン at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

コソ練:ランニング56

blank: 6 days
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

テニスの後にランニングすると、「一人で走るランニングってなんて楽しんだろう。」と思う(笑)。
テニスがつら過ぎ?
たぶん・・・つらい。(←今日は特に)

相手のペアの動きを考え、自分のペアとのコンビネーションを考えるテニスがつらい(泣)。
相手の打とうとするコースが読めないのがつらい(泣)。
展開の先が読めないのがつらい(笑)。
的確なポジショニングができないのがつらい(泣)。

なにかが足りない。
「見ること」
「判断すること」
「動くこと」

あ〜、つらい、つらい。

基礎からやり直しかな〜。

posted by ドロシャン at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

コソ練:ランニング55

blank: 1 day
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

緩走。

(おまけ)
昨日BTGフロントのスタッフの方とマラソン談義。
高槻シティ国際ハーフマラソンってのがあるらしい。
コースが街中なので楽しそう。
本格的マラソンランナー気分を味わえそうだ。

一瞬その気になったけど(笑)。
とりあえず、やめておこう(笑)。


posted by ドロシャン at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yoshiコーチレッスン

振替。
昨日のキャプ練でなんとなくいい感じになってきたので、もろもろ忘れないようにと念押しで受けてみて・・・。

一晩で状況は変わった感じ(泣)?

コツコツとね(泣)。

さらばっ

(おまけ)
「なんとなくいい感じ」というのは、サニー隊長レッスンで受けた「見えるところでボールを打つ。」こと。
ボールが見えると、相手コートが見える。
相手のポジションを感じとれる。
次に自分の打ちたいコースに打てる態勢が作れてる。
など。

posted by ドロシャン at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

コソ練:ランニング54

blank: 2 days
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

走ってます。

by まじめなドロシャン(笑)。

posted by ドロシャン at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サニー隊長レッスン:ボールを受け止める技術他

言葉巧みにサニー隊長独特の言い回しでいろんなことの説明を受けたけれど、それを言葉に表すのは非常に難しい(苦笑)。
具体的になにをどうしてどうするというものではなく、感覚的なもの。
誠に抽象的な表現しかできないけれどつまりは、
「この感じ」
「この感覚」
「このリズム」
「このタイミング」
「ボールが見える、周りが見えるこの一瞬」
みたいなもの(笑)・・・。(←読んでる方はわかんないね〜)

ボールを受け止めるという感覚。
打ち急がず、ためて(打つタイミングと気持ちをあわせて)打つ感覚。
サーブした自分のボールを目で追えるぐらいのゆったりした心の余裕。
ボールを見ようとしても見えない。かえって視野がせまくなるだけ。見えにくいところでボールを見て打とうとしている自分に気づき、見えるところで打つ、見える場所を探す。
とか。

な〜んとなく感覚的にわかったかな(微妙)〜。

さらばっ



posted by ドロシャン at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

コソ練:ランニング53

blank: 2 days
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

posted by ドロシャン at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

コソ練:ランニング52

blank: 7 days
menu: running
time: about 38 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5km×1周)

ハーフマラソンを走り終えたからといって、ランニングをやめることはしない。
定期的(できれは週2ぐらい)に時間を作って走り続けるんです、はい。

今日はキャプ練の前にアップのつもりで走ったものの、からだがやや重いな〜。
マラソンの疲れはもうないはずなのに・・・。
ぼちぼち走って38分。

今日のところはよしとしとこう(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。