2008年07月25日

AKコーチレッスン:縦攻めの効果

早く前(並行)を取っていくのが攻めだと思っていた。
だけど、どうもそうじゃない。

相手が並行になったとき、フォアサイド後衛は相手バックサイド前衛に対して
@ストレートへ相手のバックサイドにボールを沈める。
A少し下がらせてバックハイで取らせるような中ロブを上げる。
B相手バックサイド前衛の上をぬくロブを上げる。

こういったボールから相手並行、自分たちが雁行でも攻めていける。
@ABともボールが甘くなったら、逆に攻められる。
それぞれしっかりとコントロールよくねらうことが攻めにつながる。

一方、並行側。
雁行フォアサイド後衛が@ABでしっかりとねらってきた場合、返すボールはしのぎのボールになる。
だから、前に出てもしのぎが多くなると思っていいくらいだろう。
そのしのぎのボールをどう返すか。
@なら、センターベースライン深くバックボレー。
Aなら・・・、Aもやっぱりセンターベースライン深くバックボレーかな。体勢を立て直す時間を作るためにゆっくりめか。
ストレートも可?
浅く返しちゃうと相手に攻められる。
センターよりのなるべくベースライン深くがいいか。
私レベルではバックハイをそんなコースに返すのはちょっと難しいか。
せめて時間だけでもかせぐためにゆ〜っくりの軌道でセンターにしのごう。
Bは、ロブに反応できたらまずはストレートでOKでしょう。
下がらされてなんとか返した後、相手が打つときには止まって構える。
反応できそうになかったら、すかさずチェンジ(笑)。

いずれにしても自分の返したボールをしっかりと把握しておくことだ。
たびたびコーチに言われることは、自分のボールが行った方向に前につめるのではなくて、向かってくるボールに対して前につめて打ちに行くこと。

上がる(ロブ)のか?
浮く(浅いボール)のか?

その判断がまだちょっと・・・、できません(泣)。

テーマがそれましたが、今日はそうやってたてをうまく使うことで攻めていけるというものでした(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:01| Comment(4) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

練習会

ちょっと無理をしてレベルの高い練習会に参加(笑)。
もちろんペアも組んでもらうには申し訳ないくらい上手な人。
練習会ということで、皆さんとても心が広い(嬉)。
今日は、そんな上手な人とペアを組んで自分のテニスとの差を思い知ろうというややM的なたくらみ(笑)。

○しのぐボールが2つ3つ確実に私よりも多い。
前衛ポジションでも相手が打ち込んでくるボールを面を作って待ってる。
コースを予測できてるってことだろうな。
それとポジションもいいのか・・・。
それを2つ3つしのぐんだから、すごいと思う。

○後ろに下がれば前に落とし、前に上がってくればロブを上げる。
相手の動きを十分に見てボールをコントロールしている。(←やられたのは私です(苦笑))

○浅いロブを上げた後の対処
浅くなってしまったロブを相手は、足元に打ち込んでくる。
私は、ノーバンで返そうか、ワンバンで返そうか悩んでしまう。
ロブが浅くなってしまったら、その場で面を作って構えておく。
そして「タ・ターン」のライジングでロブ気味に返すらしい。(←ペアのアドバイス)

○次の手まで考えた返球
バックサイド後衛からストレート方向相手並行陣足元にボールを落とし、相手のラケット面から浮いてくるであろうボールを予測し、前にすかさずつめてフォアボレーて上からたたく。
すべて計算されたポイントの取り方。(←圧巻)
フォアサイド前衛の私、見てるだけ(泣)。

相手ペアの方からもアドバイスをもらった。
サイドアウトは、からだが開きすぎているから。(←懸案事項)
オープンスタンスで返球するにしても、上体のひねりが足らず、手打ちになっている。
今のうちにこれはちゃんと直しておかなくてはならないな。

バックサイド後衛ポジションで、アプローチショットから前に上がり、相手のボールが浮いてきたのでフォアボレーで相手フォアサイド前衛足元にと思ってボレーをしてもネット。
ん〜、なんでや?
これも相手ペアの方からアドバイス。
スピンをかけて返球しているので、ボールが落ちてきているところでボレーしているのかも。
いつもよりもっと前(ボールが落ちないうちに)でボレーするか、逆に待ってワンバンで返すのがいいかもと。
なるほど〜。

唯一嬉しかったのは、フォアサイド前衛ポジションからバックボレーが相手フォアサイド前衛のアレー側足元に決まったこと。
こういったケースでの私は、いつも相手並行陣バックサイド前衛にボレーしちゃって、自分はさらっと左に逃げきり後はよろしく〜とやり逃げヒンシュクボレー。
相手並行陣バックサイド前衛は待ってましたとばかりにストレートへ。
私のペアはバックサイド後衛からそのボールを追っても時すでに遅し・・・。(←ほんとごめんなさい)
今日それができたのは、やっぱりいつもより右肩の入りがよかったのかしらん・・・。

暑い中ほんとがんばった(笑)。
今日得たことを次につなげよう。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

サニーイベント

ダブルス3ペアによる団体戦。
今日の私のペアは、U子さん。
バックサイドに入らせていただいた。
お初ペアでの試合だったけれど、U子さんとはとってもやりやすかった。
攻め心あり、しのぎもきっちり。
私の決めボールのミス連発、ごめんなさい(泣)。
落ち着きないな〜。

リーグ戦15分マッチ、ノーアドバンテージ方式。
総獲得ゲーム数で勝敗決定。

私たちペアは、なんと全勝。
勝つと楽しいね(笑)。
2位トー進出。
本戦20分マッチ、3ペア総獲得ゲーム数13-7でみごと3位入賞。

賞品はこちら。↓

s-P1030591.jpg

3位だと賞品もいいよ(笑)。

来年は上のクラス(マスタークラス)に出よう。

posted by ドロシャン at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

コソ練:ランニング2008-27

blank: 49 days
menu: running
time: about 70 minutes
course: 11km(万博外周5.5kmコース×2周)

あっつ------------------いっ(半怒)!!
夕方なのになんでこんなに暑いんっ。
暑くなければ、もっと快適に走れたのに・・・。

1周走ったところで、給水。
たっぷり水分補給して、いざもう1周。
このままやめてもよかったけれど、やめるわけにはいかない(笑)。

金曜夜のNHKスポーツ大陸「窮地の向こうに世界を見据えて〜テニス 錦織圭〜」見ましたか?
錦織くんがあんなにがんばっているのに、私だけラクしてやめるわけにはいかないのですよ(笑)。
錦織くんといっしょに渡米した仲間の何人かは挫折して日本に帰国したけど、彼は孤独に耐えながらがんばっている。
だから、私も走らなきゃいけない(笑)。(←すごい飛躍)
錦織くんのために「プロジェクト45」(←松岡修造の最高ランキングが46位、それを越えるという意味)というチームが結成され、彼を全面的にサポート。
私は彼のような才能がないので、もちろんそんなプロジェクトなんてない(笑)。(←当たり前)
だから、こうして一人黙々と走り続ける。

今日はかなり危ない世界に入り込んだ妄想ランニング(笑)。
が、言いたいことは、「秀でた才能のない人間は、日々努力するしかない。」ということ。
だけど、「努力」だけでも十分じゃない。
あと、必要なものは「情熱」。

テニスに対するアツい思いがある限り、日々努力していきます。

さらばっ

(2008年ランニング記録)
1月累計走行距離:16.5km
2月累計走行距離:26km
3月累計走行距離:52km
4月累計走行距離:15km
5月累計走行距離:16.5km
6月累計走行距離:16.5km
7月累計走行距離:11km
年間累計走行距離:153.5km

posted by ドロシャン at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

練習会@BTG

いつもの調子がでなかったのはなぜかと考える。
いや、決していつもとっても調子がいいわけじゃないので誤解のないように(笑)。
いつもと違ったミスを連発してしまった原因を探る。

やはりアンツーカというサーフェスは大きい。
特に今日は非常に乾いてザラザラと滑る、滑る。
踏ん張りがきかない。
その分上体(特にラケット、腕、手)でなんとかしようとしてしまう。
だからいつも以上に上体に力が入ってしまう。
ボレーのミス連発。
ん〜、でもアンツーカの経験が浅いわけじゃないのでこの理由もあまり大きな声じゃ言えないな(泣)。

ストロークのボールもいつものように自分に向かってこない。
だからいつも以上に自分からボールに向かっていかなないといけないし、いつもの打点では返せない。
そうなるとライジングではやいタイミングで返してしまうことだ。
そう、タ・ターンのリズム(笑)。
イレギュラーも多かったし、じっくりストロークなんてできない状態。
アンツーカでは積極的に前に出てイレギュラーボールを返さないようボレー重視なのか。

そう思って前に出たものの、足元に沈められたボールを返せない。
たぶん、棒立ちのまま手だけのボレーをしていたと思う。
腰を落としていない。
ひざが固いのよっ(怒)。

あ----------------------っ!!

叫びたいっ!!

さらばっ

(おまけ)
私「今日は1個も勝てなかったね(半泣)。」
kakoちゃん「デュースが多かったね。でも1試合1試合前より長くなってるよ。前はすぐ終わってたもん。私らちょっとずつ上手になってるって(笑)。」
positiveなペアに救われたドロシャンです(笑)。

posted by ドロシャン at 15:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

サニー練習会17

軸。

軸。

コートに入れば、軸を意識。
それくらいの気持ちです、今の私。
特にサーブでトスを上げるとき、このトス位置で軸の中心でインパクトできるか・・・と考える。
想いはトスとおへそ。
このマッチングによりサーブが入るか入らないかが決まる、とも言える。(←私の場合ね)

おへそと言えばもうひとつ。
ストロークでの構え、ボレーでの構え、おへそとグリップエンドの距離がどんな状態かも考える。
特にリターンでおへそとグリップエンドの距離が遠いといいことない(泣)。
実際にリターンするときに、脇が開いてるか、お尻がひけてることが多く大抵そんな時はミス。
サービスリターンも「タ・ターン」のライジングのリズムで面をセットして返すぐらいのほうがバカ振りせずにいいようだ。
へんにラケットを引かなくて済むし、返すコースもいろいろ選択しやすい気がする。

残念だな〜と思うのは、フォアサイド前衛でのボレー。
残念だな〜と言うより、「それはいかんやろ〜。」と突っ込まれる、たぶん。
そう、いらんところで手を出す悪いくせ。
「バックボレーでそのボールを返してどうするん?」
とまた叱咤される、たぶん。
つい手を出してしまうのは、そういう気(←自分が取れそうな気)にさせるコースで打ってくる相手がうまいとも言える(笑)?
いや、やはり自分の判断ミスだ(泣)。
そうやって無理をして、自分を追い込み、ペアを追い込み、ボールを追えずポイントを失う・・・。
なんとも悲しい流れです。

じゃあバックサイド前衛にいるときはどうなのか?
こっちはフォアボレーになるから積極的に出てもOKだろうと思う。
なのに、なぜか出そびれたりする。
「あっ、今の・・・。」
そのときにはもう遅い。
あ〜あ、全然だめじゃん。

こうやって一日を振り返るのは、自分のミスばかり。
ミスの原因を検証する。
同じミスは繰り返さない。
ミスを確実に減らしていく。
・・・ようにします。

さらばっ

(おまけ)
帰りの車中での会話。
kakoちゃん「私ら前よりはちょっとずつ上手になってるで〜。」(←なぐさめ役)
私「ちょっとずつじゃあかんねん、いっぱいずつじゃないとっ。」
強欲なドロシャンです(笑)。



posted by ドロシャン at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

Oコーチレッスン:攻めと守り

今日は4人。

センターからのコーチの球出しでストロークとボレーの練習。
フォアサイド前衛に一人。
ベースラインバックサイド後衛ポジションからコーチの球出しでコーチ側フォアサイド前衛にボールを沈める(フォアハンドストローク)。
2球めセンター、3球めフォアサイドへの球出しも同じように相手フォアサイド前衛の足元に沈めるボールを返す練習。
フォアサイド前衛はそれぞれ3球のボールをクロス方向(相手コートフォアサイド側深くアレーエリア)にしのぎのボレー。
ストレートのボールに対してはフォアボレーでやや前めのインパクトでクロスへ。
センターからのボール、フォアサイドからのボールは少し自分の懐に呼び込んでバックボレーをするイメージだろうか・・・。
くるボールにからだを正対させて構えること。

前衛ポジションでバックサイド後衛からストレート方向にきたボールの処理にてこずった。
自分はフォア待ちでいるのに、からだの中心とかやや左側とかにきたボールをバックボレーでクロス方向に深く返すのはかなり難しい。
うまくからだを右に逃がしてボールを運べたらいいが、からだの真ん中でラケット面にボールをあてるだけだと、短いボールでしか返らない。
同じようにバックサイド前衛でストレート(からだの右側)にきたボール(相手はベースラインからのバックハンドストローク)をからだを左に逃がして逆クロスで深く返すフォアボレーも相当難しい。
からだの反応が遅れでどうしてもボールとの距離が近すぎてしまう感じだ。
まだまだ、読みが甘いってことか。

サービスダッシュからのクロスラリー。
リターン側は相手がサービスダッシュしてきたら、まずは足元に1球沈める。
沈みきらないと浮いたボールをたたかれる。
サーバーもサーブはセンターに入れて角度をつけてリターンされないようにする。

前に出る側、出られる側。
それぞれの立場でどういうボールを返して攻めるのか、しのぐのか。
後半のゲーム練習では、その辺のところをしっかしと意識しながら集中。
午前中のレッスンの「タ・ターン」のライジングを使うべくサービスライン付近で沈められたボールをていねいに処理。
中途半端に浮かないように無駄な力を出さずに沈める、沈める・・・。
たまに上げたりしてみたいんだけど、余裕がない。
余裕がないってことはボールのスピードについていけてないってことだろう。
一度ペースを落として相手とボールが見えるように軌道修正もしたいところだ。

まだまだ練習が足りない。

さらばっ

(おまけ)
サービスダッシュもサーブがセンターに入り、自分もすばやく前につめ、相手のリターンが浮き、それをすかさず上からたたいて決めちゃうとたたみかけるようにポイントが取れる(嬉)。
超簡単(笑)。
だけど3つ揃わないとダメです。
サーブが甘くなれば、相手にリターンのコースを選ばせて攻められてしまう。
相手リターンが上手で前に出た自分の足元にしっかり沈められたら逆にそのボールが浮いてしまって相手前衛にボレーで決められるか、もしくは後衛のすばやい前詰めからの攻撃に玉砕(泣)・・・。

いつもイメージどおりにゲームは運ばないものなのです(泣)。

posted by ドロシャン at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AKコーチレッスン:ライジング処理他

毎日お暑うございます(笑)。
暑い中それなりに練習しております。

火曜日レギュラー朝一のAKコーチレッスン。
今日はサービスライン、ベースラインでのライジング処理の練習。

サービスラインで足元に沈められたボールをライジングで返す。
「タ・ターン」のリズム。
ラケットを後ろに引かない。
実際試合の中で足元に沈められてラケットを引く時間などない。
来るボールに面をあわせて押す感じ。
また、来たボールの速さにあわせて返すこともポイント。
ゆっくり返ってきたボールに対して強く押しすぎるとネットになりやすい。

ベースラインでのライジング処理は、サービスラインでのそれと少し違う。
サービスラインと同じように返してしまうとネットになる。
「タ・ターン」のリズムは同じだけれど、踏み込み足にしっかりと体重をのせ、打った後そのまま前に出て行くぐらいの感じ。
ベースラインで深いボールが返ってきたときに、バウンドさせて下がって返すと、必ず前に落とされる。
そうされないためにライジングで早いタイミングで返し、前に入って攻めていく。
後ろに下がるのは相当不利になる。

クロスで2対1のラリー。
1側(バックサイド後衛)はコーチ固定。
クロス方向に2人。
一人はセンター付近でベースライン(後衛)、もう一人はサービスラインアレー側(前衛)。
後衛はコーチの球出しボールをしっかり深く返す。
時に前半で練習したラインジングでタイミングを変えて返球。
前衛は、自分の方向に来たボールを深くつなぎのボレー。
打ったら定位置に戻って構える。
出過ぎない。
自分のボールなのか、後衛のボールなのかをコーチのラケット面、肩の入り方、足先の方向などで判断しなきゃいけないらしいがなかなか難しい。
どのボールも取りに行くとどんどんしんどくなる。
my ballの見極めがもっとできるようにならないといけない。

左右にふられるボレー。
バックサイドサービスライン付近でアレー側に球出しされたボールをバックボレー、その後すかさずセンターにつめてフォアボレー。
アレーに出されたバックボレー、足を滑らせて返すというよりも歩いてとるイメージ。
滑ってしまっては、戻りが遅れて次のボールに対処できない。
歩くぐらいの気持ちで取りに行けば、次につなげられる。
バックボレーの後は、すぐにセンター斜め前に走ってフォアボレー。
あくまで動きの練習。

フォアサイドでも同じように左右にふられるボレー。
さきほどのバックボレーとは若干違う。
アレーに出されたボールはフォアボレー、次のボールはバックボレーで返すことになる。
フォアボレーを打ったあと、体勢を戻しひとまずコーチの球出しのボールがどこに出るのか見る。
あわててセンターにつめる必要はない。
バックサイドにペア前衛がいることを想定すれば、ボールのコースによってはフォアボレーで攻めてもらえる可能性があるからだ。
ここが先ほどのバックサイドでの練習と違うところ。
不必要にセンターに出すぎてバックボレーで返したところで、逆に自分を苦しめることになることは往々にしてある。(←自分のこと)

4人で1つのボールでボレーボレー。
今日習ったライジング、左右にふられたときの実践練習。
足元に沈められたボールをライジングで返してそのままロブに。
コーチのこのテクニックを見て、「ほ〜〜」
ぜひやりたい(笑)。
上も使わなきゃ〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

サニー練習会16

1試合めは、バックサイド。
2試合め以降はフォアサイドで。

自分がどっちのサイドに入るのがいいのか非常に難しい。
ファアサイドでもバックサイドでもそれぞれ利点、難点がある。

フォアサイド
クロスでのストロークが相手フォアサイドのアレーに行き過ぎてしまうくせがなかなかとれない。(←今日はそれでもだいぶ修正できてミスは少なかった。)
前に走らされて返すボールをクロスにしか返せない。(←ストレートにあげるべき)
アプローチショットから前に出て、フォアのハイボレーをネットミス。
センターに入った相手のサーブをバックハンドでストレートロブをあげるのはかなりの確率で成功。(←今日だけか(苦笑)?)

バックサイド
ストロークに関しては、フォアのような不安がない分気持ちよく返せる。逆クロで打つのが結構好きかも。
また、フォアサイドからよりもバックサイドからストレートロブを上げるほうが確率が高いか・・・。
前につめてのフォアボレーを決めるコースに難あり。(←今の私の打点とスイングでは、アレー(相手フォアサイド)にしか行かない。)
つまりは、ミスにつながる可能性大。
センターや相手バックサイドアレー側、特にバックサイドアレー側にからだの向きを作ってフォアボレーできる技量がない。

とほほ・・・。

どちらのサイドでもなんだか決定打にかけて中途半端だなあ・・・。

前衛ポジションでも悩みは多い。
どこで構えるのがベストなのか、まだ十分にわかっていない。

は〜、悩みはつきない。

さらばっ

(おまけ)
軸の安定について
上体がブレずに地面に対して垂直であることだけでなく、おへその延長線上(軸の中心)の打点でしっかりボールを返すこと(←一番力が入るところ)ができることでもあるということを今日知った(泣)。

目からうろこ。

もっとおへそを意識しよう。

posted by ドロシャン at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。