2008年11月24日

トヨタジュニアテニストーナメント

この連休は、実家に帰省。
なんにもすることがないもんで、ショッピングセンターへふら〜。
そのすぐそばのテニスコートでジュニアの試合をやっていたので2時間ほど観戦。

s-P1030696.jpg

恵まれてるよなあ〜。
これからだよなあ〜。
将来が楽しみだよなあ〜。

と、ちょっと嫉妬も入りながらの観戦。

振り回すラケットが地面につきそうなくらいのちびっ子なのに、うまい。
ボールの球種と緩急の使い分けに、思わずうなったりして(苦笑)・・・。

負けてられへんな、私も。


posted by ドロシャン at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

足りないもの

今の自分に足りないもの。
ほしいもの・・・とも言える。
それがあれば、きっと試合にも勝てるはず。

絶対的にほしいもの:予測と反応。
絶対なきゃいけないもの:たとえ負けていてもこの試合に勝つという強い気持ち。

あと、枝葉の部分でこまごまと(笑)・・・。
○サーブの安定とコースの打ち分け。
○緩急の使いわけ。
○落ち着き。
○球種。
○ペアとの一体感。

なんてことをね、市長杯を観戦しながら考えておりました。




posted by ドロシャン at 18:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

関西学生新進テニストーナメント女ダブ観戦

サニーでのレッスンの後は、例の学生テニスの続きを見にBTGへ。
今日こそは、女ダブがあるはず。

期待どおりありました(嬉)。

やっぱり雁行ばっかり。
ストロークでガンガン打ちにいく。
攻めののロブの深いこと、しかもコーナーギリギリだったり(驚)。
ポーチに出る動きがめちゃはやい。
あっと言う間に前につめてボレーで決めてる感じ。
無駄な動きがないし、勢いがあって思い切り飛び出してる。
あれくらい思い切り出ないとだめなのか〜。

バックサイドに入るなら、バックハンドストロークが相当得意じゃないと攻められないように思う。
縦半面の真ん中ぐらいに返ってきたボールもバックハンドで返している子がいた。(←バックが好きなんだろうなあ)
私ならフォアで返しているところだ。
なかなか力強くて惚れ惚れした。

雁行が多い一方、サーブもリターンも後ろ並行(ペアともベースライン)ポジションというペアも何組か見た。
一人がストロークが強い(←ボレー苦手?)のだろう。
前に出る人がサーブのとき、ペアはステイバック。
サーブを打ち、タイミングを見てスルスルと前に上がっていく。
一人は常に後ろポジション。
変則的でこれは参考にならない(苦笑)。
っていうか、こんな陣形したことないよ(笑)。

おっと。
気がつけば、3時間以上経ってる(焦)。
主婦に戻らなければ(笑)。


posted by ドロシャン at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

学生テニス

ランニング後、フロントのたぐっちゃんと談笑。
3月にマンスリーに出るにあたっての心構えを伝授された。
私のレベルでは、何位トーでもまずはトーナメントで1勝することを目標におくように。
この試合に勝たないと後がない状況で勝つことができるようになること。
1つ2つ勝っていけるようになれたら次のステップ。

リーグ戦で1位トー、トーナメントで1勝。
ここでもう4回勝ったことになるから、関レならベスト8。

ほ〜、なるほど〜。
次のマンスリーでは、トーナメントで勝ち進むことを目標にしよう。
勝ち進むためにはとりあえず4位トー(笑)?(←めっぽう弱気でごめんなさい)

ってなことを話した後、帰ろうとしたらアンツーカコートからバッコンバッコンいい音が聞こえてくる。
その音に引き寄せられて見に行ってみたら、男女12人の学生が練習してる。

聞けば、3月8日からBTGで行われる関西学生新進テニストーナメント(本戦)に出る選手らしい。
いつもながら学生テニスに圧倒され、いつの間にか2時間観戦。
こんなテニスは今の私にはできないけれど、ほんのちょこっとでも身につかないものかしらん・・・。
学生女子ダブルスはほとんど雁行らしい。
前に出たら、相手は必ずロブをあげてくる。
男子ほどサーブ力もない。
女子は上(スマッシュとか)が弱い。
などがその理由とか。(←いっしょに見ていた人の話)

私らやたら並行になるけど、ロブを上げられてそのボールをちゃんと処理できてるのか?
そのロブ、しっかり追いかけられてるのか?
ま、できてないですよ。
安易に前に出て攻めてるつもりでも、相手にロブを上げられ逆に攻め返されることが多かったりする。
自分がそうであるように、相手ペアだって決して並行になって攻めきってないことも多い。

うむ、明日のサニー練習会では「攻めのロブ」を意識してあげてみるとしよう。
攻めるロブからの展開っちゅうやつだ(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

世界スーパージュニアテニス観戦

今日はテニスはお休み。
ひじが痛いし休養もかねてうつぼテニスセンターまで世界スーパージュニアテニスを見にお出かけ。

今日まで無料で見ることができるのがいいね〜。
試合が行われているコート以外では、選手とコーチの練習風景も間近で見たりとかなり楽しめた一日。

女子ダブルスを見ていろいろ勉強できたらなと思ったけれど、どの選手もシングルスでもエントリーしているプレーヤーなので、ストロークがバコバコ(笑)。
前衛もそれほど動かないし、何より最初の立ち位置がシングルスラインに片足がかかるくらいまでサイドに寄っているのに驚き。
だからセンターがら空き。
いいの?これ・・・。
後衛の守備範囲がめちゃ広くなると思うんだけど・・・。
だめだめ、こういうのは参考にはならない。
自分のレベルにあった試合を見たほうがいいのかな〜。

ストローク・・・、バコバコ打っていいんや〜なんてちょっと思ってしまって・・・。
いけない、いけない(笑)。

s-P1020736.jpg

後姿だけど、唯一撮れた一枚。
HOFMANOVAって子。
からだはまだまだ華奢だけど、身長も高いし顔もかわいいよ(笑)。(←お顔は撮れてないけど)

posted by ドロシャン at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

関西レディースC級その2

サニーでのレッスン後、そのままBTGへ。
今日はC級観戦。
着いたときには3R、コートによっては4Rまで進んでる。
お友達のみさちゃんは、めでたくBアップ。
おめでとう!!

夕方近くになるとあちこちのコートから狂喜の声と、歓声が沸きあがる。
その影で泣くものあり・・・。
明暗を分ける痛恨のショット。
いろんなドラマがある関西レディース。

見ているだけで、感極まる私(うるっ)。

は〜、なんかすごい世界。
この中でこれから私はどんなドラマを作ることができるのだろう(ため息)。

がんばってみます。



posted by ドロシャン at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

関西レディースB級その3

本日もおにぎり持参で観戦。
へへ、今日もまた上手な人を発見(嬉)。
私なんぞ、ドロー表を見ても知り合いがほとんどいないので、どのコートを見ていいのかいつも迷う。
たまたまベンチに座って見ていた試合がすばらしく、B級のレベルの高さを改めて思い知らされた感じ。
両ペアとも上手でミスも少ない。
雁行後衛は、ストロークで押し、雁行前衛はチャンスを見てすかさず前につめてボレー。
ボレーのタッチもやわらかく、コースが絶妙。
強さ(速さ)じゃなく、コース。

ボールをインパクトの瞬間まで見ているので顔の動きがワンテンポ遅れる感じすらする。
下半身から安定した足の運びでボレーをするのでボールが浮かない。
ボレーボレーの速いテンポからふっとロブボレーでかわし、相手を走らせる。

落ち着いているし、無駄な動きもない。
感情をあらわにせず、「静」のゲーム運びであるのに、力強さと躍動感があり、そしてエースをとる華やかさがある。
こんなテニスもいい(感動)。

4回戦で負けてしまったようで残念。
B級は5回勝たないとAアップできないとか・・・。
道は険しい。

さらばっ

posted by ドロシャン at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

私的正しい関レA級観戦

待ちに待った秋季関西レディース。
エントリーもしてないのに待ち遠しかった私(笑)。
1年半ほど前に仕事をやめてからほぼ毎回観戦している熱心さ(笑)。
なにがすごいってそれはやっぱり自分よりも上手な人のテニスをた〜っぷりあちこちで見ることができるということ。
その中でもA級のテニスはすごいっ!

今回はA級からスタートでいつものようなC級→B級→A級と気分の盛り上がりに欠けるけれど、でも期待大(笑)。

世界が違うA様のテニスを見る前に、自分レベルのテニスと雲泥の差を確認するためにまずはレッスンへ。
レッスンであれこれコーチにアドバイスをもらったこと、レッスンの中でうまくできなかったこと、こうやらなきゃと思ったことなどを頭に思い浮かべながらA様テニスを見ることで自分を奈落の底に突き落とす(笑)。
別に自虐的になっているわけではなく、現状把握という意味。
そして、期待通り雲泥の差を確認(泣)。

ひぇ〜
おおお〜
うわあ〜

↑こんな言葉でしか表現できないドロシャンをお許しください(笑)。

午後からはギャラリーも増えて、お目当てのA様のコートへいっしょに移動・・・なんて人も多くなる。
お昼前からBTGに入り浸っている私も人ごみにまぎれていい感じに目立たない。(←おまけにテニスウエアだし(笑))
お目当てのA様テニスをコートサイドでかぶりつきで見るのはよろしくない。
少し遠めぐらいの場所からさりげなく見るのがよろしい。
それからコートの外でA様を目で追ってもダメ。
あくまでも距離をおくつつましさが大切(笑)。

ほほ

posted by ドロシャン at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ウインブルドンダブルス

よく試合観戦するときに、ひとりの人をじ〜っと見ると動きがわかっていいとか聞く。

GAORAのウインブルドンダブルスでの前衛の動きを分析。
見るのは前衛のみ。
ポーチのタイミング。
動き。

見すぎてコンタクトが乾く(笑)。
まばたきしなくちゃ(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

ダンロップレディース団体戦

今日はBTGでダンロップレディース団体戦の準々決勝→準決勝→決勝が行われていた。
これは見逃すまいと朝からモーレツに急いでBTGへ。

ここまで勝ち上がってきた人たちは当然に皆さんとってもお上手。
なにもかも惚れ惚れするばかり・・・。

「あんな風になりたいな〜。なれるかな〜。」なんて話していたら、
「最初から上手な人なんていないよ。経験よ、より多く経験を積んだ人が上手になっている。」とIshiコーチ。

そうか〜、経験か・・・。
まだまだ足りないな、私の場合。



posted by ドロシャン at 18:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

大阪レディースABCクラス

月曜日順延になったCクラスの試合もあって、今日のBTGアンツーカーコートは人、人、人(笑)。
一番の楽しみは、A・Bクラスの試合。
パワフルなストロークと、つめの早いボレー。
相手の決めボレーを返すねばり強さ。
攻めのロブ、苦し紛れのロブではなくロブを上げて次のボールで決める組み立て。
相手の打ちにく〜いところにロブをあげるのが絶妙。(←これ、すごい)

は〜。
ため息ばっかり(笑)・・・。

上手な人一人を凝視していて、あることに気づいた。
常に足が動いている。
前衛でも後衛でも地面にベタ立ちしてないの。
特に前衛では、スプリットステップ後、足を小刻みに動かしてる。
時にクロスステップ、サイドステップとか・・・。
動きが機敏。

この感じなのね(笑)。
明日から使ってみよう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

大阪レディース Cクラス3,4

今日は快晴。
かぜがややあるか。
気温もちょっと低いな・・・。

試合に出るわけでもないのに、お天気が気になる(笑)。
試合に出るわけでもないのに、テニスの準備して、ランチ(おにぎり&洋ナシのタルト)を持ってBTGへ(笑)。
テニスの準備は、人のテニスを見ていてやりたくなったらレッスンに入ろうと思ってのこと。(←実際には振替枠もなく無理だった。)

今日はCクラス、明日はAとB(一部月曜日のC順延分あり)、そして木曜日はDクラスの試合。
当然私はDクラスからのスタートとなるはずだったが、今回は私の不手際によりエントリーしていない。
いずれにせよ今日明日は、自分より上のレベルの方々のテニスを見るということでイメトレするには格好の材料だ。

Cクラスぐらいまではやっぱり上系のボール(ロブ)が多い。
そのボールを返すための、ハイボレーやつなぎのスマッシュは必須。(←どちらも苦手)
ロブの上手な人にロブで対抗してもやっぱり無理だな〜。
相手のロブをしのぎつつ、自分のテニスにいかにもっていけるかだろう。

相手前衛がボレーやスマッシュで決めにいってもボールを返す人というのは、私といったいどんなところが違うのだろうかと分析してみた。
ペア後衛のボールが浮いた時点でもうラケットヘッドを下げ、腰を落して、スマッシュやボレーに備えている。(←このあたりの準備が私は遅い)
ラケット面にボールをあてて返せそうなポジションにいる。(←この判断が私には足りない)
見習いたいけどすぐには無理かな(泣)・・・。

明日もBTGでイメトレ→レッスン→ランチ→イメトレ→ランニングの予定(笑)。

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

万博 男子団体戦オープン

水曜日にコーチMGのレッスンを受けたときに、
(コーチ)「今度の日曜日に、BTGで試合があるんですよ。この前あったM・Tさんも出るし、もっとすごい人も出ますよ〜。」
(私)「え〜っ、ほんま〜!!じゃ見に行くわ〜。」

ってことで、朝一さやかっちのレッスン後、外コートに向かった。
しかし、なんのことはない、今日は男子団体戦。
コーチ本人も勘違いしてたらしい。
んも〜、女ダブを期待して来たのに(怒)〜。
普段見ているマンスリーや関レとはまた違った女子ダブルスが見れるんじゃないかと思ったのにな・・・。

でもすごい人に会わせてもらった。
2006年8月31日現在JOPランキング65位の人。
名前を出していいのかどうかわからなので会員コードを。→M03091
当然ですが、フォームもきれいだし、ボールも速いし、動きも超かっこいい。
試合はあっという間に勝ち。

試合後、コーチMGに頼んでいっしょに記念撮影(笑)。
ついでに、サインももらっといた(笑)↓。

s-P1010207.jpg

ついでに握手も(笑)。

そして、ついでに試合に勝つ一番大切なことは何か聞いてみた。
「練習ですね、練習すれば自信につながります。そして試合に出てまた練習です。試合結果でなにが自分に必要なのかを考えて練習します。この繰り返しで自分のレベルが上がっていきます。」というようなことをおっしゃった。

「練習あるのみ」ですな。
私もがんばろ〜!!

さらばっ

posted by ドロシャン at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

関西レディースA級観戦

もうはっきり言って別世界です(笑)。
雁行陣とか並行陣とかのポジションのままでポイントをとることが少ないんじゃないかと思えるほど、アクロバティカルな動きで驚かされる。
4人のボレーボレーからロブ、後ろに走らされても「え〜それを返すの〜?」ってボールをしっかりと返して並行対雁行。
それがまた、攻めに転じてポジションが逆になり、スマッシュを打ってもカットして上に上げ、またスマッシュ、またカット・・・・。
いったいどんだけすごいショットを見せてくれるのってくらいほんとすごい。

は〜

ほんま見ていてためいき。

そんな中ブンブン丸さんペアも見せてくれました。
一番印象に残ったのは、ボールの緩急の使い分けと配球のよさ、それにペアとの連携。
しかけるまではしっかりとクロスラリー、しかけた後の攻めの速さ。
ここってところでバシッと決めのショット。(←見ていて爽快)
ラケットを自由に自分のからだの一部のように操ってる。
ペアとのコンビネーションのよさも光った。
ポジションを動かされるってことは攻められてるってことなのに、ペアとのスイッチングとそのときに返すボールの配球のよさで攻めかえすんだからすごいな〜。

1R、2Rと進み、3Rは雨の中での試合。
こんな雨でもやんなきゃいけない。
ボールはどんどん重くなるし、やりにくいだろうな〜。
コートの横面から見ていたけれど、相手ペアのストロークのボールの伸びに驚き。
すご〜っ。
ブンブン丸さんペアは4回戦進出ならず。
残念。

だけど、たくさんすんごいプレーを見せてもらった。
わたくし的には大満足。

あとは・・・、そう、自分自身の練習。
自分を磨け〜!!

さらばっ




posted by ドロシャン at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

関西レディースC級その3

9時-5時、BTGにいました(笑)。
なか軽くレッスン受けましたが、後はず〜っと試合を見ておりました。
4回勝たないとBアップできない。
たいへんですわ。

後半3時前後になると山場でして、この試合に勝てばBアップという緊迫した変な空気が見ている方にも伝わってくる。
ゲームがもつれるほど緊張する。

今日は、すっごい上手な人発見!
サーブのフォームもきれいだし、ボレーが上手。
その人の2回戦、3回戦、4回戦を観戦。
ポジショニングや視線の動き、ボールへの反応。
ただ一人を集中して見るといいってSキャプも言ってたし・・・。
相手のサーブの落下点と自分のペアのリターンを目の端で感じた後、視線は相手前衛へ、そしてペアが返したボールを追って相手後衛へ。
相手前衛が攻めの動きを見せたら、守りに入らないといけない。
そんなところを相手の動きで感じ取っている風。
1ショット1ショットあわてずにていねいに確実にコースをねらって返している。
1本で決めるべき球、返ったきたボールを2本目で決めるなど計算しつくされてる風。

しかし、結局4回戦7-8で負けてしまった、残念。
でも来春私がC級でエントリーしたら、もしかしたら対戦するかもしれない。
それも困ったものだ(笑)。

さて、明日はC級その4。
知り合いも出るし、ランチ持参で見に行こう。

さらばっ


posted by ドロシャン at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

市長杯決勝戦

雨かな〜っと思っていたけれど、今日はめっちゃ快晴。
テニス観戦日和だわ。
9時からのブンブン丸さんの決勝戦を見にBTGまで。
ほどなく、のんちゃんと合流。
日陰をキープして試合を観戦。

相手ペアのミスが多い。
ダブルフォルトもあったね。

ブンブン丸さんペア、ミスがほとんどない。
ボレー上手〜。
並行陣になってもなんぼでも返す(笑)。
で、相手の浮いたボールをすかさず決める。
ロブで走らされてもしっかり走って返してるし〜。

結果、余裕の6-0で優勝。

おめでとうございま〜す!!

(おまけ)
まりもさん、遅れて到着。
しかし、ブンブン丸さんの余裕の試合運びで最後の2ポイントしか見ることができず・・・。
もっと早く来なくちゃ(笑)〜。

posted by ドロシャン at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

レディースマンスリーAB級

今日のマンスリーはAB級のみ。
G練後、ひとり観戦。
途中レッスンを終えたkakoちゃん合流。
その後、のんちゃん合流。
またしても3人でうだうだしゃべりながら観戦。

AB級になるとストロークもしっかりと打っているしスピードもある。
そして、ボレー戦になったときにふわっとロブを上げて相手を走らす。
で、返ってきたボールをそのロブを上げた人の足元に落とす。

なにがすごいってやっぱりよく拾う。
決まったと思っても返す。
すごっ。
スマッシュもボレーも返す。
ロブで走らされてもちゃんと相手のコートに返す。
すごいな〜。
すごいな〜。

同順位トーナメントの1位トーナメントにしぼって観戦。
結局決勝戦は、ひとりの人が足がつってしまって棄権。
関レ前だし無理しちゃいけないよね。

気がつけば、4時半。
私は5時間半もマンスリーを見ていたことになる。
見たら見ただけ身につくといいのにな〜。

さらばっ

posted by ドロシャン at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

市長杯観戦

今日の市長杯観戦のため、朝の9時半過ぎにBTGに到着。
私は今回暑さのせいで残念ながらエントリーできず、見るだけ隊。
なのに「いつでもテニスできます。」の格好でラケット持参。
万が一の夕方のキャプ練に備えてのこと(笑)。

さて、いつものようにぶぶ〜っとバイクでコート近くの舗装路を走っていると、ブンブン丸さん発見!!
「あらっ、もう始まってるわ。」とあわててバイクを止めて観戦。
ほどなくkakoちゃんとも合流。
朝一から全開モードですごいわね〜と感心しながら声をかけたら、まだ試合前のアップだって(笑)。
「アップでこんなにすごいの〜?おもろすぎるやん。」とkakoちゃんと話しながら一旦退散。

めざすはのんちゃん&師匠ペア。
1回戦はらくらくの圧勝。
2回戦は4-3から5-3になって流れはのんちゃんたちに向いていたのに、ちょっとのミスが続いた後なんだか急に流れが向こうに変わって結局ここで敗退。
ん〜、試合の流れってどう変わるかわからないな〜と痛感。

さて、ブンブン丸さん。
こちらも1回戦byeにより2回戦から順調に勝ち上がり、17日の決勝戦で第1シードペアとあたる。
今日の最後の準決勝の試合はキャプ練のために見ることができなかったけれど、準々決勝までは出るコート出るコートへ「追っかけ」のようについて回った(笑)。
見れば見るほど「私もがんばって練習してこんなかっこいいテニスをしたいな〜。」っと切望。
あ〜、でもまだまだもっともっと練習しないと無理よね〜(泣)。

ふう〜。


posted by ドロシャン at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

レディースマンスリー

のんちゃんが師匠とペアを組んで出るというので、レッスン前の9時に早々とBTGに到着。
ちょうどルール説明をしていた。
いいタイミングだ。

9月後半からは秋の関レが始まるので、その前哨戦のごとく、9月のマンスリーはぐっとレベルが高くなるらしい。
のんちゃんと同じ山にもそろそろBアップしてもいい人たちがいるとか・・・。
ひえっ、大変じゃん!

レッスン前と後で試合を見てた感じでは、
もう、いやっちゅうほどロブを上げてくる(泣)。
つらいな〜。(←未だロブが苦手・・・)
また、サービスリターンをふんわり返して前につめて並行陣をとってくる。
で、しんきくさくつないでつないでこっちのミスを誘うか、もしくは浮いたチャンスボールをボレーで決める。
こういった展開をクリアしないと勝てないのか・・・。

私の場合だと、ロブをロブで返すとoverになり、ボレストのストロークをたまにやめてあげてみるとそれもoverってことがしょっちゅうだ。
のんちゃんも言ってたけど、やっぱりロブを上げられないと試合には勝てない(ため息)。

ふぇ〜、ロブの練習しよう。

(おまけ)
見るばっかりじゃなくて、やっぱり出ないとだめよね。

posted by ドロシャン at 20:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

男前なテニス

キャプ練が終わって、さきにコートを出たのんちゃんから電話。
「ブンブン丸さん、5番コートで試合してるで。めっちゃ男前なテニスやで〜。もう終わっちゃったけど、またあるんちゃう。」

「うわっ、行くわ〜。」と言って電話を切り、kakoちゃんとブンブン丸さんを探しに行った。
いつもの目印の赤いキャップじゃなくて今日は白キャップ(笑)。
私が持ってたadidasのクーラーバックに気づいてくださってなんなく会えた。
サングラスとかウエアとかが変わっちゃうとちょっと見失う(笑)。

次の試合までの空き時間の間、ブンブン丸さんの爆笑トーク炸裂。
kakoちゃんも私も笑いが止まらない。
楽しい人だ。

さて、いよいよ試合。
相手はかなり手ごわいペアとか。
試合を見ていくにつれて、kakoちゃんも私も息が詰まるくらい手に汗にぎる展開に驚く。
関レA級レベルなので、当然私たちレベルとは天と地ほどの差がある。

1)無駄な動きがない。
ほんとにそう思った。
動くべきところで動いてボールを確実に返している。
予測ができているということだろうな。

2)ボールが浮かない。
つまり甘いボールがほとんどないということ。
常に相手の打ちにくいボール、コースをついて返し、相手もそれをしのいで返し、そのラリーが続いた後のちょっとしたミスでポイントの行方が変わっていくといった感じだ。
ね、息をのむでしょ。

3)ロブの反応が早い。
上がるなっと思ったら、ペアが一斉に後ろに下がってボールをとらえようとする。どちらかがミスをしたときのためのサポートだ。
そして、そのロブをしっかりとミスなくまずはつなぐ、そして体勢を整える。

4)相手の決めボレー、スマッシュを返す。
決めても決めても相手はそのコースを予測してラケットをセットして待ち、ボールを面にあてて相手コートに返している。
すごいっ!

A級ってすごい。
改めてその強さを実感した。

この試合では、惜しくも負けてしまったけれど、この後の試合では6-5でしっかりと勝って今日の練習会をしめたようだ。
さすがっ。

すごい試合を見てしまったけれど、それをそっくり私にできるかっていうと当然できない。
やはりまずは、自分がやるべきことを確実にこなして積み重ねていくことだ。

がんばろ〜っ!!

posted by ドロシャン at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

レディースマンスリー

BTGで定期的に行われている女子ダブルスの試合。
関西レディース基準なので、関レでAB級の人がマンスリーでもAB級でエントリーできる。
AB級の人はCD級にはエントリーできない。
マンスリーCD級でよい成績をおさめてもだめで、関レでレベルアップ(CからBへ)しないと、マンスリーでもAB級でエントリーできない。
関レもBTGで行われるので、サーフェスになれるため関レに出る人たちはマンスリーにもでる。
だから、おのずとマンスリーのレベルは高くなる。

いばらの道なのよ(笑)。

実は今日の試合には秘かにkakoちゃんとエントリーしていた。
しかし、時期尚早との厳しいお言葉を多方面でいただき(笑)、ドタキャン。
だから、私はスタートラインにもたっていないわけ。
このスタートラインに立つまでには、ちまたで行われているさまざまな練習会などに参加して経験を積むという下積みが必要。
そうして力をつけてからでなければ勝てないと(笑)。
いきなり出たってお金をどぶに捨てるようなもんだと(笑)。

なるほど・・・。
そうですか・・・。
まだ早いと・・・。

ということで、急に怖気づいてキャンセル。

レッスン後、のんちゃんとまたああだこうだと言いながら試合観戦。
さすがに午後から始まった順位トーナメントはすごかった。

は〜。
す、ごいね〜。
上手ね〜。

いつの日か自分たちもこの中の一人になることを夢見ながらフェンス越しからスーパープレーに拍手を送っていた。

さらばっ

(おまけ)
我らのみさちゃんは、CD級2位トーナメントでみごと優勝!!
すばらし〜。

さっ、後に続け〜!!


posted by ドロシャン at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ダンロップチーム対抗 レディステニス2006

BTGで12日から行われていたダンロップチーム対抗レディステニスでIshiコーチが出ているとのkakoちゃんからの情報により、G練後Ishiコーチを探しに行った。

出会ったときには、これから決勝戦でその出番待ちだと言う。
グットタイミングだ。
とりあえず喫茶店のおろしそばで空腹を満たして、さっそく試合観戦。

まずはIshiコーチのペアから、そしてほどなく隣のコートで次のペアの試合も始まった。
強打で打ちまくりと言うよりも、やはり要所要所で緩急おりまぜてポイントをとっていくといったゲーム展開。
サーブもパワーのある速いボールと言うよりも、コースや球種の打ち分けのできたサーブだ。
なによりもボレー戦での反応の速さとコースのよさが際立っていた。
ゲームはもつれにもつれて、タイブレイク。
結局、そのタイブレイクを制したのはIshiコーチのペア。

隣のコートもタイブレイクの末に、Ishiコーチのチームが勝って優勝決定。
Ishiコーチのチームメンバーをよくよく見ると、この前の関西レディースA級の試合で見たことのある人が何人か・・・。
そりゃ強いはずだ。
ってことは、やっぱりA級ってコーチレベルってことね。
すご〜い。

ラケットでボールを思いのままに操ることができたらすごい。
時には強打、時にはちょこんとネット前にボールを落とす。
ふわ〜っとボールを上げてみたり、超アングルにスマッシュを決めてみたり。
そんなことをいとも簡単にやってみせてくれるんです。

は〜。(←ためいき)

・・・

さらばっ


posted by ドロシャン at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

関西レディース QF,SF,F

春の関西レディーストーナメントも今日が最終日。
ABC級の準々決勝、準決勝、決勝がBTGで行われた。
朝一のんちゃん、きくりんたちと練習したあと、さっそく試合を見に行った。

お目当てはもちろんA級の試合。
そしてそのA級の中でもお目当ての人がいる。
今春BTGで行われた市民大会で優勝した人が今日も当然残っている。
スレンダーな体格からは想像できないくらいのパワーショット。
レフティ独特のボールの軌道。
なんか上手な人にはオーラがあるのですよ〜。
QFではやや立ち上がり苦戦したものの最後はスーパーショットでゲームをとりセミファイナルへ。
ゴルフ場でラウンドを回るプロを追いかけるギャラリーのように、今日の私は試合があるコートへと追っかけ状態。
結局3試合見たことになるが、QFが一番苦戦していたな。
ペアのミスがちょっと多かったのと本人もいまいち調子に乗れていなかったようだ。
しかしその後の試合では、いいコンビネーションでA級ならではのスピードとテクニカルなショットで私を満足させてくれた。
むしろ決勝での試合は、8-1とあっさり決まってしまってちょっと拍子抜け。
もうちょっと競ってくれると見ているほうも面白かったけどね。

私もあんな風にこんな場の試合に出るときがくるのでしょうか(笑)。
結構気持ちはまじで目指してます!

さらばっ

(おまけ)
今日で関西レディースも終わり、ちょっと落ち着くかな。
今週はほぼ毎日BTG通い。
来週からはちょっと自分に目を向けて筋トレに励もうと思う。


posted by ドロシャン at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

関西レディースA級 1R〜

もう毎日のように通っているBTG。
レッスンに行くか、関西レディースを見に行くか、もしくは両方(笑)。

今日は待ちに待ったA級。
原チャリで軽快に(最近30km超は出せる)走行、無事到着。
さてどこのコートを観察しようかと物色していると、みさちゃんと遭遇。
みさちゃんは、きっちり日陰のベストコンディションで知り合いの試合を観察されていました〜。
私は黒いつば広の帽子にサングラス。
黒の日よけ手袋に、首にはバンダナ巻いて日焼け対策バッチリ。
で、午前中ず〜っとみさちゃんとああでもないこうでもないと言いながら試合観戦。

A級の人たちは、やはり見るからにとてもベテラン風(笑)。
年齢的にもキャリア的にもね。
やっぱり上手な人が多い。
つなぎと決めのボールをきっちりと打ち分けて、むちゃ打ちしたり決め急いだりしない。
ポジショニングがいいので、振られてもちゃんとペアがカバーしている。
予測ができているのか、相手の決めのスマッシュやボレーも返すんですよ〜。
すごいな〜。
(私)「あんなボールは返せないよ〜。」
(みさちゃん)「大丈夫大丈夫、じき返せるようになるよ〜。」っとさわやかにおっしゃる(笑)。
(私)「(だといいけど・・・)」

さて〜、明日はABC級すべての準々決勝、準決勝、そして決勝が行われる。
朝一のんちゃんたちとの練習会の予定なので、終わり次第かぶりつきで見なきゃ。
おにぎり持参がいいかもね(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

毎日オープンテニス選手権大会 final

うつぼ公園で行われていた毎日オープンテニス選手権大会も今日がファイナル。
朝からちょっくら出かけてきた。

今日はまず、男子女子のシングルス決勝、そしてその後男子ダブルスと女子ダブルス決勝がそれぞれのコートで行われた。

女子ダブルスが見たくて。
女子シングルス決勝で優勝した人(小城さん)が次の女子ダブルスでも出場。
このペアのフォーメーションは変わっている。
小城さんは常に後衛、ペアの高畑さんがサーブを打つときでもベースラインで構えている。
そして、タイミングを見て前に上がってくるのは高畑さんのみ。
こういうフォーメーションで戦うペアを見るのは初めてだ。
小城さんは、シングルスの試合を見ていてもベースラインプレーヤーでストロークが強い。フットワークもある。
その部分を生かすために常に後衛なのか。
高畑さんの前衛の動きはすばらしい。
フェイクで相手をかく乱させたり、ポーチに出たり、前での左右の守備範囲が広い。
でもどうなんだろう、このフォーメーションのせいなのかどうかわからないけど、高畑さんのサービスゲームのキープ率が低かったような気がする。
結局このペアが優勝したんだけどね。
あそこまで一人の人が後ろで守るのがわかっているのだったら、その人の前に短めのボールを落として前後に振らせたりとかしてもいいのにな〜と思ったけど・・・。
でもな〜、彼女結構ボールを拾ってたから、拾われたときに超アングルでボールが返ってきてしまうのかもしれないな〜。
なんせストロークのパワーがあるから。

予想と反して両ペアとも雁行陣なので、平行陣対平行陣でのボレーボレーの展開なんかはほとんどなかった。
ここもと見ていた関西レディースとの戦術とはちょっと違っていた。
ロブも上げる。
スピードがあってベースライン手前でポトンと落ちるトップスピンロブ。
これを左右に振られると普通は追いつけない。
でもみんな返すんだな〜。(←ほんとすごい)

角度をつけてボールを返すので、実際のコート範囲よりも相当広く動いている。
ほんとすごかったんだから。
現役プレーヤーのスーパープレーに圧倒された一日だった。

さらばっ

posted by ドロシャン at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

関西レディースB級 2R

A級と思っていた今日は実はB級だった。
しかし、昨日のC級とやはり明らかに違う。
なにが違うか・・・。
ボールが速い。
サーブもするどい。
ボレーボレーの打ち合いも速い。
決まったかな〜っていうボールを・・・とる。(←すごい)
何度も何度も拾う。
相手のスマッシュもラケット面をあわせて返す。
すばやいポジショニング。
無駄な動きがない。

雨じゃなかったら、おなかが空いてなかったらもっと見ていた。
C級でベスト8に残ればB級に上がれるそうだ。
B級はC級のだいたい3分の1ぐらいかな。
かなり絞り込まれる。

B級になると、サーブのフォームやいろんな決めショットのきれいな人を探すのは容易だ。
動きが全然ちがうもの。

道は険しいな。
いや、ほど遠い・・・とも言う(笑)。

さらばっ

posted by ドロシャン at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

関西レディースC級 3R and 4R

今日も関西レディース観戦。
は〜っと目を引くきれいなフォームの人はあんまりいないのに、なぜみんな3R4Rと勝ち上がってくるんだろう。
ペアとのコンビネーション?
つなぎのうまさ?
軸の安定?
自分からミスをしない?

なんかよくわからないのは、コートの中でほとんど動きという動きをしていないのに、なにげにボールをラケットにあててうまく返す人がいた。
で、自分がボールを返すちょい前から俊敏に動く。
予測ができているのかな〜。
ほんと足を動かさない人なのにな〜、不思議だ。
結局勝ったわ、そのペア。
どこまで残るんだろう、非常に興味がある。
こういう人はとてもまれで、スタンダードに考えるなら、やはりボレーの反応の速さとショットの確実さ、あとロブのコントロールをマスターすればなんか勝てるんちゃうかと思ったけど・・・。
サーブだって入れに行くサーブばっかだし。
リターン後、すぐに前につめるからストロークの打ち合いってあんまりない。
ボレー、ロブ、スマッシュ。
重点項目はコレですな。

さらばっ

(おまけ)
関レディは、セルフジャッジ。
いちおう同じコートで前の試合に負けた人が、審判をする。
微妙なジャッジでもめることもしばしばあると聞いていた。
そして今日その現場を目撃。
セカンドサーブがセンターラインにのったのらないでもめてた。
リターン側は「フォルト」のコールをしたが、サーバーが「え〜っ!!今のはインでしょ〜っ!!」とくってかかってた。
試合が中断され、審判は「今のはインだったと思います。」と言っても、「絶対フォルトだった。」と引き下がらない。
結局、事務局の方を呼んで話し合いとなり、カウントのやり直し。

「微妙なときには相手の有利なジャッジで」とよく言われるが、微妙なインをアウトとジャッジされ、それが何度も続いたりすると気分悪いもの。
セルフジャッジって難しい。
ラインぎりぎりのショットはお互いやめにしたいものだわ。(←そんな思い通りにはできないさ)


posted by ドロシャン at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

関西レディースC級 2R and 3R

今日BTGでは関西レディースC級の試合が行われた。
昨日の雨とはうって変わって快晴。
昨日消化できなかった試合から始まり、順調に予定を消化していった。
(午後途中で突然雨が降り出して中断したりしたけどね)

C級というだけに上にはB級A級とある。
C級も予選2R や 3Rになるとかなりうまい。
雁行陣でちまちまロブをあげたりしない。
平行陣対平行陣でボレーボレーの展開。
ボレーのコースをかえたら、相手のバック側に中ロブをあげたり・・・。
そしてチャンスがきたら、きっちりするどいボレーでポイントをとる。

もちろん雁行陣での戦いもあった。
これだとやはりロブが効く。
ロブ攻めで根負けするとミスにつながる。
やなパターンだな。
見ていると、どの人も強打一本で決めようとはしていない。
確実につないでチャンスを待つ。
か、相手のミスを誘う。
あせっちゃいけないんだな〜。

サーブのダブルフォルトもご法度。
かなり不利だ。
もったいない。
セカンドはやっぱり確実に入れなければいけないね〜。

今日のこのレベルでC級でしょ?
AとかBってもっとすごいんだろうな〜。
今週の金曜日には待望のA級予選が始まる。
また見に行かなくっちゃ!

さらばっ

(おまけ)
いつか私もこんな試合に出たりするんだろうか・・・。
楽しみなような、ちょっと怖いような。

ペアでウエアをそろえると強そうに見えるね。
スコートはいてる人いたけど、ちょっと私はキツいよね、ははっ。


posted by ドロシャン at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

関西オープンテニス選手権大会

朝から大阪市うつぼ公園に行ってきた。
関西オープンテニス選手権大会を見るため。

9時50分から行われたのは、男女シングルス。
その後、男子ダブルス女子ダブルスが行われた。
うつぼ公園に着いたのは、ちょうど10時ごろ。
まだ試合は始まったばかり、ギャラリーも少ない。

まずは、男子シングルスから・・・。
ファアバックとも両手打ちという選手がいた。
両手打ちでよくそんなボールを返せるな〜と思ってしまうことしばしば。
それにサーブのフォームがとてもきれい。
スイング後、打った方向にからだが向いている。
試合は、その彼が第1セット7-6でリード後、相手選手がリタイアして明日のQFへ進んだ。
この試合かなり長かった。ふたりともベースラインプレーヤーでラリーが続く。
それに、ポイント後のボールを自分たちで拾いに行かないといけなくて、それが結構時間かかったりしていた。
ゆっくりと自分のペースで歩いて取りに行くのでね。
走ったりしない、走って無駄な体力を消耗したくないのか?な〜。

午後からはダブルス。
やっぱりダブルスを見るほうがおもしろい。
シングルスを見ててもいまいち実感がわかない。
「シングルスをすればよりダブルスがわかる。」と言うけれど、今はまだあんまりわからないな〜。
「すごいな〜。」と思うだけだもの。
その点、ダブルスはより身近に感じられて楽しい。
4人の中のひとりに自分がなったつもりで、「次どう動く?」と考えたりして。

女子ダブルスの試合を見ていろいろ思った。
私が見た試合では雁行陣対並行陣でのフォーメーションが中心で、サーバーがサーブを打った後前につめてきた。(←ほとんどこれ)
で、リターナーはセンターにリターンを返してよくエースをとっていた。
これって並行陣側はとりにくいものなんだろうか・・・。

前につめてきた相手の足元に沈むストロークで相手のボレーミスが目立った。
まあ、足元に来ると返しにくいものな〜。

ボレーボレーが続いたとき、サイドに振って相手のミスを誘ったりしていた。

私が見ていた女子のペアは、あまりロブを上げずに強打で攻めまくっていた。
ボレーストロークが続いてもロブを上げずに、ボレーヤーの方がストローカーのバックを攻めて浮いてきたボールを決めていたり。

相手サーブがいいとき、サイドコーナーいっぱいに入ってなんとかラケット面にあてることができたときは、やさしいタッチでロブリターンをしていた。

数々のすばらしいショット・・・、私も打てるようになれるかな(笑)。

さらばっ

(おまけ)
今日の私のテニス観戦グッズ↓。
s-P1000841.jpg

右から
●今日のドローとorder to play
●紺色の帽子(たぶん10年以上前に買ったものをたんすの奥から出してきた。うっすらと色があせちゃって・・・。もう少しつばの広い方がいいみたい。買っとかなくちゃ。)
●L.L.Beanのデイバック。(久しぶりに使おうと出してきたら、中にカビが生えてた。時間がなかったから今日はそのまま使用(笑))
●フォーションのティー(のどを潤すため)
●ハンドタオル
●財布
●L.L.Beanのランチバック(この中にブーランジェリータケウチのパンを買ってテニスを見ながら食べようと考えていた。)
(↑予定が大きく狂っちゃって・・・詳細はこちら
●サングラス(この季節の必需品)
●シートクッション(去年AIG Openで買ったもの。これを敷いてるのといないのとでは全然違う。)
●その他1:白い手袋(日焼け防止用、もともとは寝るときにハンドクリームを塗ってこの手袋をして寝ると手のかさかさを和らげることができるやつ。目についたので適当に持って行ってみた。これが結構イケる。でも洗濯してなかったから若干ハンドクリームの匂いが・・・、ま、気にしない。)
●その他2:メモ帳とペン(覚えておきたいスーパーショットなんかを書きとめたりして(笑))

ほぼ完璧に近いと自己満足。
ただ、家に帰って気がついたことが・・・。
首が陽に焼けて真っ赤(泣)。
しまった〜。
次回は首ケアを忘れずにしよう。

あと、やっぱり暑いので暑さ対策のひとつとして、よくアイスノンみたいなやつを首に巻くバンダナをどこかで見たことがある。
あれは結構いいかも、涼しいし首も焼けないし(笑)。
買っとこう(笑)。


posted by ドロシャン at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

AIG OPEN TENNIS 日帰り強硬観戦ツアーを終えて

今回初企画のツアー(っていっても夫婦二人ですけど(笑))だったが、おおむね成功と言えるだろう。
センターコートでの試合は、1試合1試合順調に消化され、最後の男子ダブルスは見れなかったけれど、5試合見れたし満足と言っていいだろうね。

さて、では一日を振り返ってみよう。
7時50分発(実際には10分ほど遅れた)羽田行きの飛行機で出発し、びゅんびゅん飛ばしてもらって(笑)無事到着。
有明コロシアムに着いたのは、予定通り10時過ぎ。
seatに座ると、ちょうど第一試合(バイディソバ−キリレンコ)の選手が入場するところ。
「おお〜、ナイスタイミングだ〜。」
ウオーミングアップ風景はこちら↓
IMG_0749.JPGIMG_0752.JPG

バイディソバのサーブはすばらしい。181cmの長身に加え、とても伸びのあるフォームでしなりがある。弓を引いて離したときのような感じで美しい。実に美しい。
その上フォアもバックも強力でとても16歳とは思えない完成度。

「そろそろ試合が始まるね、わたくしたちはH列にいるよ。君は?」
とうめぼしマンにメール。
(うめぼしマン)「バイディソバの近くにいるよ〜。」と返事。
(わたくし)「あっ、見っけた!!」そのとき彼はわたくしたちを探してキョロキョロ目が泳いでいて「いね〜な〜」って顔(笑)。

(わたくし)「われわれはすでに君を発見している!君から見て左やや斜め前方を探せ!」
そのメールを見たうめぼしマンがはっと顔を上げてようやくわたくしたちを見つけた。
(わたくし)「も〜、世話がやけるな〜(笑)」とひとり言。

話がそれた。
さて、試合はというと、バイディソバの勝ち。キリレンコの調子も悪くなかったと思うのだが、ストロークで押され最後にスーパーショットを決められるというパターンが多かったような気がする。
こちらキリレンコ↓
IMG_0759.JPG

第二試合(ゴロビン−ミルザ)。
ミルザに驚いた。強打!強打!強打!なんというパワー!
「強打していいんちゃうん〜。」と勘違いさせられる(わたくしたちレベルではご法度)。
彼女はインドでは超人気選手で一人で町を歩けないらしい。(←後で松岡修造が言っていた)
↓左がミルザ、右がゴロビン
IMG_0772.JPGIMG_0781.JPG
ここからアンチッチまでカメラマン:うめぼしマン

途中で雨が降り出して、屋根を閉めるために30分中断。
そのときどこからともなく松岡修造が出てきて、彼が場つなぎ。よくしゃべる(苦笑)。
IMG_0785.JPGIMG_0784.JPG

で、試合再開後結局ゴロビンが勝ちました。
たくさんのインドの人の応援もむなしくミルザ敗退。

さて、第三試合(アンチッチ−ファウ)。
191cmって言ってたかな〜、アンチッチの身長。でかすぎてファウが余計に小さく見えた(笑)。
サーブが早っ!!これがプロのサーブなのね〜。
IMG_0823.JPG
やや一方的な試合運びでアンチッチの勝ち。
IMG_0832.JPGIMG_0841.JPGIMG_0843.JPG

第四試合(浅越しのぶ・ベントカブチ−ドゥルコ・キリレンコ)
この試合から再び屋根が開けられ、風を受けながらの観戦でとっても気持ちよかった。
浅越しのぶ(29歳)・ベントカブチ(31歳)のベテランペアとドゥルコ(20歳)・キリレンコ(18歳)の若手ペア。
当然のように夫は若手ペア応援(笑)。
ドゥルコ・キリレンコペアがポイントをとると「お上手〜!」と言って拍手(笑)。
ミスすると「ん〜、おしいっ!」といちいちうるさい。
浅越しのぶ・ベントカブチがチェアに戻って二人で話していると、夫はそれを見て
「ベテランの井戸端会議」といい、コートで話していると「ベテランの悪巧み」と言う(笑)。
「浅超ペア応援せんとあかんやん!」と言いつつ、わたくしドゥルコが好きで密かに応援。
会場は当然浅超ペア応援ムード全開。

第四試合の途中、再び屋根が閉じられ、しばし中断。

この試合はフルセットの末にドゥルコ・キリレンコペアが勝ったわけで、一番見ごたえのある試合だったな〜。
「ロブをあげるタイミング」
「ボレー&ボレーの打ち合いが続いた後、隙をねらってのストレートショット」
「平行陣できた相手ペアのセンターを抜くスーパーショット」
「後衛同士のクロスでのストロークラリーから前衛のポーチ」
どの展開もいちおうわたくしスクールのゲーム練習で習ったことだが、全然違う(泣)。
スピードも違うし、動きがみんな早いし、予測ができてるし、攻めてるし・・・。
違って当然、レベルが違いますから(泣)。
↓左:ドゥルコ、中:ドゥルコ・キリレンコペア、右:浅越しのぶ・ベントカブチペア
IMG_0849.JPGIMG_0853.JPGIMG_0854.JPG

第五試合(ミエミネン−ムーディ)
帰りの新幹線の時間の都合により途中まで観戦。
やっぱ男子のサーブはすごい。ストロークラリーも早いしね。
↓左:ミエミネン、右:ムーディー
IMG_0864.JPGIMG_0866.JPG

といった感じで有意義な一日となった。

さて、今日はIコーチ(もとい、シン隊長)レッスン。
イメトレはバッチリ!
さ〜、がんばってこよ〜っと。

さらばっ

posted by ドロシャン at 12:10| Comment(2) | TrackBack(2) | 観戦など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。