2009年04月15日

試合に向けて

昨日のレギュラーレッスンと今日の振替レッスンでは、試合を前にゲーム練習を多くしたメニュー。

2日同じコーチに見てもらって、いただいたアドバイス。

1)アプローチショット
短いボールが返ってきたときには、積極的にアプローチショットから前に出ましょう。
ステイするつもりのストロークがバックアウトになったのは、からだがひいてしまってボールが浮いたため。

2)下がらされて返すボール
相手の深いボールでベースラインから下がらされて返すボールを速く返してしまうと、ネット前に落とされてしまう。
自分が戻れる時間を作るゆっくりのボールが必要。

3)サーブ
サーブがネットしたときには、トスを気持ち後ろめに。

4)緩いボール
攻められて返すボールを浮かせてしまうとたたかれてしまうので、ゆっくりと緩いボールで相手の足元に沈める。
ラケット面を軽くあてるだけのタッチ。

まだあったような(苦笑)・・・。

posted by ドロシャン at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コソ練:ランニング2009-15

blank: 2 days
menu: running
time: about 36 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5kmコース×1周)

レッスンの前にrun。

(追加メニュー)
ランニングだけじゃなく、腹筋背筋も鍛えないといけないようだ。

(2009年ランニング記録)
1月累計走行距離:5.5km
2月累計走行距離:27.5km
3月累計走行距離:27.5km
4月累計走行距離:22km
年間累計走行距離:83km

(2008年ランニング記録)
1月累計走行距離:16.5km
2月累計走行距離:26km
3月累計走行距離:52km
4月累計走行距離:15km
5月累計走行距離:16.5km
6月累計走行距離:16.5km
7月累計走行距離:11km
8月累計走行距離:13.5km
9月累計走行距離:11km
10月累計走行距離:16.5km
11月累計走行距離:22km
12月累計走行距離:16.5km
年間累計走行距離:233km

posted by ドロシャン at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

コソ練:ランニング2009-14

blank: 2 days
menu: running
time: about 36 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5kmコース×1周)

キャプ練の前にrun。
今日はからだが軽くて走りも軽快。
余裕で1周finish。

(2009年ランニング記録)
1月累計走行距離:5.5km
2月累計走行距離:27.5km
3月累計走行距離:27.5km
4月累計走行距離:16.5km
年間累計走行距離:77.5km

(2008年ランニング記録)
1月累計走行距離:16.5km
2月累計走行距離:26km
3月累計走行距離:52km
4月累計走行距離:15km
5月累計走行距離:16.5km
6月累計走行距離:16.5km
7月累計走行距離:11km
8月累計走行距離:13.5km
9月累計走行距離:11km
10月累計走行距離:16.5km
11月累計走行距離:22km
12月累計走行距離:16.5km
年間累計走行距離:233km

posted by ドロシャン at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

コソ練:ランニング2009-13

blank: 6 days
menu: running
time: about 36 minutes
course: 5.5km(万博外周5.5kmコース×1周)

基礎練の後にrun。

クロスラリーの後、短いボールをアプローチショットで前に出てボレスト。
自分が前に出たとき、ボレーを相手のバック側に深く運ぶ。
何度でもそのコースにボールを運べるコントロールを意識する。
逆にストローク側では、ボールを沈める。
ボールの軌道の山をネットより少し手前あたりをイメージする。
うまく沈めたら前につめる。
もう一度沈めるのか、ロブボレーで相手の頭をぬくのか相手のポジションを見てセレクトする。

サービスリターンを縦ロブで返し、サーバーを逆サイドに走らせる。
そのボールをサーバーがロブで返す。
課題のロブ。
ロブの山を意識。
ストレートに上げるときは、山を今までのイメージよりも手前か。
クロスロブなら一番長いコースなので案外山を意識しなくてもコートに入る。
後は高さだ。
低ければ相手前衛の餌食になる。

次はロブスマッシュの練習がしたい。
課題のスマッシュ。
ひじがどうしても下がってしまって気持ちいい打点でスマッシュできない。
練習、練習。

さらばっ

(2009年ランニング記録)
1月累計走行距離:5.5km
2月累計走行距離:27.5km
3月累計走行距離:27.5km
4月累計走行距離:11km
年間累計走行距離:72km

(2008年ランニング記録)
1月累計走行距離:16.5km
2月累計走行距離:26km
3月累計走行距離:52km
4月累計走行距離:15km
5月累計走行距離:16.5km
6月累計走行距離:16.5km
7月累計走行距離:11km
8月累計走行距離:13.5km
9月累計走行距離:11km
10月累計走行距離:16.5km
11月累計走行距離:22km
12月累計走行距離:16.5km
年間累計走行距離:233km

posted by ドロシャン at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

ロブの山

自分のいい構えと打点からロブを上げるときには、だいたい思い通りにロブをあげることができるが、ちょっと走らされたときとか体勢を崩されたときなど、調整ができずバックアウトが多かった。
これはどのショットでも言えることで、走らされたときのボールの処理がまだまだうまくない。
逆の立場で考えれば、相手を少し走らさせてボールをとらせるようなコースをねらって自分がボールを返すのと同じだ。
相手もそれを考えてそうしてるはず。
そんなときでも落ち着いてラケット面をうまく作って、しのぎつつも攻めにつながる返球がほしいところだなあ。
ロブを上げるとき、ロブの山をどのあたりにするかがうまくイメージできない。
苦しいとき、いつも適当に上げててなんとなく入ったり出たりしている。
この最初からつなぎにいってる気持ちがいけないんだろうな、きっと(反省)。

リーグ戦2つめ
0-4から5-4まで挽回したのに、取りきれず5-6で負けたのが反省。
5-4のとき、5-5のときにどういう風にポイントを取っていくか。
ミスをしないことが最低必要条件だと思うが、そんなときにややミスが続いた。
その後の気持ちの切り替えと、次のポイントを確実に取るためにどう返球するのかをしっかり考えられなかった。
集中がきれたか。
競ったときに勝てる気持ちの強さとショットの安定が必要ってことか・・・。

リーグ戦
6-0で勝ち
5-6で負け
2-6で負け

3位トー
2?-6で負け

posted by ドロシャン at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

コソ練:ランニング2009-12

blank: 8 days
menu: running
time: about 37 minutes
course: 6km(自宅周辺6kmコース×1周)

さくらもちらほら。

(2009年ランニング記録)
1月累計走行距離:5.5km
2月累計走行距離:27.5km
3月累計走行距離:27.5km
4月累計走行距離:5.5km
年間累計走行距離:66.5km

(2008年ランニング記録)
1月累計走行距離:16.5km
2月累計走行距離:26km
3月累計走行距離:52km
4月累計走行距離:15km
5月累計走行距離:16.5km
6月累計走行距離:16.5km
7月累計走行距離:11km
8月累計走行距離:13.5km
9月累計走行距離:11km
10月累計走行距離:16.5km
11月累計走行距離:22km
12月累計走行距離:16.5km
年間累計走行距離:233km

posted by ドロシャン at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センター始まり、サイド終わり

ゲーム中、なんかしんどい展開だなあと思ったときというのは、だいたいボールが散っていることが多い。
そして結局、ポイントを失い、ゲームもとられてしまう。

ボールをセンターに集めることを二人で意識すると、コートがよく見えるようになる。
相手の動きがわかるようになる。
そして自分がどう攻めたらいいのか、どう動いたらいいのかがわかってくる。
そして、結果がついてくる。

それがよ〜くわかった昨日のマンスリー。
「センター始まりのサイド終わり。」
余計な小細工はいらない。
基本に忠実にだ。

ストロークがいいペアのときの前衛の私のお役目は、決めのボレーエリアにボールがきたときに確実に決めること。
速いボールで決めるのではなく、オープンコートにボールを落とす。
サイドに逃げていく角度。
ゆっくりとコースをつく。
が、今の私はなかなかこのやわらかタッチのボレーを決めることができない。
力を抜く。
足を使う。
ラケット面の縦使い。
ラケットを振らない。

ペアフォアサイド後衛が相手フォアサイド後衛をうんとサイドへ走らせるボールを送ったとき、相手ペアバックサイド前衛はセンターケアをする。
そのときに返ってきたボールをボレーするなら、相手前衛のアレー側。(←気持ちがセンターケアなのでここが穴。)

ペアフォアサイド後衛が相手フォアサイド後衛をちょっと走らせるぐらいのサイドへボールを送ったとき、すぐに戻れる体勢なのでボレーのコースは、もう一度相手フォアサイド後衛のバック側(センター)に攻める。

といいらしい。


マンスリーの結果は、リーグ戦2勝1敗。
2位トーは初没。

さらばっ


posted by ドロシャン at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習会・試合など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。